名義変更されて片方に独占された後の親の遺産(不動産)を取り返すにはどうしたらいいでしょうか?

User image 1 lu_1e6ad7a2さん 2019年01月06日 03時23分

名義変更されて片方に独占された後の親の遺産(不動産)を取り返すにはどうしたらいいでしょうか?

母方の祖母が亡くなってから3年が経ちました。
遺産の中にマンションがあるのですが、当初は売却しお金を姉妹(母と母の姉)で等分する予定だったそうです。
そのはずが伯母は売却する予定がなく、母が再三呼びかけても全く応じません。
遺産を独占する意図があるように思えます。

そもそもの発端は祖母の遺産について話し合っているときに、伯母が「自分の名義に変えていいか?」と言ったことです。
母は意図が分からないと思いつつも、喧嘩になるのが嫌だったため渋々同意しました。
そのため現在マンションの名義は伯母の名前です。
このやり取りが祖母の生前なのか死後なのかは把握しておりません。申し訳ありません。
祖父はその何年も前に亡くなっており、兄弟姉妹はこの2人しかいません。
また、片方に利益が偏った内容の遺言書はおそらくありません。

姉妹喧嘩がキッカケで伯母は売却してほしいという呼びかけに一切応じないようになったようです。
このままマンションを独占したまま死ぬつもりにしか見えません。(そうしたらマンションは配偶者や子息…私から見た従兄弟に相続されますよね。)

この件で母は精神的に滅入っており、遺産を諦めかけているようです。
遺産を独占し母を裏切った伯母が許せません。
私の目的はただ1つ。伯母から母が受け取るべき分の遺産を取り返すことです。
話し合いが通じる相手じゃないので法的措置を望んでいます。
対応策・解決策をご教示いただけましたら幸いです。

名義を変更したときに、どんな書類を渡したか覚えて
いますかね。
わからなければ、法務局で、閲覧ができますので、確認
されるといいでしょう。
分割協議書や相続分なき証明書で、相続登記したかどう
かですね。
分割に応じたかどうか。
分割未了なら、遺産分割調停ですね。
また、書類を渡す時に、騙されたようなことがあれば、争う
ことも可能ですね。
まずは、事実確認でしょう。

2019年01月06日 10時06分
お礼メッセージ

まずはその書類や詐欺要素の有無について確かめたいと思います。
ご回答ありがとうございました。

名義変更するのに遺産分割協議書や実印、印鑑登録が必要です。
それらに偽造があれば、登記の無効を争えるでしょう。
しかし、そうでなく、同意をいったんはしてしまったのでしたら、撤回は難しいでしょうね。
そのあたりをお母様に確認されることでしょう。
なお、争うにしてもお母様の権利ですから、お母さまにその意思がなければできません。

2019年01月06日 10時40分
お礼メッセージ

同意をしているようなので厳しいかもしれませんね…。
ご回答ありがとうございました。

1 伯母が「自分の名義に変えていいか?」と言ったことです。
母は意図が分からないと思いつつも、喧嘩になるのが嫌だったため渋々同意しました。
そのため現在マンションの名義は伯母の名前です。
→このやりとりからすると,意図は分からずとも名義変更には同意をして,必要な書類を渡していたと思います。
したがって,その名義変更自体を争うことはまず難しいと思います。

2 このやり取りが祖母の生前なのか死後なのかは把握しておりません。
→登記簿謄本を取り寄せれば,時期は推定できます。
仮に,生前であれば生前贈与,死後ならば遺産分割協議と言うことでの名義変更となります。
生前贈与であれば祖母の意思によりますが,伯母が真正に登記をしたのか,祖母に無断でしたのかを立証できれば遺産に戻すして法定相続分を確保する可能性が出てきます。
遺産分割協議であるとすると,意図が分からなかったというだけでは,名義変更を取り消すことはまず無理でしょう。
遺留分減殺請求も1年で消滅時効にかかっており,遺留分の請求もできません。

2019年01月06日 11時32分
お礼メッセージ

非常に厳しい状況であると痛感しました。
ご回答ありがとうございました。

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

相続時精算課税制度により相続時優遇がうけられなくなることの詳細に関して

相続 2020年07月20日

相続時優遇制度に関してお教えいただきたく存じます 相続時精算課税制度により相続時優遇がうけられなくなることがあると聞いております 固定資産税の優遇に関することになりますか

法務局に提出する自筆遺言書(付言事項はワードで作成した別紙でいいのでしょうか?)

相続 2020年07月09日

自筆遺言書を法務局で保管して貰える制度ができたと耳にしました。 私も親に倣って遺言書を作成しようと思っています。 シンプルに、不動産と自社株式はすべて配偶者に、預貯金・有価証券は半額ずつ二人の子どもに遺そうと思います。 どうしても配偶...

土地と建物の所有者が別々の場合にも、売却は可能となりますか 

相続 2020年05月27日

土地と建物の所有者が別々の場合にも、売却は可能となりますか 留意事項に関してご教示賜りたくお願い申しあげます

再婚相手の元妻が住む家の相続権はどうなるのか教えてください。

相続 2020年05月07日

48歳主婦です。よろしくお願いいたします。 昨年結婚した再婚相手(46歳)には元妻の元に残してきた娘が二人います。 離婚時、『養育費に代えて、住宅ローンと固定資産税を支払い続ける事、ローン完済後は財産分与として、速やかに元妻に名義変更...

弁護士Q&Aを検索

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する