兄弟姉妹の財産争い

User image 1 ユーザー1さん 2017年02月04日 02時26分

母親の兄弟姉妹のことで困っています。

私は祖父の購入した戸建てに生まれ育ち、母と住んでいます。
先日突然、母の妹が祖父を連れ、家に来ました。
私は妹さんにお会いしたことがなく、
突然にあがりこんできたため、恐怖でした。

妹さんが第一声、この家を売るので出ていって!と言いました。
祖父は、はい・いいえの判断がつかない程、老衰しています。

その後、不動産業者が家に来ました。
事情を説明したところ、裁判にしたほうがいいと言われ、売却を保留にされました。

さらに後日、他の不動産業者から、
売却を受理しました、と通知が届き、
業者の方から、
妹さんが強制退去をさせるため裁判を起こしますので、宜しくお願いします、と言われました。

母は仕事がありてんてこまい、私も手術後のリハビリがあり、
家近くの病院に通院し、家と病院の近くで仕事をしているので、
早々に退去ができません。
他に住むところも何もかも決まっていません。

妹さんの目論見は、戸建ての家が欲しく、長年憎悪をいだいてきたのだと私は思います。
現在、他に住むところが一切なく、仕事や通院なども、
この妹さんの一方的な感情ですべて失う、
あるいは変えなければならないのでしょうか。

売却を受理した業者の方いわく、おじい様から売却したいと依頼があり、
持ち主はおじいさまなので、出ていくしかないでしょう、と聞きました。

私も仕事だ病院だ、個人的な理由しかありませんが、
ライフラインが途絶えてしまうことを心配しています。

妹さんは現在無職で、祖父の年金で生活をしています。
私の母は、祖父母だけで生活がしづらくなってきた頃から週末介護、ヘルパーを呼んだりしていましたが、
ある日から、妹さんが祖父母の家に住みつき、
ヘルパーを解約し、鍵を替え、母を祖父母に会わせないようにしてます。

とにかく困っています。

どうすれば良いでしょうか。教えてください。

お父様が既に判断能力がないとなると、不動産売却については成年後見人を選任する必要があり、当該売買契約は無効と思われます。

売却を受理した不動産業者には売買契約の無効を主張するとともに、状況によっては不動産所有権移転登記手続きを禁止する仮処分等も検討する必要があります。
また、妹さん(叔母様)については、売買契約書の作成について有印私文書偽造・同行使罪での刑事告発を検討する方法も考えられます。

問題がこじれているようですので、弁護士に依頼した上で対応を検討する必要があるでしょう。

2017年02月04日 11時03分

これまでの状況を整理する必要があります。
あなたがたが居住するに至った経緯が重要です。
祖父の認知レベルも重要です。
すぐに出ていくことはありませんので弁護士に相談して
対応を考えられたほうがいいですね。

2017年02月04日 11時58分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

亡くなった父名義の土地家屋について。私の主張は間違っているんでしょうか?

相続 2018年02月21日

私達の父は何年も前に亡くなりましたが、まだ土地家屋とも名義変更してません。 母は父の死後、認知症のため、グループホームでお世話になってて、今、実家は空家となっております。 私達兄弟は3人で、兄(65)姉(63)と私です。 兄は長男です...

親の財産が使い込まれているようなので調べたい。

相続 2018年01月19日

母(92才)は約10年ぐらい前までは、弟夫婦と同居をしていましたがその後、老人ホームへ移り、2年前ぐらい前から、脳血栓で意識不明の状態で現在病院へ入院中であります。(父は26年前に他界) その弟が母の財産を使い込んでいる疑いがあるので...

義母の年金口座に貯まっていた600万円がおろされていました。

相続 2018年01月15日

主人の兄(60代)が亡くなり、同居していた義母(90代)を引き取りました。 義兄は1月から入院しており3月に亡くなりました。 義母は元々関西に住んでいましたが、関東の義兄と同居しました。 当時義母の資産は5000万円はあったと思います...

死亡認定から数年後の相続放棄は可能でしょうか

相続 2018年01月11日

父親が行方不明になり7年が経過したので死亡認定の手続きをしました。 7年間音信不通なので相続状況なども調べようもないので相続に関しての手続きはしない予定ですがもし数年後に父親が負債を抱えていることが発覚した場合、相続放棄はできるのでし...

弁護士Q&Aを検索

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する

相続に強い弁護士

《相談料初回30分無料》 《平日の夜間、土日も相談可》

【税理士・司法書士・行政書士・社会保険労務士と連携】解決内容を納得していただけるようなご説明と打ち合わせを心が...

【初回相談無料】依頼者様の満足とご納得を最大の価値として全力でサポートいたします。

【心理カウンセラー資格取得】あなたの気持ちに寄り添う弁護士です。元営業マンで、聞き上手な弁護士が、最良の解決を...

■新進気鋭の2名の若手弁護士が、素早いフットワークで企業様をサポート致します。

お話をじっくり聞き、より良い解決策をご提案します。《半蔵門駅から徒歩2分》《多摩地区への出張相談可》

ページ
トップへ