相続廃除することはできる内容ですか?

User image 3 lu_85c1e4abさん 2019年12月06日 18時43分

二十年前に傷害罪で前科がつき、十年前にも傷害罪で短期の懲役に行った子供を、相続廃除することはできるでしょうか?

傷害の相手方が誰かによりますが、被害者が貴殿であれば、民法892条による排除対象に当たるというべきでしょう。
これに対し、被害者が第三者である場合には、おそらく、民法892条の「被相続人に(中略)重大な侮辱」あるいは「その他の著しい非行」には当たらないとして、廃除は認められない可能性が高いでしょう。

東京高裁昭和59年10月18日決定では、資本金24億円の同族企業で、推定相続人が約5億円の業務上横領を行なった事案において、被相続人個人財産の横領とは同視できないとともに、横領行為によって被相続人の面目や体面が著しく失墜したとは認められないとして、「著しい非行」にはあたらないとしています。

もっとも、①遺言によって遺留分を侵害しない範囲で指定相続分を制限する他、②貴殿自身での費消や(例えば、介護施設への入居等)、②民法1044条3項では、相続人に対する贈与についての遺留分減殺請求権行使期間を相続開始前10年間までと定めており、他の推定相続人への生前贈与や、④貴殿が傷害事件の被害弁償金の立替を行なっている場合には、遺産分割時に精算できる可能性があります。

2019年12月06日 19時56分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

親子間でのお金の貸し借り、相続発生時に債務者による時効の援用は、成立するのか?

相続 2021年09月01日

被相続人(債権者)と、相続人(債務者)の間に多額の借用書を相続発生後に発見致しました。 私(質問者)は別の相続人にあたります。 借用書の契約日が債権者が亡くなる10年以上前の物です。 遺産分割協議の際に、相続人(債務者)から、借用書の...

義実家の売却に尽力したが、今後親族から異議申し立てされないようにする方法はないか?

相続 2021年08月03日

夫の両親が相次いで他界。まだ70代突然のことで遺言は無い状態。夫は義弟と二人兄弟だが、他県で家庭をもっている義弟は「コロナで県を跨いだ外出は会社で禁止されている」と様々な親亡き後の手続きや実家に関することを夫に任せっぱなしの状態。実家...

嫁姑問題で、私の家から母親に出て行ってもらう方法はありませんか?

相続 2021年05月21日

8年前に父親の土地に私(長男)が家を建てました。支払いは私で現在も支払い中です。 当初は私と母親が住んでました。父親は兄弟の介護の為、別居してました。 2019年に結婚し、私、嫁、母親と3人で私の家で暮らし始めました。 2021年2月...

父が相続金を渡しません。法律通りの相続金を私に渡すように父に求める審判について。

相続 2021年03月22日

母が亡くなったのですが、父が母の相続金を渡しません。 相続金は銀行預金です。 母の銀行預金は相続手続きで父に名義変更されているか父の口座に移されています。 銀行の相続手続きのとき、父が私に父の口座に一旦移すと言い、私は後で私に相続金を...

弁護士Q&Aを検索

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する