19年ほど経って遺産相続の要求・・・・・どうすればいいの?  

User image 1 昼寝さん 2017年01月26日 06時23分

お世話になります。25年ほど前、父と母の間で離婚をする代わりに父親名義の家 借地権をすべて母に譲ると言う約束が交わされ(何年か後に道路として収容される予定がわかっていた。借地といっても100年程前からで地主に、譲ってくれるよう交渉してのなかなか譲ってもらえなかった。)保証金が県のほうから母親に支払うと言う契約書(?)の日付の翌日に父が亡くなりました。お金はその月の終わりには母指定の口座に入金されました

その時点では、その子(A)と同居し、母親にお金は全部使っていいよと言っていたのですが、その後その子とはうまくいかなくなり追われる様に家を出でそれから現在まで別の子と同居しております。10年ほど音信不通だったAから父親の遺産をくれるよう昨年秋頃から電話・fax・はがきがたびたび送られてきます。
10年以上経っても遺産請求されれば支払う必要があるのでしょうか?
もし支払うならどのような方法をとれば2度と請求が来ないようにできますか?
 

遺産分割請求権自体には時効はありません。

ただ、お母様に振込まれたお金は、お父様からお母様への財産分与と解されますので、Aに支払う必要はないと思われます。
また、仮にお父様の遺産と解したとしても、この場合具体的なAからお母様への返還請求権(民法上「不当利得」といいます)は、お母様口座に入金された日から10年で消滅時効にかかります。

弁護士を通じる等して、Aに対してきちんと上記の点について文書で回答したほうがよいでしょう。

その他、お父様の遺産と言えるような財産がなければあまり問題になりませんが、もし遺産に当たるようなものがある場合には、一度弁護士に直接相談いただいた方がよいでしょう。

2017年01月26日 09時17分

相続権は時効にかからないので相続分があれば話が続きます。

しかし、借地権は相続前に贈与されているので、原則、遺産にはなりませんが、

生前贈与とも言えるので、子に相続分があるかもしれません。

専門家に相談された方がいいですね。

2017年01月26日 09時43分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

相続時精算課税制度により相続時優遇がうけられなくなることの詳細に関して

相続 2020年07月20日

相続時優遇制度に関してお教えいただきたく存じます 相続時精算課税制度により相続時優遇がうけられなくなることがあると聞いております 固定資産税の優遇に関することになりますか

法務局に提出する自筆遺言書(付言事項はワードで作成した別紙でいいのでしょうか?)

相続 2020年07月09日

自筆遺言書を法務局で保管して貰える制度ができたと耳にしました。 私も親に倣って遺言書を作成しようと思っています。 シンプルに、不動産と自社株式はすべて配偶者に、預貯金・有価証券は半額ずつ二人の子どもに遺そうと思います。 どうしても配偶...

土地と建物の所有者が別々の場合にも、売却は可能となりますか 

相続 2020年05月27日

土地と建物の所有者が別々の場合にも、売却は可能となりますか 留意事項に関してご教示賜りたくお願い申しあげます

再婚相手の元妻が住む家の相続権はどうなるのか教えてください。

相続 2020年05月07日

48歳主婦です。よろしくお願いいたします。 昨年結婚した再婚相手(46歳)には元妻の元に残してきた娘が二人います。 離婚時、『養育費に代えて、住宅ローンと固定資産税を支払い続ける事、ローン完済後は財産分与として、速やかに元妻に名義変更...

弁護士Q&Aを検索

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する