他県の裁判所まで出廷しなければ不利な結果になりますか?

User image 1 あんぱんさん 2017年02月07日 14時39分

初めまして。2010年に他界した親族の相続の件で裁判所より訴状が届きました。答弁書のみの提出で 当日は欠席しても構いませんか?当方、京都市在住で中国地方の裁判所までです。
訴状の主な内容①被告らは原告に対し時効収得を原因とする原告への所有権移転登記手続きをせよ。→「異論ございません」
②訴訟費用は被告らの負担とする。→「拒否します」

2010年に他界した親族の相続について 訴えられました。
遺言書があり、私どもに遺産は無しとの事でした。異議はなく その後の手続きで印鑑証明等の書類が必要になり、代表相続者から連絡があった必要枚数が実際より多かった事に不安がつのりました。当時担当してくださっていた司法書士の先生が代表相続者へ先生から私どもへの手紙を託されたそうですが未だに届いていません。代表相続者には不信感がつのる一方でしたので、「先生からの手紙が届き次第、必要な書類を先生の事務所へ直接送付します」と伝えてありましたが音沙汰がないままでした。約6年も経過してから訴状が届きました。

*相談内容*
A.どうしても出廷しないと不利になったり裁判官の心証が悪くなるのでしょうか?
B.自分で答弁書を作成したとして、送付先は裁判所(原本)、原告代理人へ各一通づつ書留にて郵送すれば良いですか?
C.親族の事を考えただけで体調が悪くなるため、親戚に電話番号を知られたくありません。
D.訴訟で争点となるのは、②だと思います。元々、遺言書がありその通りの内容ですし私どもは反対しておりませんので①は、問題にならない気がするのですがいかがでしょうか?それとも、①の登記費用は被告(私達)が支払わなければなりませんか?
お恥ずかしい話ですが、親族とはかかわりたくないため 遺産に興味はございません。弁護士を雇う必要はあるのでしょうか?電話相談では、「遺産を受け取る意思がないなら弁護士は必要ないですよ。着手金の方が高くつきます」と言われました。

どうか皆様、よろしくお願い致します。突然、裁判所からの訴状が届き動揺しております。乱筆文、ご容赦くださいませ。

A.初回は答弁書のみで出廷しなくても大丈夫ですが、2回目以降は原則として出廷する必要があります。
 遠方の場合出廷しないこと自体で直ちに心象が悪くなるわけではありませんが、直接裁判官の表情や発言の様子を見てみないと、雰囲気というか、心証をうかがわせる様子がつかみにくいところがあります。
 交通費等の関係で出廷が困難な場合には、「電話会議」という手続きも可能ですので、裁判所書記官に要請してみてはいかがでしょうか。

B.その方法でよいでしょう。書類を送付する際は、原告代理人には「受領書」を添付して裁判所への提出を用意しておくとよいでしょう。

C.弁護士を代理人につけるのが良いですが、弁護士を依頼しない場合には、裁判用の臨時の携帯電話等をもう1台契約して、連絡先として届出する方法等が考えられます。

D.訴訟で争いとなるのは主として①の点ですので、②の点は判決になった場合の問題です。
 ただ、②の点のみ応じられないというのであれば、和解の場合は被告に訴訟費用を請求しない(各自の負担とする)とするのが通常ですので、原告(代理人)にも応じてもらえる可能性は高いと思います。
 したがって、その旨の和解を希望する旨、原告代理人及び裁判所と協議されてはいかがでしょうか。

2017年02月07日 14時50分

この種の事件は弁護士なら何回か経験しますね。
出廷しなくていいですよ。
答弁書もいいですよ。
欠席判決で終わります。
訴訟費用を請求して来ることは99%ありません。
印紙代郵券代で金額も些少です。
登記費用を負担することもありません。

2017年02月07日 15時17分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

調停委員が早期に調停を終わらせ相手方に有利になるように進めています。どうしたらよいでしょうか?

相続 2019年08月20日

調停委員の裁定が相手方(弟)に有利にに進んでいることに不信感があります。というのは3回目の調停冒頭に相手方がもう資料を出せないとか協力できないといったとして調停は終わる可能性ありとして次回は印鑑と通帳を持ってくるように言われ、早期に審...

相続の示談交渉の費用について

相続 2019年06月23日

昨年母が亡くなり相続調停中です。 相続人は申立人の私と相手方の二人で、遺産総額は数千万円で、遺産範囲と分割割合、使途不明金で争っています。 こちら側の資料提供の要請に相手方がもう協力できないと言っているためか、調停委員は早く調停を終わ...

相続に関する法改正後の相続人以外からの金銭の要求

相続 2019年06月19日

来月から相続に関する法律が変わり、相続人以外でも、生前に介護など世話をした人も相続人に金銭を要求することができるようになりますね。 現在、成年後見人をしていた人(故人の姪)と成年後見人ではない親族(故人の実弟)から金銭を要求されていま...

相続放棄と建物の時効取得

相続 2019年06月16日

父の相続放棄での問題です。 相続放棄をする予定なのですが、プラスの遺産はほぼありません。田舎の方出身ですが40年以上東京に住んでいます。 ここから本題なのですが祖父が亡くなった時に父は田舎の祖父が住んでいた建物を相続しました。その建物...

弁護士Q&Aを検索

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する

ページ
トップへ