別居相手に渡る遺産を限界まで少なくして、子供にのみ渡す対策は何が一番有効?

User image 1 lu_294b2336さん 2020年01月18日 16時38分

別居中の相手に遺産はわたしたくない。何かあったら子供にいくようにするためにはどうすべき?
遺言を書く?同居の自分の母親名義で私の預金をして対策するのはどうなんでしょうか?

別居して2年、離婚調停が不調になりました。
婚姻費用はもらっているので、今後子供が15歳などになり増額の可能性が出来るなどするまで特に調停などを私から起こすつもりは有りません。勿論離婚も暫く考えてません。しかし、私が死んだ時に相手に私が祖母から受け継いだ土地やわたしの貯めた預金など渡したくありません。遺留分で渡されることは分かっています。結果として、離婚してしまった方が良い選択なのか、それとも遺言書?で出来る対策をして婚姻費用をもらえるうちはもらうか、または私の貯金を私の母の名義にして貯めておくかどれが懸命でしょうか?

流れは、最初は私から別居を言い渡し、離婚調停を起こし、婚姻費用を獲得しながら離婚調停していました。しかしその最中で、相手から監護者指定の裁判を起こされ、結果は私が監護者として指定されました。そしてその後、離婚調停を進めるうちに相手の出してきた通帳のコピーから合計すると月15万以上の使用用途不明のお金が発覚しました。聞いても、同居している期間の出費にも関わらず、『いちいちそれを明かす必要はない』と回答してそのままお互い金銭的な額での折り合いがつかず離婚調停は不調にされました。

そんな浪費する人にずっと節約して考えてやってきた私と子供のお金を絶対渡したくないのが本音です。

確実に相続させないという観点からは、(1)現時点で離婚事由に当たらないとしても、別居が何年も継続して修復の見込みがない場合は離婚事由に当たる可能性がありますので、何年か経過した時点で再度離婚調停申立てを行う方法が考えられます。ただし、婚姻費用との兼ね合いを考慮する必要があります。

また、(2)配偶者には遺留分の1/4以上相続させない旨の遺言書を作成する他(離婚が成立した場合は作成し直す)、(3)なるべく現金で、お子さん達に少しずつ渡していった方が良いでしょう。ただし、贈与税の非課税枠は年間110万円までである点にご留意頂く必要があります。
お母様名義にしても、お母様が他に収入がないのに預金が急増し、貴殿の資産が著しく減少した場合、遺留分を侵害する贈与と主張される可能性があるります。また相続税申告の要否に関し、税務署から貴殿の遺産と認定される可能性があります(お子さん名義の預金についても同様です)。
もっとも、相続法改正により、遺留分減殺対象は、①相続人に対する贈与は相続開始前10年、相続人以外に対する贈与は相続開始前1年に限定されましたが、②双方が遺留分権利者に損害を加えることを知って贈与した場合は期間の限定がないため、できる限り対策しておくに越したことはないでしょう。

2020年01月18日 18時42分

母名義あるいは子供名義に移していく方法と遺言書を作る方法と
併用するのがいいでしょう。
110万までは無税ですから、220万は無税で移せますね。
不動産も、110万の評価額の範囲で、贈与できますね。
不動産のほうから毎年、贈与していくのがいいでしょう。
お金は、ある程度、操作できますからね。
場合によっては、多少の贈与税を負担しても、贈与を早めること
も必要でしょう。

2020年01月19日 11時37分

最低限,遺言書は作っておくべきです。つくっていないと,法定相続分が相手にいってしまいます。
あとは,預金については,母親名義ではなく,子供名義で,こっそり預金でもしておくべきでしょう。
ただ余ったお金を預金するのではなく,子供が受取人の保険に入るのもいいかも知れません。
今離婚したくないといことだと,子供が成人し,養育費分の支払いがなくなったのを機会に,離婚をされるというのでもいいかも知れません。相手も,長年婚費の支払を続けるのはいやでしょうから,離婚には応じると思います。

2020年01月22日 18時35分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

相続時精算課税制度により相続時優遇がうけられなくなることの詳細に関して

相続 2020年07月20日

相続時優遇制度に関してお教えいただきたく存じます 相続時精算課税制度により相続時優遇がうけられなくなることがあると聞いております 固定資産税の優遇に関することになりますか

法務局に提出する自筆遺言書(付言事項はワードで作成した別紙でいいのでしょうか?)

相続 2020年07月09日

自筆遺言書を法務局で保管して貰える制度ができたと耳にしました。 私も親に倣って遺言書を作成しようと思っています。 シンプルに、不動産と自社株式はすべて配偶者に、預貯金・有価証券は半額ずつ二人の子どもに遺そうと思います。 どうしても配偶...

土地と建物の所有者が別々の場合にも、売却は可能となりますか 

相続 2020年05月27日

土地と建物の所有者が別々の場合にも、売却は可能となりますか 留意事項に関してご教示賜りたくお願い申しあげます

再婚相手の元妻が住む家の相続権はどうなるのか教えてください。

相続 2020年05月07日

48歳主婦です。よろしくお願いいたします。 昨年結婚した再婚相手(46歳)には元妻の元に残してきた娘が二人います。 離婚時、『養育費に代えて、住宅ローンと固定資産税を支払い続ける事、ローン完済後は財産分与として、速やかに元妻に名義変更...

弁護士Q&Aを検索

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する