叔父の死亡後に発覚した借金への対応はどうすべきか?

User image 1 匿名ユーザーさん 2014年06月23日 19時30分

 3週間程前に叔父が他界しました。葬儀も終わりやれやれと、思った矢先に、叔父の住んでいる近所の飲食店から叔父に借金があると、連絡がありました。
 内容を確認すると、そのお店の飲食代と叔父は癌を患っており、その病院代薬代で、現金を貸していたそうです。そういう店がもう一件有り合わせて、30万前後です。借用書は無く飲食代の伝票が有るだけです。一件払うと次々言って来るようで、心配です。それらの借金は、返済する必要は、あるのでしょうか?ちなみに、死亡届けを提出の際、戸籍上に、外国人らしき配偶者が、存在しました。



(40代:男性)

匿名弁護士

     大前提として、相続では、他界された方(被相続人)の財産に属した一切の権利義務を承継するものです(民法896条参照。ただし一身専属権は除く)。したがって、叔父様が生前に借金などの債務を有していた場合、相続人には支払い義務が引き継がれてしまいます。

     そのため、ご相談いただいた事例では、



    1. まず、ご相談者自身が相続人であるかを確認する

    2. 相続人である場合どのように対応するか


    という順で考えることになります。



     まず相続人かどうかの確認について説明します。配偶者は常に相続人になります(民法890条)。そのため、叔父様に配偶者がいると見られるということなので、その方は常に相続人となり、借金を返済する立場となります。

     ただ、叔父様から見た場合、相談者の方は「甥」に当たります。「甥」が相続人になる場合もあります。そうすると、叔父様の借金を引き継ぐことになるので注意が必要です。

     まず、叔父様にお子様がいないことが前提です(いれば、その方が相続人となり相談者の方は借金支払い義務はありません)。次に、叔父様の父母が両方ともすでに他界していれば、叔父様と兄弟姉妹の関係にあるご相談者のお父様またはお母様が相続人となります。ここからが少し特殊で、本来相続人となるお父様またはお母様が、叔父様が亡くなる前にすでに他界されていた場合、代襲相続として、ご相談者が相続人となります(民法887条889条参照)。



     では、借金を引き継ぐ立場であるとわかった場合の対応についてです。

     叔父様がお金を借りていた先が限られていて、それを支払ってもやむなし、とお考えならば叔父様の遺産よりお金を支払った上で「他の債権債務は存在しない」旨の覚書などを相手方よりもらうというのが、債権者との間にわだかまりが残らず妥当だと思われます。

     もっとも、「借りていた先がまだまだ出てきそうだ」あるいは「遺産ではまかないきれない」と言う場合は、限定承認、もしくは相続放棄のいずれかの手段を採用する必要があります。

     限定承認とは、叔父様が残した遺産をもって負債を弁済した後に、余りが出ればそれを相続できるというものです(民法915条926条以下を参照)。

     他方で、相続放棄とは、文字通り相続する権利を一切合切放棄するものです。したがって、借金を支払わなくて済むかわりに、相続財産も得られなくなります(民法915条938条以下を参照)。

     前者は手続きが煩雑であり、債権者(お金の貸し手)を探し出したり、知らせたりする手間もあり、あまり活用されていないのが実情です。叔父様の財産にめぼしいものが無く、簡便さを重視するならば相続放棄をされるのがベターではないかと思われます。

     いずれの方法も、叔父様が亡くなられた日から3ヵ月以内に家庭裁判所に対して申し立てなどを行う必要があります(民法915条など参照)。

     もし、手続き上での不明点や限定承認を希望される場合は、正確を期すために弁護士などを頼られることをおすすめいたします。

2014年06月23日 19時30分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

父の死後1年たったが相続放棄できますか?

相続放棄・限定承認 2017年07月13日

父が亡くなって1年半が経ちます。親族が無知なため相続手続きを今まで何もしていませんでした。今から相続放棄の手続きは可能でしょうか? 先日、銀行より内容証明で相続が未了なため法定相続分の連帯保証債務がある。との通知が着ました(借金が他に...

父の個人のマイナスの財産と法人のマイナス財産の対処方法について教えてください

相続放棄・限定承認 2017年07月12日

家族は父母兄私の4人です。 父にはマイナスの財産があります。 1.個人のマイナスの財産 2.法人のマイナスの財産 父が病気になりましたのでそのときのことを考えていますがわからないことが多いので教えてください。 私は相続放棄の手続きをす...

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する

投稿する

相続放棄・限定承認に強い弁護士

おひとりで悩まず、まずはお気軽にご相談ください。※面談相談のみお受けいたします。電話やメールのみでの法律相談・...

【初回相談は1時間無料です】お客様にとっての最善策を追求します

《初回相談無料》相続に特に力を入れています

《初回相談無料》お客さまの身近なパートナーとして、徹底サポートいたします。

身の回りの法律トラブルの解決に積極的に取り組んでおります

【初回相談無料】依頼者様の満足とご納得を最大の価値として全力でサポートいたします。

ページ
トップへ