自殺者の生前贈与について

User image 1 lu_a35e57adさん 2019年09月25日 23時57分

相続について質問です。

妹が自殺しました。遺書には訴えられる可能性が高く、実刑は免れずかなりの損害賠償になるので払えないという理由でした。
僕は結婚するときに家を買って、母と妹に住まわせました。

妹からは家賃を振り込んでもらってました。なので妹は僕のキャッシュカードを持っていました。
自殺する前に僕の口座に妹が200万円入れていました。おそらく葬式代に使ってくれと言う意味でしょう。
この200万は贈与になるのか相続になるのかどちらなのでしょうか?
相続になると訴えられると相続を放棄したことにはならず、損害賠償を僕が払わないといけなくなります。

あるサイトで質問したところ。
贈与はお互いが合意して行われるものですので、あなたがそれに合意し、贈与税を払えば贈与となります。
あなたと同じ相続人全員ががそれを合意していればあなたへの贈与として問題ありません。
贈与にしない場合、故人の相続財産になりますが、そこから葬儀代など必要な費用を支払う事が可能です。
贈与にするか相続にするか、あなたが判断できるものだと思います。
なお、損害賠償は相続放棄すればその義務を負わずにすみます。

税務署が文句を言ってきたら、贈与契約書を作成し贈与税を支払えば税務署は文句を言いません。文句を言われる場合は、相続後に行われた贈与契約あるいは贈与税を支払わなかった場合です。
贈与されればその資金はあなたのものですから、あなたが葬儀代を出すのはもちろん問題ありません。贈与の事実がしっかりしている以上、相続にはなりません。
ただし、相続人が複数いる場合はその贈与について全員が納得していることが大切かと思います。(相続人にあなだけなら問題なしです)

とのことです。

これは正しいのでしょうか?

複雑な回答ですね。
死亡前なので贈与ですね。
通帳の記載があれば贈与と認定できますね。
申告はしなくても、税務署から、とやかく言ってくる
ことはないですね。
単発でしかも金額が小さいので。

あとは放棄をするかしないかを、債務の履行請求を
受けたら考えればいいですね。

2019年09月26日 10時31分
補足質問
User image 1

lu_a35e57ad - 2019年09月26日 10時59分

ありがとうございます。
贈与税が110万円からかかるそうなので、申告したほうが良いのではないのでしょうか?
もし申告するときは銀行通帳をコピーを提出すればいいのですか?
補足回答
Resized avatar mini magick20170626 19046 bzw2z0

内藤 政信 弁護士 - 2019年09月26日 13時55分

申告するならしていいですよ。
贈与申告書を入手して、添付資料が必要がどうか確認してください、
来年の2月から3月頃ですかね。
申告時期は。
資料が必要な場合は、通帳のコピーでいいです。

まずは、妹さんが亡くなられた点につきお悔やみ申し上げます。
ご質問に対するご回答ですが、

1.生前の振り込みの場合には贈与になります。贈与税を支払ったか否かではなく、民法上は主に妹さんの意思として贈与する趣旨か否かによります。振込時期や金額に照らすと贈与と解されるでしょう。
また、年間110万円を超えているので、贈与税の申告義務もあります。少なくとも、法律相談において申告不要とご回答することは困難です。

2.200万円の受領にかかわらず、仮に妹さんが第三者に対し賠償責任を負っていた場合には、妹さんに子や配偶者がおらず、親御さんも他界されている場合には、法定相続分に応じて貴殿にも相続が発生します。
 相続放棄すれば妹さんの資産・債務のいずれも承継しませんが、妹さんの資産状況や、第三者に対する賠償責任について具体的にどのような問題なのか、もし詳細につきご確認可能であればご確認いただいたほうがよいでしょう。
 ほかに相続人がいる場合、妹さんからの生前贈与が問題となる可能性はありますが、仮に第三者に対する賠償責任が存する場合には、相続放棄の要否のほうが問題でしょう。

3.仮に妹さんに債権者がおり、かつ妹さんの資力が乏しい場合には、妹さんの生前贈与につき詐害行為取消権を行使する可能性もないとはいえませんが、事実関係が不明ですので、理論上は可能性としてありうるという程度でご留意いただければよいでしょう。

2019年09月26日 13時01分
補足質問
User image 1

lu_a35e57ad - 2019年09月26日 19時18分

回答していただきありがとうございます。

2について
おそらく名誉毀損、企業に対する信用毀損だと思います。まだ訴えられておらず賠償責任を負ってはいません。妹には子や配偶者はいません。母と父がいますが、また上に姉が一人います。妹の僕への贈与を3人は認めてくれています。

3について、
妹は大学の奨学金の返済があるのですが、僕と父親が連帯保証人です。奨学金の要綱を確認したところ
1.奨学金返還免除願(相続人、連帯保証人連署。機関保証制度加入者は相続人のみ。)
2.本人死亡の事実を記載した戸籍抄本、個人事項証明書又は住民票等の公的証明書(コピー不可)
※ 住民票を提出する際は、個人番号部分を非表示とした住民票を取得した上で、本機構に提出してください。
日本学生支援機構にご相談ください。 詳細をお伺いし、状況に応じて下記の願出書類を送付いたします。 
審査の後、結果を通知いたします。とのことです。

これは詐害行為取消権には当たらないと考えられるのですが、いかがでしょうか?
補足回答
Resized avatar mini magick20170419 15354 4y9nui

小川 智史 弁護士 - 2019年09月26日 20時36分

詐害行為取消権の行使以前に、奨学金に関しては端的に保証契約に基づき連帯保証人に請求するでしょうから、相続放棄の有無にかかわらず、日本学生支援機構が免除しなければ貴殿及びお父様が債務を負うでしょう(一般論として、最近は厳しいと聞きますが)。
なお、法定相続人全員が相続放棄した後、相続財産管理人が選任された場合には200万円の生前贈与につき否認ないし詐害行為取消により返還を求められる可能性も理論上はあり得ますが、そもそも債権者から相続財産管理人選任申立てがなされるか不明であり(それなりに費用も掛かるため)、現時点ではそうした可能性もゼロではないという程度にご留意頂ければよいでしょう。
補足質問
User image 1

lu_a35e57ad - 2019年09月26日 22時02分

ありがとうございます。

結論は生前贈与は贈与税が発生し、上の弁護士様がおっしゃるように贈与税を申告するときは通帳のコピーを添付することが必要。
その後、相続の権利が発生する可能性のある家族全員が相続を放棄することが出来る。
しかし、訴訟を起こす可能性のある者が相続財産管理人選任申立てを行い、200万円の生前贈与につき否認ないし詐害行為取消により返還を求められる可能性もある。
その場合は生前贈与の200万円に限り返還する義務が生じる。相続は放棄されたものとされているので、それ以上の損害賠償請求はされないと言うことでよろしいでしょうか?

何度も申し訳ございませんが、回答宜しくお願い致します。
補足回答
Resized avatar mini magick20170419 15354 4y9nui

小川 智史 弁護士 - 2019年09月26日 22時08分

更なるご回答は差し控えさせて頂きます。
お礼メッセージ

わかりました。有難うございました。

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

自殺した妹が前日に母に渡した生活費について

相続 2019年09月27日

先日妹が自殺する前日に自分の銀行から引き出して母親に10月分の生活費を手渡していました。 普段は10月になってから手渡していたそうなのですが、おそらくこれからお金が掛かるだろうと思って渡したんだと思われます。 これを使うと相続を承認(...

亡くなった家族のDVDやゲームについて

相続 2019年09月27日

僕の家族は先日亡くなりました。 その家族の本やゲームやDVDはそのままにして置くべきなのでしょうか? それとも捨てたり、売ったりしてもいいのでしょうか?

相続前の土地に対し、駐車利用代金を請求できるか?

相続 2019年09月25日

亡父名義の土地があり、正式な遺産分割は現在、調停中のためまだ済んでおりませんが、 父が存命中のうちから兄弟が相続する場所を決め、長男がその土地に住宅を建築しました。 隣接する私が相続予定の土地には物置を設置し使用中ですが、長男が自身の...

遺産の取り込み

相続 2019年09月04日

母と同居していた妹がもう預金はないといいます。母の預金 株券 生命保険を全て 自分の名義の通帳に入れている様子です。こういう場合 妹の財産を開示させることはできるのでしょうか? 株券の名義変更を調べ事が出来るのでしょうか?

弁護士Q&Aを検索

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する

ページ
トップへ