葬儀費用を故人の預金口座から引き出してしまったが、相続放棄は認められる?

Legalus編集部さん 2015年02月04日

 夫が急死しその翌日葬儀費用のため夫名義の預金から50万円ほど引き出しました。夫は実の兄の多額の借金の保証人になっていたので相続放棄の手続きをしています。相続放棄は認められるでしょうか。



(50代:女性)

関連Q&A

相続放棄をしても国民健康保険から葬祭費をもらえる?

相続放棄・限定承認 2016年03月23日

父は三年前に再婚しました。私の母は三年前に他界、その際、土地家屋は全て私名義にしてあります。父には他に三人の私とは腹違いの子どもがいることもあり、どこで借金を作っているか分からないので死後は相続放棄をしたいと考えていますが、父の再婚相...

賃借人が死んだら部屋の処分は法的には誰がするの?

相続放棄・限定承認 2016年03月23日

ほとんど面識の無い叔父が一人暮らしで亡くなりました。保証人は叔父の姉だったのですが、叔父よりも早く、一年前に亡くなっています。 不動産屋さんからは、部屋の処理を早急にしてほしいと連絡がありましたが、こちらの親族は、お互いに折り合いが悪...

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する

Legalus編集部

     相続放棄とは、「はじめから相続人とならなかったものとみなす」ものです(民法939条)。そのため、被相続人(故人)が有していた財産も借金も引き継がないことになります。故人に借財があった場合に相続人が用いる対応策となります。

     もっとも、「相続財産の全部または一部を処分した場合」や「相続が開始した時(基本的には故人の死後)から法が定めた3ヶ月以内に相続放棄などの対応を行わなかった場合」、「相続財産の隠匿などを行った場合」には相続放棄が認められなくなってしまうのが注意点です(民法921条各号参照)。



     今回のご相談では、「葬儀費用として故人の預金を引き出した行為が、相続財産の一部を処分した場合にあたるか否か」が、相続放棄が認められるかどうかの分水嶺となります。



     この点、裁判例においては身分相応の葬儀費用を預金から支出することは相続財産の処分には当たらないとするものが散見されます(大阪高決所平成14年7月3日、東京高判昭和11年9月21日など)。したがって、基本的には葬儀費用を預金から支出しても相続財産の処分には当たらないと考えられます。

     しかしながら、裁判例はあくまで個別的な事案に対する判断という側面があります。ご心配なら、弁護士などの法律の専門家に詳しい事情をお話しされることをおすすめいたします。

2015年02月04日

相続放棄・限定承認に強い弁護士

お客様一人一人に会った解決方法をご提案します

【堺市】南海本線堺駅すぐ

【交通事故案件多数】【複数弁護士対応可】 栃木県北の頼れる弁護士

身の回りの法律トラブルの解決に積極的に取り組んでおります

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する
ページ
トップへ