土地の寄付を檀家の総代から持ちかけられているが・・

User image 1 匿名ユーザーさん 2014年05月20日 02時35分

 寺に隣接して所有する土地を寄付するよう、檀家の総代から持ちかけられています。

 私は、宗教団体への非課税無償譲渡になるよう、また、土地の所有権移転登記についての費用を寺側で負担してくれるなら応じてもよい旨、返事をしました。

 その後、何ヶ月もナシのつぶてでしたが、先日突然、私宛には「住民票をよこせ」と連絡があり、田舎の母親には「印鑑を書類に押してくれ」と言ってきています。何の書類なのか、内容は確認できていません。

 あまりに社会通念とかけ離れた行動に出てきているので、困惑しています。今後どういう対応をすればよいでしょうか。

(50代:男性)

匿名弁護士

     宗教団体に財産を寄付する場合、気をつけるべきことがいくつかあります。

     まず、本件では、「宗教団体への非課税無償譲渡になるよう、また、土地の所有権移転登記についての費用を寺側で負担してくれるなら応じてもよい」などの条件をつけていますが、これに対し、「非課税譲渡になるから大丈夫だ」との返答が宗教法人からなされたとします。

     それにもかかわらず、課税扱いとなって課税通知書が届いた場合、行政機関に対し、「宗教法人から課税されないと言われた」などの言い訳は、一切通らないということです。

     宗教法人としては、寄付してもらいたい一心で、手続が甘くなることが考えられます。非課税扱いにするための手続は決して人任せにせず、面倒でもご自分でなさることをお勧めします。


     次に、登記の移転にかかる費用を宗教法人側が負担するという合意については、書面にしておくことが必要です。特に、「檀家総代」などの人物が仲介となっている場合には、言った言わないのトラブルが起こりやすいのです。

     もちろん、後日無権代理表見代理により相手方の責任を追及することは可能です。

     しかし、それには多大な時間と労力を要しますし、とくに宗教法人内部の紛争については、特殊な部分社会内部の事件として、裁判所が消極的な判断をするおそれもあります。


     最後に、以上が確認できないうちは、いかなる書類にも、署名押印等一切しないように気をつけてください

2014年05月20日 02時35分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

祖父名義の土地家屋の名義変更(相続?)について

相続分 2017年07月10日

私の実家のことです。 祖父名義の土地家屋に父・母・祖母(父の母)が暮らしております。 父は6人兄弟の長男でそのうち1人他界したため残り4人兄弟がいます。 祖父がなくなってから約21年がたちました。 それまで祖父名義の土地家屋について相...

無断で共有不動産の建物を解体された場合の対処

相続分 2017年06月16日

家屋と土地を登記していない状態で数次相続にて、協議をし、決めようと思っています。 相続人の意見が纏まらない状態なので、遺産分割協議を呼び掛け、後々争いが起こらない様に書類を残そうと考えていました。ですが、協議に参加せず、従兄弟(相続人...

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する

投稿する

相続分に強い弁護士

《初回相談無料》相続に特に力を入れています

【堺市】南海本線堺駅すぐ

《初回相談無料》お客さまの身近なパートナーとして、徹底サポートいたします。

ビジネス街にある駅近の法律会計事務所です。

お客様一人一人にあった解決方法をご提案します

一つ一つのご相談について、真摯な対応を心掛けております。

ページ
トップへ