お墓の継承と遺骨の所有権について

User image 1 HQさん 2017年02月08日 02時56分

昨年突然父が他界し、数ヵ月後に母も亡くなりました。
姉と私の二人姉妹です。
姉は嫁いでおり、私は離婚して実家の姓を使っています。
姉はいろいろあり、両親とも私とも絶縁状態にありましたが、なんとか連絡を取り、会う事が出来ました。今までの事はなかったようにふるまう姉にすこし違和感を感じながらも、長女の姉をたてて喪主をしてもらいました。
その後支払いなどのために現金がひつようなので、遺産をいったん姉名義にして現金化して、後日正式に遺産協議書を作成しようという事にも同意してほとんどを正式に姉名義にし支払いなどをしてもらったのですが、遺産の手続きが終わると、何度連絡してもなんだかんだと理由をつけられ、まったく会う事さえできなくなってしまいました。

電話やメールで何度も法事をしたいとか、遺産の協議もしようとしたのですがまったく応じてもらえず、今度はお墓もほしいと言いだしました。姉は嫁いでおり、宗教も違い、話し合いにも応じないような人なので、親戚一同私の名義にといっているのですが、なんだかんだと理不尽な理由をつけて今では電話にもでなくなり、家に行っても居留守を使われます。

民間の霊園なので名義変更をしなければ納骨ができず、法要もまったくしてもらえずもう一年以上もたってしまいました。納骨だけでもして、両親を供養したいのですが、喪主も姉でしたし、お骨も姉の家ですし、どうしてよいのかわかりません。
生前の父から、私は跡継ぎの息子もおりますし、小さな実家ですが継いで、お墓を守ってほしいと言われてはいたのですが、急死してしまったために、文章など証明するものもありません。
遺産はほとんど姉名義になってしまいましたが(お墓の経費を支払う事で問題になるかとおもいまして…)、この様な状況でお墓の継承を私がし、遺骨を引き渡してもらい、納骨や法事などを執り行うことはできますでしょうか?

まず、お墓や遺骨の所有権は法的には相続財産と別の祭祀承継財産として扱われ、祭祀承継者、具体的には喪主等が原則として承継するとされます(民法897条1項本文)。
ただし、被相続人の指定がある場合には指定された者が承継人となります(同項但書)。

本件では、お父様の遺言は文書では残っていないようですが、お姉さまが喪主を行なったからと言って、あくまで葬儀の主宰者として急いで決めたにすぎず、その後の祭祀承継まで決定したとは言えない、とする余地はあるでしょう。

お姉さまとの話し合いは困難な状況のようですので、家庭裁判所に祭祀承継者指定の調停・審判申立てを行なった上で上記事情を説明し、裁判所に判断して頂く方法が考えられます。

2017年02月08日 09時20分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

義理の兄弟に相続権は発生するか?

相続 2020年11月27日

子のないまま共に還暦を迎えた夫婦です。妻は一人娘で両親はすでに他界。私の方は、米寿を迎えた実母と、結婚していて子供もいる姉が一人います。 老後資金は充分に貯めたので経済的な心配はしていませんが、仮に妻より先に私が先に死ぬと残された妻は...

相続時精算課税制度により相続時優遇がうけられなくなることの詳細に関して

相続 2020年07月20日

相続時優遇制度に関してお教えいただきたく存じます 相続時精算課税制度により相続時優遇がうけられなくなることがあると聞いております 固定資産税の優遇に関することになりますか

法務局に提出する自筆遺言書(付言事項はワードで作成した別紙でいいのでしょうか?)

相続 2020年07月09日

自筆遺言書を法務局で保管して貰える制度ができたと耳にしました。 私も親に倣って遺言書を作成しようと思っています。 シンプルに、不動産と自社株式はすべて配偶者に、預貯金・有価証券は半額ずつ二人の子どもに遺そうと思います。 どうしても配偶...

土地と建物の所有者が別々の場合にも、売却は可能となりますか 

相続 2020年05月27日

土地と建物の所有者が別々の場合にも、売却は可能となりますか 留意事項に関してご教示賜りたくお願い申しあげます

弁護士Q&Aを検索

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する