相続放棄ができない時ってどんな時?

User image 1 匿名ユーザーさん 2014年01月13日 22時55分

 兄が亡くなり、兄が所有していた車を私名義に変更しました。



 でも兄には借金があり、私は兄の財産を相続したことになるので、兄の借金も相続したことになると、知人に言われました。



 今更、相続放棄などできるのでしょうか?



(30代:女性)

匿名弁護士

     原則による限り、相談者は、もはや相続放棄をすることはできません。



     相続人は、単純承認をしたときは、無限に被相続人の権利義務を承継することとなります(民法920条)。



     また、一度した相続の承認は撤回することはできません(民法919条1項)。



     さらに、相続人が相続財産の全部又は一部を処分したときには単純承認をしたとみなされます(民法921条)。



     預金の解約、債権の取立て、不動産・動産・その他の財産(債権・株式など)の譲渡などが相続財産の全部又は一部の処分にあたります。



     そして、相談者の「兄所有の車を自己の名義に変更」するという行為は、車の所有権を亡くなられた兄から自己への所有権の移転が前提となっているので、相続財産の一部の処分にあたると考えられます。



     したがって、相談者は単純承認をしたとみなされ、もはや相続放棄はできないことになります。



     もっとも、民法921条1項本文による単純承認の効果が生ずるためには、相続人が自己のために相続の開始した事実を知りまたは確実視しながら相続財産を処分したことが必要とされていますので(最高裁判決昭和42年4月27日)、相続の開始したことを知らずに本件名義変更をなされたのであれば、単純承認したことにはなりません。



     自己のために相続の開始があったことを知った時とは、被相続人が死亡したことおよび自己が相続人となったことを知った時のことです。



     通常は、第一順位の相続人にとっては被相続人の死亡を知った時ですが、第二順位以下では先順位の相続人がいない又は放棄したことを知った時となります。



     単純承認したことにならない場合には、相続の開始があったことを知ったときから3カ月以内に、限定承認もしくは相続放棄をすることによって、お兄さんから債務を相続することは無くなります。

2014年01月13日 22時55分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

父の死後1年たったが相続放棄できますか?

相続放棄・限定承認 2017年07月13日

父が亡くなって1年半が経ちます。親族が無知なため相続手続きを今まで何もしていませんでした。今から相続放棄の手続きは可能でしょうか? 先日、銀行より内容証明で相続が未了なため法定相続分の連帯保証債務がある。との通知が着ました(借金が他に...

父の個人のマイナスの財産と法人のマイナス財産の対処方法について教えてください

相続放棄・限定承認 2017年07月12日

家族は父母兄私の4人です。 父にはマイナスの財産があります。 1.個人のマイナスの財産 2.法人のマイナスの財産 父が病気になりましたのでそのときのことを考えていますがわからないことが多いので教えてください。 私は相続放棄の手続きをす...

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する

投稿する

相続放棄・限定承認に強い弁護士

《初回相談無料》お客さまの身近なパートナーとして、徹底サポートいたします。

お話をじっくり聞き、より良い解決策をご提案します。

解決内容を納得していただけるようなご説明と打ち合わせを心がけています

【初回相談は1時間無料です】お客様にとっての最善策を追求します

【初回相談無料】依頼者様の満足とご納得を最大の価値として全力でサポートいたします。

【初回法律相談無料】一人で悩まずご相談ください。全力で向き合い解決に導きます。

ページ
トップへ