相手側が遺産隠しをしている可能性が高く、相続調停を受け容れるか否か判断が付きかねています

User image 1 kerochanさん 2019年06月06日 18時33分

弟の家に同居していた母が昨年亡くなりました(弟は妻の両親(死亡)とも同居)、相続人は弟と私の2人です。
葬儀後、弟は唐突に電話で遺産分割は「1600万円を6対4の割合でいいかな?」とだけ言いました。
(金額は近似値で仮定)その後、四十九日に弟宅で話し合いをしても一向に母の通帳を見せず何かと感情的になりました。
その後何度か電話やメールでやり取りしてようやく、私の知りえたA銀行とB銀行の2つの口座を言ってきましたが、B銀行については
「解約して通帳は捨てた」と言いました。そこで、取引明細を銀行から取るように要請すると、実は母に貰ったものだと言い出しました。
その後、いろいろ追求すると、ようやく弟はメールで
1、A銀行預金1000万円
2、もらったとするB銀行預金600万円(使途不明金な引き出しがある)
3、母死亡時手持ち現金600万円(B銀行をもらったことにしたため1600万円の数字合わせに出してきた金額に思えます、現金は未確認です)
以上を出してきました。しかし、この時点で私は弟が信じられなくなっており、裁判所に調停を申し立てました。
そして、調停の過程で出された通帳コピーから、母が父から相続した実家の土地売却代1000万円が不明になっていることが判明したため
弟に聞いたところ、自分名義の通帳に入金(小切手)していることが分かりました(資金化後すぐに現金で引き出されている)
母は認知症が始まっていたので土地代の受け取りを弟に頼んでいたのです。しかし弟は「現金で母に渡した」と主張していますが、母が受け取った証拠はありません。
弟は3、の母死亡時手持ち金600万円は「土地代金を含む」と言ってますが、父が亡くなり母が弟と同居し年金を需給しはじめてからの全収入から、母が弟に渡して
いた食費ほか全経費を差し引くと、ほぼ土地売却代相当の遺産額が足りません。また、預金からも数百万円の使途不明の引き出しがあります。
先日、3回目の調停が終わり、次回は上記3件の遺産にて承諾するか否かを考えてくるように調停委員さんから言われています。
また、土地売却代のような使途不明金については調停では扱われないと言われています(現存遺産のみ扱う)
質問です
1、調停に応じるべきか否か
  弟は3、は土地代金を含むと言っているが、私は弟は母に渡していないと思っています(小切手を自分の口座に入金しているので)
  実家は父の遺産であり、売却時に遺産として母が受け取るという分割協議書を作成した
  この不明の土地売却代金は不当利得か使途不明金で裁判を起こそうと思っています。自分の口座に入金したことだけで不当利得にならないでしょうか?
  もしここで調停を受け容れてしまった場合、私が母の手持ち金に土地代金が含むことを認めたことになってしまわないか危惧しています(一事不再理?)
  弟夫婦も同居の子供3人も成人していますが誰一人働いていません。遺産が目減りし回収不能になることも心配です
2、調停を拒んだ場合、審判ではどんな判断がくだされるのでしょうか
  審判で分割されるのもこの3件なのか
  審判では母手持ち金600万円が土地売却代を含むのか判断されるのでしょうか
  また、不当利得、使途不明金などについても証拠の提出を求め判断されるのでしょうか
  審判では弁護士さんをお願いするつもりですが、弁護士さんは相手方の預金の調査や証拠の提出を要求できるのでしょうか
  もし、審判で判断されない場合は、即時抗告や別途訴訟を起こすしかないのでしょうか
以上、よろしくご教示お願いします

調停のレベルで、調査嘱託の申立てをするといいでしょう。
その結果から、かなりの情報が得られるでしょう、
それでも、遺産の範囲について不明金があるなら、それに
ついては、不当利得訴訟をすることになるでしょう。
遺産の範囲が決まらないので、調停は、休止になるかも
しれません。
家裁と、今後の方針について、協議したほうがいいでしょう。

2019年06月07日 11時20分
お礼メッセージ

早速のご返答ありがとうございます。
内容をよく拝読しまして、解からないことがことがありましたら、また新たに質問させていただきます。
ありがとうございました。

1.土地代金の不正取得や使途不明金を問題とするのであれば、別途民事訴訟を行う必要があるでしょう。
 調停成立の場合、お母様の遺産に関し債権債務なしとの条項を設定する可能性が高いため、納得できないのであれば争う必要があるでしょう。
 遺産の範囲に争いがありが確定しないとなると、調停については裁判所から取下げを求められる可能性が高いです。
 土地売却代金につき具体的にどのような法的主張とするかは、提訴時に詳細を検討する必要があります。

2.審判に移行した場合、上記3件分についての分割になると見込まれます。
 土地売却代や使途不明金については、家裁では判断は行なわないでしょう。家裁に調査嘱託を申請しても、遺産ではないとして調査しない可能性があります。上記の通り、別途民事訴訟の提起が必要と見込まれます。
 お母様の預金はご自身でも相続人として開示請求可能なほか、弁護士依頼した場合、相手方の預金開示は金融機関が応じない可能性が高いですが、売却を仲介した不動産業者に弁護士会照会により回答を求めることは可能でしょう。
 

2019年06月08日 11時13分
補足質問
User image 1

kerochan - 2019年06月08日 16時07分

早速のご返答ありがとうございます。
ご回答の1、調停成立の際「お母様の遺産に関し債権債務なしとの条項を設定する」ということは、相手方に対して3件以外は(つまり不明の土地売却代など)訴訟でも争えなくなるということでしょうか?
また、調停の「取下げを求められる可能性が高い」ということですが、一旦休止し、訴訟で不明金を解決した後、また分割調停として再開するということは可能でしょうか?
また、審判においても「上記3件分についての分割になる」とのことですが、私は「審判」も裁判の一種で、不明金についても争うことが出来ると考えておりました。そのため、審判で弁護士さんを立てるつもりでしたが、先生のご回答では、必要ないとも思えます。
やはり、この場合は、調停を不成立にし審判もやらずに、民事訴訟としたほうが、よろしいのでしょうか?
この場合、調停委員さんにはどんな申し立てをすれば、よろしいのでしょうか?
補足回答
Resized avatar mini magick20170419 15354 4y9nui

小川 智史 弁護士 - 2019年06月08日 23時57分

1.仮に、土地売却代金や使途不明金を除外する旨の条項上の記載を求めた場合、弟さんが同意しないでしょう。
2.一般的には、遺産の範囲に争いがあり民事訴訟を提起する場合、家裁から取下げを求められる場合が多いですが、中断扱いをご希望されるならば、家裁と交渉頂く必要があるでしょう。
3.先述の通り、金銭的な請求については別途民事訴訟を提起する必要があります。
お礼メッセージ

ご丁寧かつ有意義な回答ありがとうございました。
内容をよく拝読しまして、参考にさせていただきます。
この度は、本当に、ありがとうございました。

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

相続の示談交渉の費用について

相続 2019年06月23日

昨年母が亡くなり相続調停中です。 相続人は申立人の私と相手方の二人で、遺産総額は数千万円で、遺産範囲と分割割合、使途不明金で争っています。 こちら側の資料提供の要請に相手方がもう協力できないと言っているためか、調停委員は早く調停を終わ...

相続に関する法改正後の相続人以外からの金銭の要求

相続 2019年06月19日

来月から相続に関する法律が変わり、相続人以外でも、生前に介護など世話をした人も相続人に金銭を要求することができるようになりますね。 現在、成年後見人をしていた人(故人の姪)と成年後見人ではない親族(故人の実弟)から金銭を要求されていま...

相続放棄と建物の時効取得

相続 2019年06月16日

父の相続放棄での問題です。 相続放棄をする予定なのですが、プラスの遺産はほぼありません。田舎の方出身ですが40年以上東京に住んでいます。 ここから本題なのですが祖父が亡くなった時に父は田舎の祖父が住んでいた建物を相続しました。その建物...

長男が認知症の親の預金を一人で管理し、他の兄弟に内訳などを公開しません。使い込みなどを阻止するにはどうすればいいか。

相続 2019年06月03日

認知症介護3の母親。現在は介護センターに入所。 食事やオムツなどの諸経費込みで、特に食事に関しては栄養士のもとで調理されたもの以外は食べてはいけない規則です。 なので洋服など、新たに必要な場合以外支出は無い状況です。 母親の年金収入、...

弁護士Q&Aを検索

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する

ページ
トップへ