父親から相続できなかった家を時効取得できないものか・・・

User image 1 匿名ユーザーさん 2014年01月14日 05時27分

 25年近く前に父が、私が結婚するにあたり家を建ててくれました。土地は父名義でその上に家を建てました。建物(家)は父と私の半々の名義だと思っていました。五年前に父が亡くなり、公正証書遺言に共有物件(建物)は母に全部相続させると書かれてあり、証書の存在を知らず四年半過ぎてやっと半分の権利を失ったと知りました。土地だけは相続しましたが、建物も時効により取得しているのではと思います。このような事情のもと土地と建物について登記をしても違法ではないですか?まだ土地も建物も未登記です。ご回答を御願いします。



(50代:男性)

匿名弁護士

     まず、土地に関してはその全部について相談者所有ということですので、その通りの登記をすることができます。
    次に、本件建物が共有名義であるのであれば、相談者の父親は自己の持分しか母親に相続させることはできません。したがって、建物については、相談者と母親がそれぞれ2分の1の割合で共有することになり、その持分に従った登記をすることができます。
    そして、母親に父親の共有持分権が相続されたとしても、相談者は共有物の全部を従来どおり使用することができます。相談者と相談者の父親との間に本件建物に関して、黙示の使用貸借契約が存在していたと考えられ、その貸主たる地位を相続によって母親が受け継いだと考えられるからです。また、母親から出て行くように求められても出て行く必要もありません(最判昭和41年5月19日参照)。

    もっとも、母親が相続した共有持分について、現時点で時効取得することはできませんし、今後も時効取得の可能性は低いといっていいでしょう。

    まず、時効取得するためには自主占有であることが必要です。自主占有とは、自ら所有する意思をもって占有することですが、父親が存命の時は共有であることを認識していたのですから、自主占有が認められるとしても、相続開始後ということになります。そして、時効による権利の取得には、最短でも10年かかりますので(民法163条)、少なくとも現時点では時効取得していないことになります。

    また、共有物の全体を使用しているというだけでは、他人の共有持分について自主占有していたとはいえないため、自主占有の主張そのものが難しいといえます(民法249条参照)。

    ですので、建物について相談者の単独所有とする登記をすることはできません。もし、虚偽の申立てをして不実の登記を作出した場合には公正証書原本不実記載罪(刑法157条)に問われる可能性があります。

2014年01月14日 05時27分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

祖父名義の土地家屋の名義変更(相続?)について

相続分 2017年07月10日

私の実家のことです。 祖父名義の土地家屋に父・母・祖母(父の母)が暮らしております。 父は6人兄弟の長男でそのうち1人他界したため残り4人兄弟がいます。 祖父がなくなってから約21年がたちました。 それまで祖父名義の土地家屋について相...

無断で共有不動産の建物を解体された場合の対処

相続分 2017年06月16日

家屋と土地を登記していない状態で数次相続にて、協議をし、決めようと思っています。 相続人の意見が纏まらない状態なので、遺産分割協議を呼び掛け、後々争いが起こらない様に書類を残そうと考えていました。ですが、協議に参加せず、従兄弟(相続人...

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する

投稿する

相続分に強い弁護士

【堺市】南海本線堺駅すぐ

【初回相談無料】どなたでもお気軽にご相談ください。

おひとりで悩まず、まずはお気軽にご相談ください。※面談相談のみお受けいたします。電話やメールのみでの法律相談・...

当事務所は、『身近な弁護士』をモットーに、ご依頼者様の目線で親切・丁寧・迅速な対応を行い、リーズナブルなご費用...

身の回りの法律トラブルの解決に積極的に取り組んでおります

ページ
トップへ