亡き本人以外で通帳再発行出来るのか

User image 1 baraさん 2017年07月15日 18時30分

祖母が最近亡くなりました。長男夫婦(旦那の親)と同居しており、祖母の通帳を管理してたみたいですがどうもちょこちょこ祖母には内緒で引き下ろしてたみたいです。祖母も自分の通帳がどうなってるか生前気にしてましたが長男夫婦は教えてくれなかったみたいです。結局解らずのまま祖母は他界してしまいました。

1.長男夫婦通帳開示するようにいうも昔の通帳は破棄してしまったとのこと。郵貯ですが本人亡き後でも通帳再発行出来るのか。

2.本人に黙ってお金を勝手に引き落として使った場合横領罪、または他の罪に問われないのか

3.使ってしまった分のお金は返さないとダメか。義母曰く祖母の世話をしてたんだからそのぐらい良いじゃないかと。

    回答させて頂きます。通帳については再発行ではなく,取引履歴の開示請求を行うことになります。
    また,刑事罰ですが,親族間で行われたものであり罪に問うのは難しいかと思います。後見人であれば別ですが。
    使った部分は返却させるべきです。お世話をしたことは実費ならともかく,現在の民法では相続分に反映されません。

2017年07月16日 10時03分

    1 祖母ということは、あなたのご両親のどちらかが相続人ということでしょうか。
     それともあなたが代襲相続人でしょうか。
     相続人であれば祖母の通帳の過去の取引履歴は10年分くらいは
     取寄せができると思います。
      通帳の再発行ではなく、取引履歴の取り寄せということになります。
    2 同居の親子ですので、横領罪は成立しません。
    3 祖母に無断で使用している場合は
      不当利得として返還義務があります。
      他の相続人は相続分に従い、長男に対し不当利得返還請求ができます。

     生前の預金の使い込みのケースは、ご自分で不当利得返還請求をする難しいと思います。
    弁護士に面談で相談されたらよいと思います。

2017年07月16日 16時17分
補足質問
User image 1

bara - 2017年07月16日 19時55分

回答ありがとうございます。祖母は私の旦那側の祖母で旦那のお父さんのお母さんに当たります。今回祖母の通帳預金をお父さんが預かり管理してたみたいですが、入ってるはずのお金が度々引き落とされてたみたいで、その使い道を知りたいとお父さんの姉妹から話があがり今揉めてる状態です。また、お父さんが引き降ろしてた場合は親子になるので横領罪は成立しなかったとしてもお母さんが降ろしてた場合はおばあちゃんとは他人ですので罪になるのでしょうか?
補足回答
Resized avatar mini magick20170707 548 1bpk6hb

高島 秀行 - 2017年07月17日 11時39分

お父さんが管理していたところ
お母さんが下ろしていたという場合
お母さんも同居の親族なので
横領罪は成立しないと思います。

下ろしたお金について
祖母の面倒を見るために使っていたということであれば
そのような反論をすることも可能です。

弁護士に面談で相談された方がよいと思います。

ありがとうございます。参考になりました。

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

祖母の通帳を管理する人を決める方法。

相続 2017年06月28日

90歳の祖母の通帳管理についてお願いします。 祖父を20年前くらいに亡くし、祖母は遺族年金をもらっています。 祖母からみた息子(私の父)夫婦と一緒に暮らしています。 祖母は頭もしっかりしていて、自分の事はすべて1人で出来ます。 そんな...

相続の留意

相続 2017年05月30日

平成28年5月に父が死亡し、調停により相続をとりきめた。平成29年3月に司法書士のところで印鑑を押した後に調べてみると調停の内容と全く違っていた。相続を元に戻すことは可能ですか。

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する

投稿する

相続に強い弁護士

解決内容を納得していただけるようなご説明と打ち合わせを心がけています

おひとりで悩まず、まずはお気軽にご相談ください。※面談相談のみお受けいたします。電話やメールのみでの法律相談・...

【初回法律相談無料】一人で悩まずご相談ください。全力で向き合い解決に導きます。

お客様一人一人にあった解決方法をご提案します

一つ一つのご相談について、真摯な対応を心掛けております。

【秘密厳守】【初回相談30分無料】【夜間土日対応可】一人で悩まず相談してください。必ずあなたの力になります。

ページ
トップへ