相続の示談交渉の費用について

User image 1 kerochanさん 2019年06月23日 16時09分

昨年母が亡くなり相続調停中です。
相続人は申立人の私と相手方の二人で、遺産総額は数千万円で、遺産範囲と分割割合、使途不明金で争っています。
こちら側の資料提供の要請に相手方がもう協力できないと言っているためか、調停委員は早く調停を終わらせたい考えのようです。
そのため、調停とは別に弁護士さんに相手方の家に行って示談をまとめていただきたいと思っています。
私のほうで弁護士さんに状況説明し、示談の内容を説明した上で、弁護士さんに相手方の家に行っていただいた場合、料金はどのくらいになるのでしょうか?
よろしくお願いします。

上記ご事情から分かる範囲で検討しますと、一般的なケースとしては、①調停ないし示談交渉に関しては、着手金が貴殿法定相続分の数%程度、報酬金が相続分の10~15%程度、その他実費(交通費等)が目安になると思われます。
ただし、相手方の家に行くかどうかは、相手方が来訪を承諾するか否かによります。また、管轄裁判所や相手方の家が遠方の場合、別途日当が発生する場合があります。

もっとも、②一般に、使途不明金に関する不当利得返還請求権については家裁実務では遺産の対象外とされており、全相続人が同意すれば遺産に含めることは可能ですが、争いがある場合、別途民事訴訟の提起が必要となります。
この場合、調停・示談交渉とは別に訴訟の着手金や裁判所への印紙代が発生すると見込まれます。

詳細に関しては、個々の弁護士の判断にもよりますので、お近くの弁護士と面談相談の上で協議頂く必要があるでしょう。

2019年06月23日 17時58分
補足質問
User image 1

kerochan - 2019年06月24日 12時49分

早速の回答ありがとうございます。
単発で示談交渉だけををお願いする料金体系はないのでしょうか?
補足回答
Resized avatar mini magick20170419 15354 4y9nui

小川 智史 弁護士 - 2019年06月24日 13時04分

調停申立前であれば、単に示談交渉の依頼となるのでしょうが、調停実施中となると、調停を無視して示談のみ進めるのは困難ですし、相手方も容易に示談には応じないでしょう。
本件に付きここでさらに詳細にご回答するのは困難なため、具体的な進め方につきましては、お近くの弁護士と面談頂いた方がいでしょう。

調停で争っているなら、そう簡単に、弁護士が行って
示談できるものでもないでしょう。
弁護士を代理人として、次回調停から入ってもらい、
そのうえで、直接の交渉をすることになりますね。
また、
かりに、相手が、調停とは別に、弁護士との示談交渉
をしてもよいと考えるなら、弁護士にいってもらってもい
いですが、費用は、遺産額の3~10%の範囲くらいに
なるでしょう。

2019年06月24日 10時56分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

相続に関する法改正後の相続人以外からの金銭の要求

相続 2019年06月19日

来月から相続に関する法律が変わり、相続人以外でも、生前に介護など世話をした人も相続人に金銭を要求することができるようになりますね。 現在、成年後見人をしていた人(故人の姪)と成年後見人ではない親族(故人の実弟)から金銭を要求されていま...

相続放棄と建物の時効取得

相続 2019年06月16日

父の相続放棄での問題です。 相続放棄をする予定なのですが、プラスの遺産はほぼありません。田舎の方出身ですが40年以上東京に住んでいます。 ここから本題なのですが祖父が亡くなった時に父は田舎の祖父が住んでいた建物を相続しました。その建物...

相手側が遺産隠しをしている可能性が高く、相続調停を受け容れるか否か判断が付きかねています

相続 2019年06月06日

弟の家に同居していた母が昨年亡くなりました(弟は妻の両親(死亡)とも同居)、相続人は弟と私の2人です。 葬儀後、弟は唐突に電話で遺産分割は「1600万円を6対4の割合でいいかな?」とだけ言いました。 (金額は近似値で仮定)その後、四十...

長男が認知症の親の預金を一人で管理し、他の兄弟に内訳などを公開しません。使い込みなどを阻止するにはどうすればいいか。

相続 2019年06月03日

認知症介護3の母親。現在は介護センターに入所。 食事やオムツなどの諸経費込みで、特に食事に関しては栄養士のもとで調理されたもの以外は食べてはいけない規則です。 なので洋服など、新たに必要な場合以外支出は無い状況です。 母親の年金収入、...

弁護士Q&Aを検索

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する

ページ
トップへ