相続放棄と遺族の保護

Legalus編集部さん 2014年06月23日

 私の主人は先月亡くなり、教職員(地方公務員)でしたので遺族年金の手続き等、色々な手続きを済ませました。

 数週間から1ヶ月後に、主人のお給料、死亡退職金(教職庁)、退職給付金等(教職員互助会)が、私の口座に振り込まれておりました。

 それと並行して、主人の債務等を調べたところ、高額でしたので相続放棄の手続きをしようと考え、一度弁護士に相談したところ、死亡退職金も退職給付金も相続財産となるので、返納した方が良いと言われました。

遺族としての生活はどうすればいいのでしょうか?法律では守られていないのでしょうか?相続放棄の手続きもまだできない状態です。


(30代:女性)

関連Q&A

相続放棄をしても国民健康保険から葬祭費をもらえる?

相続放棄・限定承認 2016年03月23日

父は三年前に再婚しました。私の母は三年前に他界、その際、土地家屋は全て私名義にしてあります。父には他に三人の私とは腹違いの子どもがいることもあり、どこで借金を作っているか分からないので死後は相続放棄をしたいと考えていますが、父の再婚相...

賃借人が死んだら部屋の処分は法的には誰がするの?

相続放棄・限定承認 2016年03月23日

ほとんど面識の無い叔父が一人暮らしで亡くなりました。保証人は叔父の姉だったのですが、叔父よりも早く、一年前に亡くなっています。 不動産屋さんからは、部屋の処理を早急にしてほしいと連絡がありましたが、こちらの親族は、お互いに折り合いが悪...

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する

Legalus編集部

     ご存じかとは思いますが、相続には、(1)プラスの財産もマイナスの財産も全て相続する単純承認、(2)プラスの財産の範囲内でマイナスの財産を相続する限定承認、(3)プラスの財産もマイナスの財産も全て放棄する相続放棄の3種類の方法があります(民法第915条)。


     相続人がプラスの財産のみを相続し、マイナスの財産を放棄することは、相続人の遺族としての生活の保護になる反面、債権者の利益を著しく害することになりますので、認められていません。

     ですから、あなたとしては、退職金や退職給付金等のご主人のプラスの財産と、債務等のご主人のマイナスの財産とを天秤に掛け、(1)単純承認、(2)限定承認、(3)相続放棄の何れかを決断しなければならず、退職金や退職給付金を受け取りながら相続放棄をする、という事はできません(正確に言うと、その様な相続放棄は、相続放棄としての効力が生じません)。


     この(1)単純承認、(2)限定承認、(3)相続放棄の手続きは、相続開始後3ヶ月以内に選択する必要があります(同条)。また、(2)限定承認は、相続人全員でしなければなりません(同法第923条)。


    ただ、遺族としての生活が全く保護されていない訳ではありません。相続制度とは別個の制度ですが、遺族年金により、遺族としての生活は守られています。

    遺族年金は、残された家族への生活保障制度ですので相続財産ではなく、受給資格さえ充たしていれば、相続放棄をしたとしても、あなたは問題なく受給することができます。

2014年06月23日

相続放棄・限定承認に強い弁護士

お客様一人一人に会った解決方法をご提案します

【交通事故案件多数】【複数弁護士対応可】 栃木県北の頼れる弁護士

【堺市】南海本線堺駅すぐ

法律問題のご相談をお受けします。まずはご連絡下さい。

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する
ページ
トップへ