主人の前妻の子へ相続させない方法はありますか?

User image 1 cowcowさん 2017年02月03日 07時00分

主人とは9年前に結婚しました。
私は初婚ですが、主人は再婚で前妻との間に3人子供がいます。
3人の子のうち2人は既に成人していますが、3人目の子は未成年のためまだ養育費を支払っています。
私たちの間に子供はおらず、この先も出来ません。
このため、共働きを続けていくつもりです。
主人も50歳になり、遺産相続の話をするようになりましたが、ここで前妻との間の子供3人への相続が心配となってきました。
現在前妻ともその子供たちとも一切連絡はとっておらず、どこに住んでいるのかも解りません。
私たちは結婚当時、財産と呼べるようなものは現金も含めほとんどありませんでした。このため、現在の持ち家及び現金などの資産は結婚後2人で作ったものです。
今の状態で主人に何かあった場合、前妻との間の子供達には、遺産を分割しなければならないのでしょうか?
また、遺産分割をしなければならない場合、これを回避するために今のうちにできる対策はありますか?

前妻の子も、法定相続人となります。
今の奥様に全て相続させる旨の遺言を残したとしても、遺留分と言って、法定相続分の1/2相当額については金銭的精算を求めることが可能です。
また、奥様に生前贈与した場合であっても、特別受益として精算が必要になる可能性があります。

遺留分まで排除するのは困難ですが、あえて対策するとすれば、ご主人が存命なうちに、ご主人とともにある程度資産を消費するという事でしょうか(資産隠しではなく、正当な理由に基づく消費という意味で)。
不動産については、特に土地については資産価値が残ってしまいますが、高齢になった時には自宅を売却して施設に入居するなどの方法が考えられます。

2017年02月03日 08時46分

生前贈与をコツコツと続けることが一番。
20年婚姻が続いたら2000万無税贈与を使う。
生命保険は受取人をあなたにしておけば分割の対象にはならない
ので活用する。
あとは遺言書であなたに全財産を相続させる。

2017年02月03日 10時38分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

相続時精算課税制度により相続時優遇がうけられなくなることの詳細に関して

相続 2020年07月20日

相続時優遇制度に関してお教えいただきたく存じます 相続時精算課税制度により相続時優遇がうけられなくなることがあると聞いております 固定資産税の優遇に関することになりますか

法務局に提出する自筆遺言書(付言事項はワードで作成した別紙でいいのでしょうか?)

相続 2020年07月09日

自筆遺言書を法務局で保管して貰える制度ができたと耳にしました。 私も親に倣って遺言書を作成しようと思っています。 シンプルに、不動産と自社株式はすべて配偶者に、預貯金・有価証券は半額ずつ二人の子どもに遺そうと思います。 どうしても配偶...

土地と建物の所有者が別々の場合にも、売却は可能となりますか 

相続 2020年05月27日

土地と建物の所有者が別々の場合にも、売却は可能となりますか 留意事項に関してご教示賜りたくお願い申しあげます

再婚相手の元妻が住む家の相続権はどうなるのか教えてください。

相続 2020年05月07日

48歳主婦です。よろしくお願いいたします。 昨年結婚した再婚相手(46歳)には元妻の元に残してきた娘が二人います。 離婚時、『養育費に代えて、住宅ローンと固定資産税を支払い続ける事、ローン完済後は財産分与として、速やかに元妻に名義変更...

弁護士Q&Aを検索

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する