遺産分割調停の申し立て後に借金が発覚した場合の相続放棄

User image 1 ユーリさん 2017年02月17日 04時41分

母が亡くなりました。
父とは離婚しています。

再婚後の旦那様と子供(成人・実子)と遺産について話し合いたく連絡をとっていますが、
電話に出てもらえません。
調査で分かったことは、土地建物の2/3を旦那様に、亡くなる2か月前に生前贈与していました。
また、預金についても死亡前から死亡した後も旦那様の方で引き出しているようです。

土地建物には旦那様が債務者になり、根抵当権が設定されていますが、母が連帯保証人になっているか、債務がいくら残っているか不明です。
連帯債務者になっている可能性は高いと思います。
根抵当権者に問い合わせても回答してもらえませんでした。

他にも借金や連帯保証人になっていないとは言い切れませんが、
そういったマイナス財産については、全く不明です。

私としては、土地建物、預貯金、債務について、話し合いをしたいのですが、
もし、調停に出席してくれたとしても、調停の申し立て自体が相続の単純承認にあたり、
後に根抵当権以外の債務が発覚した場合に、相続放棄が出来なくなることはないですか?

また、少なくとも、根抵当権については、債務があることが予想される以上、
調停を申立てれば、相続放棄が出来なくなるということはないですか?

調停の場で、相続財産を明らかにし、根抵当権の債務以外に債務がなく、連帯保証人にもなっていなくて、根抵当権の債務も少額なら、その支払いに協力し、代わりに土地建物の持分を取得したいと考えています。

よろしくお願いいたします。

後から多額の債務の存在が発覚した場合、判例上、その時点から相続放棄の熟慮期間が進行し、債務の存在を知った時から3か月以内は相続放棄が可能とされています。
3か月以内に相続財産の具体的内容を把握できない場合には、管轄家庭裁判所に熟慮期間の伸長を請求することができます(民法915条1項本文)。

まずは、債務の存在を明らかにする必要がありますので、直接交渉で開示してもらえない場合は、遺産分割交渉を含めて弁護士依頼により対応頂いた方がよいでしょう。

遺産分割調停申立てを行なう場合、相続財産に関しては原則として申立人で関連資料を提出する必要があります。
ただ、本件ではあわてて遺産分割調停申立てを行なうより、まずは上記の通り相続放棄期間の伸長を請求した方がよいでしょう。

2017年02月17日 09時27分

遺産が不明ですね。
プラスもマイナスも。
したがって、放棄の必要性もわかりませんね。
したがって、調停を申し立てただけでは承認になりませんね。
放棄は留保されてる状態ですね。
調停をおやりになったらよいでしょう。

2017年02月17日 09時49分

遺産分割調停申し立ては、民法921条各号の法定単純承認事由には文言上抵触しないと思われますので、調停の申立だけで単純承認とされる可能性は極めて低いと考えられます。

ちなみに、大阪高等裁判所平成10年2月9日決定では、
一部の相続人に遺産の全部を取得させる旨の遺産分割協議がなされた後、予期に反する多額の相続債務があったとして、他の相続人からなされた相続放棄申述を却下した審判に対する抗告審で、分割協議が錯誤により無効となり、ひいては単純承認の効果も発生しないとみる余地があるとして、原審判を取り消して差し戻した事例

がありますので、参考になるかもしれませんね。

2017年02月17日 10時53分

遺産分割調停の申立てをしたことが単純承認にあたると評価された裁判例があります。
負債もあることを含めて知っている以上、その上で調停申立てをすると、その後は相続放棄を認めてもらえない可能性もそれなりに高いです。
メールだけでの相談には適しませんので、現在お手元にある資料一式をもって、どうすべきか最寄りの弁護士に相談すべきと思います。

2017年02月17日 11時40分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

暦年贈与は相続発生時にどういった扱いになるか?

相続分 2020年02月22日

父が死亡した時点で相続分が2,000万円あったとして、それを親族と私の2人で相続する場合。 ①暦年贈与で私と兄弟の2人でそれぞれが400万円相続している。2,000万円は1/2ずつ相続する。 ②相続発生までに暦年贈与で私が400万円相...

同居していた妹に遺産の使途不明機の説明義務はないのか?

相続分 2020年01月18日

昨年1月に父が亡くなり同居していた妹から父の預金は200万円しかないと言われました。 (相続人は妹、私、弟2名の4名。母は既に他界) 銀行取引履歴を取り寄せたところ10年前から100万円~1,000万円位のお金が月に 数十回(1日にA...

生前贈与の撤回

相続分 2019年07月24日

宜しくお願い致します。 僕(52歳)には79歳で高齢の母がおります。多少の認知症の兆候も見られます。 銀行の通帳とキャッシュカードが見当たらないと言うので、銀行に再発行の手続きに行きました。 その時に分かったのは、幾度とも50万づつ降...

オーナー社長が亡くなった為株買い取り金額の交渉方法

相続分 2019年05月27日

オーナー社長が昨年亡くなりました。その後従業員は私だけなのでそのまま引き継ぎ 一年が経ちました。が、株を取得していなかったので社長の親族から財産分与の話が上がりました。 もちろん会社継続は大前提ですから買い取りたいのですが金額が大きい...

弁護士Q&Aを検索

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する