保証人の義務は相続されるの?

Legalus編集部さん 2014年01月14日

 親類の借金の保証人になっていた義父が急逝しました。遺産相続人の義母、妻、妻の妹などに保証人となる義務は発生するのでしょうか?
 連帯保証人が事実上の債務者であると考えると債務も相続するという気もするので、相続の放棄等を行わないとだめでしょうか?

(40代:男性)

関連Q&A

我家の一部が父の権利になっている場合の相続争い

相続分 2017年01月18日

現在、権利が父4分の2、私4分の1、妻4分の1で共有の一戸建てに住んでいます。 父とは同居はしておらず。父が私に相続すると言ってお金を出してくれた物件です。当時、贈与税がかかるから相続の時に遺言書を書いて置くから相続した方がいいと父に...

相続放棄で思わぬ勘違い!取消はできない?

相続分 2016年05月26日

昨年12月、父が他界しました。生前、父から、兄弟三人が財産放棄をして母に全ての財産を渡すように言われていました。兄弟三人、反対する者も無く、財産放棄の手続きを終え、これで約束通り父の全ての財産が母にいくと安心していました。ところが、預...

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する

Legalus編集部

     保証債務は原則として保証人が死亡しても消滅しません。これは、保証人の死亡という偶然の事情によって、債権者が不足の損害をこうむるのを防止するためです。したがって、保証債務は法定相続の割合にしたがって各相続人に引き継がれることになります。

     もっとも、身元保証債務や継続的信用保証債務については、長期間にわたって保証することになることが多く、また責任も広範になるおそれが大きいことから、これを相続人に相続させると、相続人の負担が大きくなります。そこで判例はこれらについては、相続されないとしています。ただ、相続の時点で具体的に発生していた債務については相続されます。

     相続人がこうした保証債務を免れるためには、相続放棄民法938条以下)または限定承認民法922条以下)を行う必要があります。

2014年01月14日

相続分に強い弁護士

お客様一人一人に会った解決方法をご提案します

【交通事故案件多数】【複数弁護士対応可】 栃木県北の頼れる弁護士

お客様の状況に応じた解決策をご提案致します。

【堺市】南海本線堺駅すぐ

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する
ページ
トップへ