亡き本人以外で通帳再発行出来るのか

User image 1 baraさん 2017年07月15日 18時30分

祖母が最近亡くなりました。長男夫婦(旦那の親)と同居しており、祖母の通帳を管理してたみたいですがどうもちょこちょこ祖母には内緒で引き下ろしてたみたいです。祖母も自分の通帳がどうなってるか生前気にしてましたが長男夫婦は教えてくれなかったみたいです。結局解らずのまま祖母は他界してしまいました。

1.長男夫婦通帳開示するようにいうも昔の通帳は破棄してしまったとのこと。郵貯ですが本人亡き後でも通帳再発行出来るのか。

2.本人に黙ってお金を勝手に引き落として使った場合横領罪、または他の罪に問われないのか

3.使ってしまった分のお金は返さないとダメか。義母曰く祖母の世話をしてたんだからそのぐらい良いじゃないかと。

回答させて頂きます。通帳については再発行ではなく,取引履歴の開示請求を行うことになります。
また,刑事罰ですが,親族間で行われたものであり罪に問うのは難しいかと思います。後見人であれば別ですが。
使った部分は返却させるべきです。お世話をしたことは実費ならともかく,現在の民法では相続分に反映されません。

2017年07月16日 10時03分

1 祖母ということは、あなたのご両親のどちらかが相続人ということでしょうか。
 それともあなたが代襲相続人でしょうか。
 相続人であれば祖母の通帳の過去の取引履歴は10年分くらいは
 取寄せができると思います。
  通帳の再発行ではなく、取引履歴の取り寄せということになります。
2 同居の親子ですので、横領罪は成立しません。
3 祖母に無断で使用している場合は
  不当利得として返還義務があります。
  他の相続人は相続分に従い、長男に対し不当利得返還請求ができます。

 生前の預金の使い込みのケースは、ご自分で不当利得返還請求をする難しいと思います。
弁護士に面談で相談されたらよいと思います。

2017年07月16日 16時17分
補足質問
User image 1

bara - 2017年07月16日 19時55分

回答ありがとうございます。祖母は私の旦那側の祖母で旦那のお父さんのお母さんに当たります。今回祖母の通帳預金をお父さんが預かり管理してたみたいですが、入ってるはずのお金が度々引き落とされてたみたいで、その使い道を知りたいとお父さんの姉妹から話があがり今揉めてる状態です。また、お父さんが引き降ろしてた場合は親子になるので横領罪は成立しなかったとしてもお母さんが降ろしてた場合はおばあちゃんとは他人ですので罪になるのでしょうか?
補足回答
Resized avatar mini magick20170707 548 1bpk6hb

高島 秀行 弁護士 - 2017年07月17日 11時39分

お父さんが管理していたところ
お母さんが下ろしていたという場合
お母さんも同居の親族なので
横領罪は成立しないと思います。

下ろしたお金について
祖母の面倒を見るために使っていたということであれば
そのような反論をすることも可能です。

弁護士に面談で相談された方がよいと思います。
お礼メッセージ

ありがとうございます。参考になりました。

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

相続時精算課税制度により相続時優遇がうけられなくなることの詳細に関して

相続 2020年07月20日

相続時優遇制度に関してお教えいただきたく存じます 相続時精算課税制度により相続時優遇がうけられなくなることがあると聞いております 固定資産税の優遇に関することになりますか

法務局に提出する自筆遺言書(付言事項はワードで作成した別紙でいいのでしょうか?)

相続 2020年07月09日

自筆遺言書を法務局で保管して貰える制度ができたと耳にしました。 私も親に倣って遺言書を作成しようと思っています。 シンプルに、不動産と自社株式はすべて配偶者に、預貯金・有価証券は半額ずつ二人の子どもに遺そうと思います。 どうしても配偶...

土地と建物の所有者が別々の場合にも、売却は可能となりますか 

相続 2020年05月27日

土地と建物の所有者が別々の場合にも、売却は可能となりますか 留意事項に関してご教示賜りたくお願い申しあげます

再婚相手の元妻が住む家の相続権はどうなるのか教えてください。

相続 2020年05月07日

48歳主婦です。よろしくお願いいたします。 昨年結婚した再婚相手(46歳)には元妻の元に残してきた娘が二人います。 離婚時、『養育費に代えて、住宅ローンと固定資産税を支払い続ける事、ローン完済後は財産分与として、速やかに元妻に名義変更...

弁護士Q&Aを検索

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する