台風被害

User image 1 タエさん 2018年09月06日 18時41分

先日の台風で月極の駐車場で後ろの家の瓦が飛来し、三台契約中の二台が屋根が破損してしほい、当たったはずの瓦は多分後ろの家が勝手に撤去してるみたいで、少量のかけらしか残らない様に綺麗にしてあります。管理会社に聴いたら撤去はしてないとのこと、保険会社に聴いたら当たった物が無いと難しいとのこと、この場合は、勝手に敷地内に入って証拠たる瓦の撤去した人に請求とかは出来ますか?

当該屋根の瓦につき、土地の工作物の瑕疵に当たるか否かによりますが、①当該地域付近で、過去に屋根の瓦等の工作物が強風により飛ばされたことがあったか、②当該被害場所付近の家屋において、瓦が飛ばされたケースがどの程度存するか、③事前にシートをかぶせる等の対応が可能であったか(ただし、シートが強風で飛ばされ、電線に接触して火災が発生する危険等もあるため、一概にはいえません)、④その他、例年上陸しないような非常に強い台風の場合、一般的な民家近隣の同種建物においてどの程度の対策が可能であったか、等の事情を考慮して判断すべきと思われます。

ただし、賠償請求可能と解しても、自動車の登録年数が相当期間経過して時価が修理代より低い場合は、時価が上限となります。代車が必要な場合は代車使用料の他、現実に買替を行なった場合は、買替諸費用も請求できる可能性があります

また、この種の災害事案において、従来の解釈に従って、100か0かの単純な解決は妥当でないのではないか、という意見は弁護士の間でも少なくありません。
厳密な法解釈適用がどうなるかはともかく、直接の話し合いが上手くいかない場合は、弁護士会のADRや裁判所の調停を利用する方法等が考えられます。

2018年09月06日 19時58分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

相続時精算課税制度により相続時優遇がうけられなくなることの詳細に関して

相続 2020年07月20日

相続時優遇制度に関してお教えいただきたく存じます 相続時精算課税制度により相続時優遇がうけられなくなることがあると聞いております 固定資産税の優遇に関することになりますか

法務局に提出する自筆遺言書(付言事項はワードで作成した別紙でいいのでしょうか?)

相続 2020年07月09日

自筆遺言書を法務局で保管して貰える制度ができたと耳にしました。 私も親に倣って遺言書を作成しようと思っています。 シンプルに、不動産と自社株式はすべて配偶者に、預貯金・有価証券は半額ずつ二人の子どもに遺そうと思います。 どうしても配偶...

土地と建物の所有者が別々の場合にも、売却は可能となりますか 

相続 2020年05月27日

土地と建物の所有者が別々の場合にも、売却は可能となりますか 留意事項に関してご教示賜りたくお願い申しあげます

再婚相手の元妻が住む家の相続権はどうなるのか教えてください。

相続 2020年05月07日

48歳主婦です。よろしくお願いいたします。 昨年結婚した再婚相手(46歳)には元妻の元に残してきた娘が二人います。 離婚時、『養育費に代えて、住宅ローンと固定資産税を支払い続ける事、ローン完済後は財産分与として、速やかに元妻に名義変更...

弁護士Q&Aを検索

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する