礼儀知らずで常識外れな長男には、相続させたくないという父。この意志を実現する手続き等はありますでしょうか?

User image 1 lu_da65012aさん 2017年12月04日 15時06分

90才の父には2男2女の子供がおり、いずれとも別所帯です。
子供の中で60を超える長男だけは礼儀知らずで常識外れで困っています。
この長男が父の家へ帰省した際の行動で幾度も迷惑を蒙り苦労を受けた父は、長男に対し絶縁希望の強烈な嫌悪を持っています。
父は屋敷や農地を保有しており長男だけには相続させたくない意志を示しています。
まだ父が元気なうちに、将来の父の屋敷の敷居をまたぐことができないようにしたいとの希望です。
この意志を実現する手続き等はありますでしょうか?具体的にご教示いただくと助かります。
よろしくお願いします。

不動産を含むお父様の財産について、遺言で誰に相続させるか指定しておいた方が良いでしょう。
長男の方は法定相続分の1/2の遺留分を有しており、最終的に金銭的な精算をが必要となりますので、完全に排除するのは難しいです(ご指摘の事情のみでは、相続人欠格事由に当たらないと思われます)。

お父様にお家のこだわりがなければ、高齢なこともあり、施設への入居を前提に、他の預金等の資産やご実家を売却して、お父様自身の費用として費消する方法が考えます。
亡くなられたときのお父様の遺産が少なければ、お兄様の遺留分をできる限り小さくすることは可能でしょう。施設へ入居した場合にお父様の生計維持が可能か否かを踏まえて検討する必要がありますが。

2017年12月04日 15時49分

相続人廃除ですが、ハードルは高いですね。
虐待や重大な侮辱、その他著しい非行、
財産の不当処分、多額の借金を払わせる、
などがありますが、家裁に申立てします。
有る程度、非行内容を精査して、過去の
事例と照らし合わせる必要があります。
だいぶ昔になりますが、原則として認めない
方向で運用されてるので、しっかりとした
理由付けが必要ですね。

2017年12月04日 17時33分

>父は屋敷や農地を保有しており長男だけには相続させたくない意志を示しています。
遺言書を作成することにより、長男に財産を相続させないことはできますが、遺留分という制度があり、法定相続分の半分は長男にも相続する権利があります。おそらく相続で揉めると思われますので、公正証書により遺言書を作成されることをお勧めします。

>まだ父が元気なうちに、将来の父の屋敷の敷居をまたぐことができないようにしたいとの希望です。
父君の家より独立した(別に住所地のある)長男が父君の家に立ち入る権利はありませんので、父君が長男に対し「敷居をまたぐな」と言えば、長男が家に立ち入る権利はなくなります。

もっとも、強引に立ち入る場合もあると思われますので、その時は警察を呼ぶなどする必要が生じます。

2017年12月05日 13時25分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

相続時精算課税制度により相続時優遇がうけられなくなることの詳細に関して

相続 2020年07月20日

相続時優遇制度に関してお教えいただきたく存じます 相続時精算課税制度により相続時優遇がうけられなくなることがあると聞いております 固定資産税の優遇に関することになりますか

法務局に提出する自筆遺言書(付言事項はワードで作成した別紙でいいのでしょうか?)

相続 2020年07月09日

自筆遺言書を法務局で保管して貰える制度ができたと耳にしました。 私も親に倣って遺言書を作成しようと思っています。 シンプルに、不動産と自社株式はすべて配偶者に、預貯金・有価証券は半額ずつ二人の子どもに遺そうと思います。 どうしても配偶...

土地と建物の所有者が別々の場合にも、売却は可能となりますか 

相続 2020年05月27日

土地と建物の所有者が別々の場合にも、売却は可能となりますか 留意事項に関してご教示賜りたくお願い申しあげます

再婚相手の元妻が住む家の相続権はどうなるのか教えてください。

相続 2020年05月07日

48歳主婦です。よろしくお願いいたします。 昨年結婚した再婚相手(46歳)には元妻の元に残してきた娘が二人います。 離婚時、『養育費に代えて、住宅ローンと固定資産税を支払い続ける事、ローン完済後は財産分与として、速やかに元妻に名義変更...

弁護士Q&Aを検索

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する