相続放棄すると相続財産はどうなるの?

Legalus編集部さん 2014年01月14日

 不動産と株式を所有している人が亡くなって、相続人が相続放棄したとします。それらの行方はどうなるのでしょうか?相続放棄をしたため、国のものになるのでしょうか?亡くなった人の債権者は誰に弁済してもらえるのでしょうか?



(不明:不明)

関連Q&A

借金で失踪中の夫、子供の相続放棄

相続放棄・限定承認 2016年12月21日

借金を抱えた主人が行方不明になり今年で4年が過ぎました。捜索願いを出していたので、一昨年、免許更新に現れたのが分かり、免許試験場から警察に連絡が行きました。警察から試験場の電話口で、自宅へ連絡するよう説得してくださったそうですが、自分...

相続放棄をしても国民健康保険から葬祭費をもらえる?

相続放棄・限定承認 2016年03月23日

父は三年前に再婚しました。私の母は三年前に他界、その際、土地家屋は全て私名義にしてあります。父には他に三人の私とは腹違いの子どもがいることもあり、どこで借金を作っているか分からないので死後は相続放棄をしたいと考えていますが、父の再婚相...

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する

Legalus編集部

     相続人も特別縁故者もいない方が財産を残して亡くなった場合、その財産は清算がおこなわれ、最終的には国庫に帰属します。これは最初から相続人が全くいない場合だけでなく、相続人の全員が相続放棄してしまったような場合にも起こります。



     相続放棄等により相続人が不在となった場合、相続財産管理人がその相続財産を管理することになります。相続財産管理人とは、家庭裁判所の審判によって選任され、相続財産の管理と調査・換価などを行う者で、通常は弁護士が就任します。



     相続財産管理人が選任されると公告されます(民法952条2項)。この公告がなされてから2か月以内に相続人が明らかにならなかったときは、相続財産管理人は、亡くなった方(被相続人)の債権者等に対して、一定の期間内にその請求の申し出をするように公告します(民法957条)。

    公告期間内に申し出があった場合、相続財産管理人は相続財産の中から弁済を行い、さらに、被相続人と特別な縁故のあった者がいれば、その者の請求により、財産を分与します(特別縁故者に対する相続財産の分与民法958条の3)。それでも財産が残った場合には、国庫に帰属させます(民法959条)。



     なお、不動産の場合、通常、登記事項証明書に相続財産管理人の管理下にあることが記載されます。

2014年01月14日

相続放棄・限定承認に強い弁護士

【交通事故案件多数】【複数弁護士対応可】 栃木県北の頼れる弁護士

お客様の状況に応じた解決策をご提案致します。

【堺市】南海本線堺駅すぐ

お客様一人一人に会った解決方法をご提案します

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する
ページ
トップへ