亡き父が賃貸保証人になっていた。私が払うの?

Legalus編集部さん 2014年01月14日

 姉が賃貸アパートから夜逃げ同然に居なくなり、アパートの家賃の滞納が発生しています。アパート契約の際、亡くなった父が保証人になっています。この場合、息子である私に支払いの義務が発生しますか。



(40代:男性)

関連Q&A

相続放棄をしても国民健康保険から葬祭費をもらえる?

相続放棄・限定承認 2016年03月23日

父は三年前に再婚しました。私の母は三年前に他界、その際、土地家屋は全て私名義にしてあります。父には他に三人の私とは腹違いの子どもがいることもあり、どこで借金を作っているか分からないので死後は相続放棄をしたいと考えていますが、父の再婚相...

賃借人が死んだら部屋の処分は法的には誰がするの?

相続放棄・限定承認 2016年03月23日

ほとんど面識の無い叔父が一人暮らしで亡くなりました。保証人は叔父の姉だったのですが、叔父よりも早く、一年前に亡くなっています。 不動産屋さんからは、部屋の処理を早急にしてほしいと連絡がありましたが、こちらの親族は、お互いに折り合いが悪...

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する

Legalus編集部

      保証債務は、原則として通常の債務と同様に、各相続人の相続分に応じて相続されます。

    例えば、今回の相談のケースにおいて法定相続分に従った相続が行われた場合で相続人が相談者・相談者の母親・姉の場合、相談者は今回の保証債務の4分の1について相続をすることになります。
    もっとも、現時点で相談者が事故のために相続の開始があったことを知った時(通常は、被相続人つまり相談者の父親が死亡した時)から3ヶ月以内であれば、相続放棄もしくは限定承認をすることによって当該保証債務を間逃れることができます。

    そうでない場合には、相続した保証債務に関して弁済をした上で、姉に求償権を行使して返済を求めることになるでしょう。

2014年01月14日

相続放棄・限定承認に強い弁護士

お客様一人一人に会った解決方法をご提案します

【交通事故案件多数】【複数弁護士対応可】 栃木県北の頼れる弁護士

【堺市】南海本線堺駅すぐ

「相談に行ってよかった」 お客様にそう思ってもらえるよう、お客様のお話を丁寧に聞き、的確なアドバイスが出来るよ...

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する
ページ
トップへ