投資運用資金の時効

User image 1 komameさん 2017年02月18日 03時56分

亡くなった父が、知人に資金運用を託した契約書が有るのですが、貸付金と同じように時効の適用があるのでしょうか?

資金運用契約をどのように解するかの問題がありますが、委任契約ないし消費寄託契約ということになるかと思います。

知人の方が純粋に個人として行なっているのであれば、預託金返還請求権は10年で消滅時効にかかります(民法167条1項)。

知人の方が業として資金運用を行なっていた場合、正規の許可を得て投資事業を行なっている場合には、商行為として5年で消滅時効になります(商法522条)。
ただし、正規の許可を得ずに業として行なっていた場合、資金運用契約は出資法違反により無効であり(出資法1条、2条)、この場合は不当利得返還請求権となるため、10年で消滅時効が成立します。

2017年02月18日 21時14分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

亡くなった父名義の土地家屋について。私の主張は間違っているんでしょうか?

相続 2018年02月21日

私達の父は何年も前に亡くなりましたが、まだ土地家屋とも名義変更してません。 母は父の死後、認知症のため、グループホームでお世話になってて、今、実家は空家となっております。 私達兄弟は3人で、兄(65)姉(63)と私です。 兄は長男です...

親の財産が使い込まれているようなので調べたい。

相続 2018年01月19日

母(92才)は約10年ぐらい前までは、弟夫婦と同居をしていましたがその後、老人ホームへ移り、2年前ぐらい前から、脳血栓で意識不明の状態で現在病院へ入院中であります。(父は26年前に他界) その弟が母の財産を使い込んでいる疑いがあるので...

義母の年金口座に貯まっていた600万円がおろされていました。

相続 2018年01月15日

主人の兄(60代)が亡くなり、同居していた義母(90代)を引き取りました。 義兄は1月から入院しており3月に亡くなりました。 義母は元々関西に住んでいましたが、関東の義兄と同居しました。 当時義母の資産は5000万円はあったと思います...

死亡認定から数年後の相続放棄は可能でしょうか

相続 2018年01月11日

父親が行方不明になり7年が経過したので死亡認定の手続きをしました。 7年間音信不通なので相続状況なども調べようもないので相続に関しての手続きはしない予定ですがもし数年後に父親が負債を抱えていることが発覚した場合、相続放棄はできるのでし...

弁護士Q&Aを検索

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する

相続に強い弁護士

【TV・新聞出演経験多数】【初回相談30分無料】弁護士歴40年の経験豊富な弁護士が皆様の問題をこれまでの経験を...

【新小岩駅徒歩1分】【初回相談無料・当日・夜間・電話相談可】 【弁護士による時間無制限の無料カウンセリング実施...

【初回相談は1時間無料です】お客様にとっての最善策を追求します

《相談料初回30分無料》 《平日の夜間、土日も相談可》

【横浜駅徒歩3分】【初回相談無料】【24時間予約受付中】依頼者様の立場で分かりやすい説明と丁寧かつ迅速な連絡を...

ページ
トップへ