夫の実家の土地について

User image 1 whipさん 2017年02月11日 07時18分

夫の実家の話ですが、家は義父が亡くなった後義母の名義に変えたのですが、土地は義祖母の親戚のものになっている事が判明しました。義祖母が結婚した時に、義祖母の父親が、自分の所有する土地の一部に家を建てて、義祖母に譲ったそうですが(一応書面もあります)、登記の名義変更をしなかったため、義祖母の父が亡くなった際に義祖母の兄弟の名義になり、その後その子供が相続した形になってました。

義祖母はもう20年くらい前に亡くなりましたが、今も義母はそこに住んでいます。家が建ってから70年以上たっており、義母が嫁いで来て住み出してからも50年くらいたちます。民法162条の所有権の取得時効にあたるのでは?と思うのですが、義父が亡くなった際に相談した弁護士に、「固定資産税を払ってないので無理」と言われました。そうなのでしょうか?なお所有者に借地代を払ったこともないし、払うよう請求されたこともありません。

取得時効の成否に関し、固定資産税の支払は重要な要素の一つですが、それだけで決まるわけではありません。

取得時効による所有権を主張する者が「所有の意思をもって、平穏かつ公然に」不動産を占有していたことが要件ですので、その土地のこれまでの利用状況や、登記簿上の所有者との関係等の諸事情を総合考慮して判断します。

ただし、取得時効による所有権移転登記手続き請求を行なうためには、名義人が同意しない場合、訴訟提起する必要があります。
また、判例上、時効完成後に名義人が第三者に所有権移転登記手続を行なった場合、第三者に対しては取得時効による所有権を対抗できないとされています(民法177条)。

これまでの経緯及び今後の方針を詳細に検討する必要がありますので、弁護士に直接相談いただいた方がよいでしょう。

2017年02月11日 09時05分

 固定資産税を支払っていないというより、相続において、取得時効は完成しないものです。
 全く他人の土地を、売買などにより、取得していたが、名義変更できなかった。相続により、この土地が自分のものだと思って占有を開始したとき、取得時効となります。
 今回の場合、建物を建てたときに、売買が行われたということで主張して、完成するか否かです。
 他の弁護士に相談してみては、どうでしょうか。いずれにしても、難しいと思います。

2017年02月11日 16時42分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

相続 遺留分の価格弁済を分割払いしたい

相続 2018年06月19日

宜しくお願い致します。 母は私だけに財産を生前贈与し他界いたしました。 妹から遺留分を請求されました。 私は価格弁済で現金で払うつもりです。 しかし私にとっては大きな金額なので 妹が了承すれば、一括現金の支払いではなく 月々の分割で払...

生活保護を受けているものが親族の生命保険金を受け取ることについてそのお金で金を購入できるか?

相続 2018年06月08日

今生活保護を受けており親が他界し、生命保険金を受け取ることになりました。いくらかは国返金して、残りのお金を使い切るまで保護費は停止なるといわれました。その残りのお金で金を購入したいと思っているのですが、やはり違法になるでしょうか?

生命保険金

相続 2018年05月31日

26年前、母が他界し、母親の生命保険、貴金属、着物、母所有の自宅など一切合切、叔母に持っていかれました。 当時私は19才で、母は生前、生命保険金の3000万は私と兄の受け取りになっていて、兄と私とで1000万ずつ、残りは葬式やらお墓な...

口約束による土地の所有権についてです

相続 2018年05月22日

私の祖父が自身の弟に土地を譲ると口約束をして土地を譲りました。その後祖父の弟が亡くなり弟の息子さんがその土地に家を建てたのですがわたしの祖父は書類上は自分の土地であると主張しています。祖父も高齢なので相続に関して整理しておきたいと考え...

弁護士Q&Aを検索

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する

ページ
トップへ