自分が放棄した父の財産を相続した母。その母から財産の相続はできる?

Legalus編集部さん 2014年01月14日

私は過去に父の財産を相続放棄しました。

それを相続した母が亡くなった場合、その財産を相続することは出来ますか


(40代:男性)

関連Q&A

相続放棄をしても国民健康保険から葬祭費をもらえる?

相続放棄・限定承認 2016年03月23日

父は三年前に再婚しました。私の母は三年前に他界、その際、土地家屋は全て私名義にしてあります。父には他に三人の私とは腹違いの子どもがいることもあり、どこで借金を作っているか分からないので死後は相続放棄をしたいと考えていますが、父の再婚相...

賃借人が死んだら部屋の処分は法的には誰がするの?

相続放棄・限定承認 2016年03月23日

ほとんど面識の無い叔父が一人暮らしで亡くなりました。保証人は叔父の姉だったのですが、叔父よりも早く、一年前に亡くなっています。 不動産屋さんからは、部屋の処理を早急にしてほしいと連絡がありましたが、こちらの親族は、お互いに折り合いが悪...

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する

Legalus編集部

     何が相続の対象となるかについて、民法896条は「相続人は、相続開始の時から、被相続人の財産に属した一切の権利義務を承継する。ただし、被相続人の一身に専属したものは、この限りでない。」と規定しています



     ですから、相続の対象は、「被相続人」であるあなたのお母さんに属した「一切の権利義務」です。物権(土地・建物の所有権など)のほか、債権(預金など)、債務(借金など)など財産法上の法的地位といえるものすべてが相続の対象です。

     ただし、お母さんの「一身に専属したもの」は相続の対象から外れます。「一身に専属したもの」とは、お母さん個人だけが有する財産上の地位で、扶養の請求権や、生活保護受給権、芸術作品を作る債務や、雇用契約上の労務提供債務(民法625条2項)などです。



     今回のケースでも、あなたが過去に相続放棄した父の財産は、相続開始時に「被相続人」であるお母さんの下にあるのですから、お母さんに属した「一切の権利義務」として、相続の対象となります。過去に父の財産を相続放棄したからといって、その財産を母から相続できないわけではありません。

     したがって、あなたが「相続欠格」(891条)、「廃除」(892条)により、意思に反して相続資格を失わない限り、「相続人」(887条1項)として、過去に放棄した父の財産も、お母さんの「一切の権利義務」として相続できることとなります。

2014年01月14日

相続放棄・限定承認に強い弁護士

お客様一人一人に会った解決方法をご提案します

【交通事故案件多数】【複数弁護士対応可】 栃木県北の頼れる弁護士

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する
ページ
トップへ