相続放棄と遺族の保護

User image 1 匿名ユーザーさん 2014年06月23日 19時31分

 私の主人は先月亡くなり、教職員(地方公務員)でしたので遺族年金の手続き等、色々な手続きを済ませました。

 数週間から1ヶ月後に、主人のお給料、死亡退職金(教職庁)、退職給付金等(教職員互助会)が、私の口座に振り込まれておりました。

 それと並行して、主人の債務等を調べたところ、高額でしたので相続放棄の手続きをしようと考え、一度弁護士に相談したところ、死亡退職金も退職給付金も相続財産となるので、返納した方が良いと言われました。

遺族としての生活はどうすればいいのでしょうか?法律では守られていないのでしょうか?相続放棄の手続きもまだできない状態です。


(30代:女性)

匿名弁護士

 ご存じかとは思いますが、相続には、(1)プラスの財産もマイナスの財産も全て相続する単純承認、(2)プラスの財産の範囲内でマイナスの財産を相続する限定承認、(3)プラスの財産もマイナスの財産も全て放棄する相続放棄の3種類の方法があります(民法第915条)。


 相続人がプラスの財産のみを相続し、マイナスの財産を放棄することは、相続人の遺族としての生活の保護になる反面、債権者の利益を著しく害することになりますので、認められていません。

 ですから、あなたとしては、退職金や退職給付金等のご主人のプラスの財産と、債務等のご主人のマイナスの財産とを天秤に掛け、(1)単純承認、(2)限定承認、(3)相続放棄の何れかを決断しなければならず、退職金や退職給付金を受け取りながら相続放棄をする、という事はできません(正確に言うと、その様な相続放棄は、相続放棄としての効力が生じません)。


 この(1)単純承認、(2)限定承認、(3)相続放棄の手続きは、相続開始後3ヶ月以内に選択する必要があります(同条)。また、(2)限定承認は、相続人全員でしなければなりません(同法第923条)。


ただ、遺族としての生活が全く保護されていない訳ではありません。相続制度とは別個の制度ですが、遺族年金により、遺族としての生活は守られています。

遺族年金は、残された家族への生活保障制度ですので相続財産ではなく、受給資格さえ充たしていれば、相続放棄をしたとしても、あなたは問題なく受給することができます。

2014年06月23日 19時31分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

生活保護で公営住宅暮らしの伯父が亡くなりました。

相続放棄・限定承認 2018年01月19日

生活保護で公営住宅暮らしの伯父が亡くなりました。 伯父の親兄弟はすでに亡くなっており配偶者、子もいません。私を含め甥・姪は数名おります。 亡くなった際に近所の甥らは、昔から仲が悪かったこともあり関わりを拒否したため当方に役所から電話が...

相続放棄について二点、ご相談があります。

相続放棄・限定承認 2018年01月10日

相続放棄について二点、ご相談があります。 一つ目は、相続放棄は相続を知った日から3ヶ月以内に家庭裁判所に申請すれば相続放棄出来ると聞きました。 ご相談は、私の父とその他2人(親族ではありません)の合計3人の共同名義となっている山林があ...

子供が土地を相続したくないと言っている

相続放棄・限定承認 2018年01月09日

35年程前に、3人の男の子を、引き取り離婚しました。 20年前に、別れた主人が亡くなり、主人の兄より、主人名義の山林の謄本を受け取りました。 土地の名義変更はしないままで、私が、長男の名前で、固定資産税を市に支払ってきました。 ほとん...

相続放棄について教えてください。

相続放棄・限定承認 2017年12月27日

1か月前に父がなくなりました。母も20年前に亡くなっており、私は一人っ子ですので、今回、父死亡による法定相続人は私一人のみです。 父は兄名義の不動産の相続権を持ったまま亡くなりました。父の兄は数年前に死亡し、名義は未だに兄のままになっ...

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する

相続放棄・限定承認に強い弁護士

【初回相談無料】依頼者様の満足とご納得を最大の価値として全力でサポートいたします。

【秘密厳守】【初回相談30分無料】【夜間土日対応可】一人で悩まず相談してください。必ずあなたの力になります。

依頼者のために最善を尽くしていきます

【初回相談は1時間無料です】お客様にとっての最善策を追求します

【初回相談無料】【土日・夜間相談可】【出張相談可】あなたの不安や悩み、まずはお話だけでもお聞かせください。

ページ
トップへ