伯父にだまされて相続放棄してしまった!泣き寝入りするしかないの?

User image 1 匿名ユーザーさん 2015年07月18日 03時24分

 3年前、祖父が亡くなりました。そのとき、伯父が「相続手続に必要なので判子を押してほしい」と言うので、父は何の疑いもなく押印しました。伯父は「判子代なので受け取って欲しい。遺産分割の手続等については後日改めて話しましょう」と100万円置いて帰っていきました。

 その後、何の連絡もないまま、9ヶ月経過しました。そこで父が連絡したところ「もう済んだことだ」と言って、取り合ってくれません。不審に思い、遺産目録を確認したところ、土地・建物の他アパートや相当額の定期預金もあることが判明、しかもそれら遺産の全てを伯父が相続したことになっていました。
 司法書士に相談したところ、「こういうものは6ヶ月以内に解決することになっているので、どうにもならない」ということでした。騙されて手続きが進められた場合でも相続について泣き寝入りとなってしまうのでしょうか?



(30代後半:男性)

匿名弁護士

     「相続手続に必要だ」として押印した書類は、お父さんが本件遺産相続につき相続を放棄する旨のものだったと考えられます。

     相続放棄をした者は、その相続に関しては最初から相続人にならなかったものとみなされます(民法939条)。したがって、この書類により手続が進められれば、お父さんは本件相続財産に関して何の権利ももたないこととなります。



     しかし、お父さんは明らかに伯父さんに欺かれて押印しています。そこで、詐欺によるものとして、相続放棄を取消せないでしょうか。

     相続の放棄も意思表示ですから、意思表示の瑕疵を理由とする取消しの可能性はあります。取消権の行使期間は、身分関係の早期安定の観点から6ヶ月に制限されていますが(民法919条3項)、この期間は詐欺に気づいた時点から起算されます。したがって、詐欺に気づいてから6ヶ月以内であれば取消すことができます。



     では、錯誤を理由とする無効主張はどうでしょうか。

     相続放棄の意思表示にも錯誤規定(民法95条)は適用されます。しかし本件では、お父さんに重過失同条但書)が認定される可能性が高く、無効主張は認められないと思われます。


     残る手段としては、伯父に不法行為責任を追及して、相続できたはずの財産評価額を損害として賠償させることが考えられます(民法709条)。

2015年07月18日 03時24分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

父の死後1年たったが相続放棄できますか?

相続放棄・限定承認 2017年07月13日

父が亡くなって1年半が経ちます。親族が無知なため相続手続きを今まで何もしていませんでした。今から相続放棄の手続きは可能でしょうか? 先日、銀行より内容証明で相続が未了なため法定相続分の連帯保証債務がある。との通知が着ました(借金が他に...

父の個人のマイナスの財産と法人のマイナス財産の対処方法について教えてください

相続放棄・限定承認 2017年07月12日

家族は父母兄私の4人です。 父にはマイナスの財産があります。 1.個人のマイナスの財産 2.法人のマイナスの財産 父が病気になりましたのでそのときのことを考えていますがわからないことが多いので教えてください。 私は相続放棄の手続きをす...

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する

投稿する

相続放棄・限定承認に強い弁護士

【初回相談無料】依頼者様の満足とご納得を最大の価値として全力でサポートいたします。

【堺市】南海本線堺駅すぐ

【初回相談無料】どなたでもお気軽にご相談ください。

【秘密厳守】【初回相談30分無料】【夜間土日対応可】一人で悩まず相談してください。必ずあなたの力になります。

身の回りの法律トラブルの解決に積極的に取り組んでおります

お話をじっくり聞き、より良い解決策をご提案します。

ページ
トップへ