死亡退職金は、相続財産の対象になる?

Legalus編集部さん 2014年01月14日

一月前に亡くなった父の死亡退職金が振り込まれました。中小企業とはいえ、社長だったので2000万くらいありました。しかし、父は他に多額の債務があり、家族は相続放棄するつもりなのですが、この死亡退職金は受け取っても問題ないでしょうか?また、受け取っても問題なければ、相続税はいくら位になるのですか。


(30代:男性)

関連Q&A

借金で失踪中の夫、子供の相続放棄

相続放棄・限定承認 2016年12月21日

借金を抱えた主人が行方不明になり今年で4年が過ぎました。捜索願いを出していたので、一昨年、免許更新に現れたのが分かり、免許試験場から警察に連絡が行きました。警察から試験場の電話口で、自宅へ連絡するよう説得してくださったそうですが、自分...

相続放棄をしても国民健康保険から葬祭費をもらえる?

相続放棄・限定承認 2016年03月23日

父は三年前に再婚しました。私の母は三年前に他界、その際、土地家屋は全て私名義にしてあります。父には他に三人の私とは腹違いの子どもがいることもあり、どこで借金を作っているか分からないので死後は相続放棄をしたいと考えていますが、父の再婚相...

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する

Legalus編集部

    死亡退職金が相続財産に含まれるかについては、その死亡退職金が、受給権者をどのように定めているかによって異なるので、場合を分けてお話します。


     まず、被相続人(本件の場合はお父さん)が受給権者であると定められている場合には、死亡退職金は被相続人の財産になりますので、当然、相続財産に含まれます。

    そのため、このような場合には、死亡退職金を返納しないと、単純承認をしたとみなされてしまうおそれがありますので、注意が必要です(民法921条)。


    次に、死亡退職金の受給権者が詳細に定められていて、それが民法の相続人とは範囲・順位が異なって定められている場合には、相続財産にはならず、受給権者固有の権利であるとするのが判例の考え方です(最判昭和55年11月27日)。

     
    このような場合には、相続放棄をしたとしても、受給者は死亡退職金を取得することができます。


    最後に、そのような詳細な規定がなく、単に受給権者として「遺族」とだけ定められている場合には、考え方が分かれています。死亡者の相続財産もしくはこれに準ずる性質を有すると考える立場もあれば、受給権者たる遺族固有の権利であると考える立場もあります。

     
    ただ、死亡退職金が、もっぱら職員の収入に依拠していた遺族の生活保障を目的としているものであるといえることからすれば、受給権者固有の権利であると考えるべきであるといえるでしょう。


     ご相談のメールの限りでは、あなたのお父さんの死亡退職金が、受給権者についてどのような規定を置いているのか、定かではありません。支給規定をよく確認してみましょう。

    判断がつかない場合は、もう一度相談していただくか、家庭裁判所や法テラスなど、専門機関に相談してみてください。


    なお、受取人が誰であっても、死後3年以内に支給が確定した死亡退職金は、「みなし相続財産」として扱われ、相続税の課税対象になります(相続税法3条1項2号)。

    詳細については、国税庁のホームページである「遺族が受け取る死亡退職金」を参考にしてみてください。

2014年01月14日

相続放棄・限定承認に強い弁護士

【交通事故案件多数】【複数弁護士対応可】 栃木県北の頼れる弁護士

【堺市】南海本線堺駅すぐ

お客様の状況に応じた解決策をご提案致します。

お客様一人一人に会った解決方法をご提案します

身の回りの法律トラブルの解決に積極的に取り組んでおります

「相談に行ってよかった」 お客様にそう思ってもらえるよう、お客様のお話を丁寧に聞き、的確なアドバイスが出来るよ...

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する
ページ
トップへ