父親から相続できなかった家を時効取得できないものか・・・

Legalus編集部さん 2014年01月14日

 25年近く前に父が、私が結婚するにあたり家を建ててくれました。土地は父名義でその上に家を建てました。建物(家)は父と私の半々の名義だと思っていました。五年前に父が亡くなり、公正証書遺言に共有物件(建物)は母に全部相続させると書かれてあり、証書の存在を知らず四年半過ぎてやっと半分の権利を失ったと知りました。土地だけは相続しましたが、建物も時効により取得しているのではと思います。このような事情のもと土地と建物について登記をしても違法ではないですか?まだ土地も建物も未登記です。ご回答を御願いします。



(50代:男性)

関連Q&A

相続放棄で思わぬ勘違い!取消はできない?

相続分 2016年05月26日

昨年12月、父が他界しました。生前、父から、兄弟三人が財産放棄をして母に全ての財産を渡すように言われていました。兄弟三人、反対する者も無く、財産放棄の手続きを終え、これで約束通り父の全ての財産が母にいくと安心していました。ところが、預...

相続財産の調べ方

相続分 2016年01月20日

父親が亡くなりました。父親は再婚しており、その再婚相手から100万円貰いましたが、遺産がそれだけとは思えません。父親の遺産を調べる方法は有りますか? (30代:女性)

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する

Legalus編集部

     まず、土地に関してはその全部について相談者所有ということですので、その通りの登記をすることができます。
    次に、本件建物が共有名義であるのであれば、相談者の父親は自己の持分しか母親に相続させることはできません。したがって、建物については、相談者と母親がそれぞれ2分の1の割合で共有することになり、その持分に従った登記をすることができます。
    そして、母親に父親の共有持分権が相続されたとしても、相談者は共有物の全部を従来どおり使用することができます。相談者と相談者の父親との間に本件建物に関して、黙示の使用貸借契約が存在していたと考えられ、その貸主たる地位を相続によって母親が受け継いだと考えられるからです。また、母親から出て行くように求められても出て行く必要もありません(最判昭和41年5月19日参照)。

    もっとも、母親が相続した共有持分について、現時点で時効取得することはできませんし、今後も時効取得の可能性は低いといっていいでしょう。

    まず、時効取得するためには自主占有であることが必要です。自主占有とは、自ら所有する意思をもって占有することですが、父親が存命の時は共有であることを認識していたのですから、自主占有が認められるとしても、相続開始後ということになります。そして、時効による権利の取得には、最短でも10年かかりますので(民法163条)、少なくとも現時点では時効取得していないことになります。

    また、共有物の全体を使用しているというだけでは、他人の共有持分について自主占有していたとはいえないため、自主占有の主張そのものが難しいといえます(民法249条参照)。

    ですので、建物について相談者の単独所有とする登記をすることはできません。もし、虚偽の申立てをして不実の登記を作出した場合には公正証書原本不実記載罪(刑法157条)に問われる可能性があります。

2014年01月14日

相続分に強い弁護士

お客様一人一人に会った解決方法をご提案します

【堺市】南海本線堺駅すぐ

【交通事故案件多数】【複数弁護士対応可】 栃木県北の頼れる弁護士

「相談に行ってよかった」 お客様にそう思ってもらえるよう、お客様のお話を丁寧に聞き、的確なアドバイスが出来るよ...

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する
ページ
トップへ