先月母が亡くなりました。私の自宅に遺骨と位牌を引取りましたが、兄に法要代を請求する事はできますか?

User image 1 lu_d5534353さん 2017年10月23日 15時29分

先月母が亡くなりました。
兄が2人おり、長男が母の預金40万円程から、葬儀+法要代25万円と遺品整理や住居費、電気代等5万円と介護費10万円は支払いをしたようですが具体的な詳細金額は教えてもらっていません。
市からお見舞金として今月19万円と5月分の年金が兄の口座に振込まれるようです。
父とは離別しており、母の葬儀の際、親類も兄も誰も遺骨を引取らず火葬場に引取ると言った為、無念に想い東京の私の自宅に遺骨と位牌を引取りました。
今月母の四十九日を迎える為、仏壇と本位牌を購入したのですが、法要代(仏壇開眼、開眼供養、四十九日法要)に10万円程度かかるそうなので、兄に預金が残っているのであれば、使わせて欲しいとメールをしましたが、明日電話をしてくれ。との返事がきました。
葬儀の際の兄の薄情さや家を購入したばかりでお金がないのに、葬儀で金がかかるとぼやいていた事に嫌気がさしていた私は、兄に「法要代を請求するので、新住所を教えてください。教えてくれないのであれば、会社に請求書を送ります」とメールしました。
すると、兄からすごい剣幕で電話がかかってきて「脅迫する気か?警察に訴えるぞ。遺骨はお前が勝手に持って帰って法要もお前が勝手にするのだから、絶対に払わん。
絶縁じゃ。」と言われ一方的に電話をきられました。私は遺産放棄しておらず、預貯金がいくらあるのか、経費にいくらかかったのかも知らせてもらっていません。(住居は賃貸でした)
兄は大企業に勤めています。
この場合、お見舞金及び年金は遺産になりますか?
私が請求書を兄に送る事は恐喝になるのでしょうか?
また、兄に法要代を請求する事はできますか?

遺産の範囲を明らかにさせるために弁護士から通知
してもらったらいいかもしれません。
あなたにも亡母の遺産の手掛かりはありませんかね。
請求書を送ったくらいで恐喝にはなりません。
お見舞金は喪主が取得します。
葬儀費用その他にあてるために遺産とは考えられて
いません。
年金は遺産になりますね。
法事をの費用は本来喪主をつとめた兄が負担する
のが筋ですから、請求されるのはかまいません。
そのためにお見舞金を取得するのですから。
しかし、全部使い切ったということになれば、按分して
出すことになるでしょう。

2017年10月23日 18時57分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

親の財産が使い込まれているようなので調べたい。

相続 2018年01月19日

母(92才)は約10年ぐらい前までは、弟夫婦と同居をしていましたがその後、老人ホームへ移り、2年前ぐらい前から、脳血栓で意識不明の状態で現在病院へ入院中であります。(父は26年前に他界) その弟が母の財産を使い込んでいる疑いがあるので...

義母の年金口座に貯まっていた600万円がおろされていました。

相続 2018年01月15日

主人の兄(60代)が亡くなり、同居していた義母(90代)を引き取りました。 義兄は1月から入院しており3月に亡くなりました。 義母は元々関西に住んでいましたが、関東の義兄と同居しました。 当時義母の資産は5000万円はあったと思います...

死亡認定から数年後の相続放棄は可能でしょうか

相続 2018年01月11日

父親が行方不明になり7年が経過したので死亡認定の手続きをしました。 7年間音信不通なので相続状況なども調べようもないので相続に関しての手続きはしない予定ですがもし数年後に父親が負債を抱えていることが発覚した場合、相続放棄はできるのでし...

亡き母の遺産相続

相続 2018年01月11日

亡き母の遺産相続の為に、姉が 弁護士を付けました。 今後、調停等で、不明なお金がないかを調査したいと、私の預金通帳の提示を求めて来た場合、提示義務に従わなければなりませんか?

弁護士Q&Aを検索

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する

相続に強い弁護士

依頼者にとって敷居が低く、思っていることを全てぶつけることの出来る弁護士でありたいと思います。

【横浜駅徒歩3分】【初回相談無料】【24時間予約受付中】依頼者様の立場で分かりやすい説明と丁寧かつ迅速な連絡を...

【初回相談無料】【土曜日相談可】地域に根ざした法的サポートをご提供いたします

【初回相談無料】依頼者様の満足とご納得を最大の価値として全力でサポートいたします。

【初回相談無料】【当日/休日/夜間相談可】日本一背の高い弁護士がバスケットで培ってきた、体力・精神力を活かして...

【初回相談無料】【土日祝日夜間対応可】お客様の状況に応じた解決策をご提案致します。

ページ
トップへ