相続について相談させて下さい。

User image 1 lu_7eec227bさん 2017年10月24日 14時58分

姉妹2人の姉です。
母は数年前に他界し、父が1人で東京の実家に住んでいます。
妹家族は神奈川に土地を買い、家を建てて住んでいます。
妹は数ヶ月前、家のローン、子どもの教育、海の近くに住んでいるため津波に対する恐怖などを理由に、実家に帰ってこようとしましたが、父はそれを断りました。父と妹は元々あまり仲がよくありません。

ところが、私はつい最近、妹が実家に帰ってくることを諦めていないことを知りました。
父が生きているうちは無理ですが、父が亡くなったら強行するつもりのようです。
その際、自分の家は売ることなく貸して家賃をとるつもりのようです。

父が亡くなったあと、法律では、私と妹が父の財産を2分することになると理解しています。
実家も当然その対象になると思いますが、妹家族が移り住んできて立ち退こうとしない場合、どうなるのですか?

私は海外に住んでいるので、できれば、実家は売り、妹と2分したいと思います。
しかし、妹は実家を売るつもりはないのだと思います。
私に、実家の価値の半分を払えばいいのだと思いますが、実家や今現在住んでいる家を売らずに、金を工面することはできないと思います。

またつい先日、妹が父に、父がもっている山荘をゆずってほしいと言い出したことを知りました。
妹が、私と、父の財産を半分ずつ分ける意思がないと思わざるを得ません。

私はなるべく話し合いなどで穏便にすませたいと思いますが、妹の性格からいって、そうならないという自信があります。
残念ながら冷静に話し合うことができるタイプではありません。その場合、裁判などになるのですか?
私は海外に住んでいるのでなかなか日本へはいけないという事情があります。代理人(例えば弁護士)をたてなくてはいけないのでしょうか?

父は元気ですが、80近いので、いつどのようなことになるとも限りません。
父に、争いにならないように、遺言を書くように頼んでいましたが、父は、税理士兼司法書士が必要ないと言ったからと言って、書いてくれそうにありません。その上、争うことになったら争えばいいなどと言います。

ご回答、ご提言をいただけたら幸いです。
よろしくお願いします。

注力分野
相続 離婚・男女 犯罪・刑事事件 不動産・建築 学校・教育

お父さんに遺言を作成してもらうことが、最も穏便に思えますが難しいようですね。
また、お父さんが健在なうちに話合いをしておくことも、同じく難しいようにお見受けします。

お父さんの死後は、遺言がない限り、実家に妹さんが住むとしても、半分の権利はお姉さんのものです。
その場合は、近隣相場に照らした家賃の半分程度を妹さんに請求できます。

もっとも、それでは解決にならないと思うので、具体的に措置を講じるのは、お父さんの死後に遺産分割の調停を申し立てるという方法になると思います。
調停などの裁判は、原則として、当事者又は代理人が出頭する必要がありますので、海外に居住されている場合には、通常は代理人を選任されることになると思います。

2017年10月25日 13時33分

 難しい問題をはらんでいますが、幸い時間に余裕があります。誰か適切な代理人(お父上にお目にかかって、あなたの代わりにゆっくりとお話しをして、遺言作成その他についてご理解いただけるような人物が望ましい)を選んで、お父上に依頼をすることが今打てる有効な手段です。
 争いは極力避けねばなりません。ことに家族間の相続争いは悲しいものです。
 今はインターネットで多数弁護士を比較し、その人物、考え方、仕事の仕方をじっくりと観察することができます。海外にいらっしゃる方には特に有意義なことです。
 このリーガラスだけでなく、幾つも弁護士選択に関するインターネットシステムがあります。当該弁護士の氏名だけでもホームページが出てきます。
 最初は安価で費用の心配がない法律相談から始めて、ネットによる交信をする内にその弁護士の人物、技能等はかなり分かるものです。時間の余裕のある今から開始なさるといいですね。
 その内に依頼してもよいと感じた弁護士を代理人に選んで、お父上との会話を依頼するとよろしいです。代理人とはあなたの分身です。分身が日本にいるのですから便利です。
 なお、税理士、司法書士に遺言の要否をお尋ねになったとありますが、これは間違いです。税理士さんは税法の専門家であって、相続法、裁判法はご存知ありません。司法書士さんも登記手続きが専門で、法律問題や相続事件の代理人になることができません。
 従って、今回は弁護士に依頼することが最適です。
 まずはインターネットの弁護士紹介をご覧になることをお勧めします。

2017年10月30日 16時24分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

暦年贈与は相続発生時にどういった扱いになるか?

相続分 2020年02月22日

父が死亡した時点で相続分が2,000万円あったとして、それを親族と私の2人で相続する場合。 ①暦年贈与で私と兄弟の2人でそれぞれが400万円相続している。2,000万円は1/2ずつ相続する。 ②相続発生までに暦年贈与で私が400万円相...

同居していた妹に遺産の使途不明機の説明義務はないのか?

相続分 2020年01月18日

昨年1月に父が亡くなり同居していた妹から父の預金は200万円しかないと言われました。 (相続人は妹、私、弟2名の4名。母は既に他界) 銀行取引履歴を取り寄せたところ10年前から100万円~1,000万円位のお金が月に 数十回(1日にA...

生前贈与の撤回

相続分 2019年07月24日

宜しくお願い致します。 僕(52歳)には79歳で高齢の母がおります。多少の認知症の兆候も見られます。 銀行の通帳とキャッシュカードが見当たらないと言うので、銀行に再発行の手続きに行きました。 その時に分かったのは、幾度とも50万づつ降...

オーナー社長が亡くなった為株買い取り金額の交渉方法

相続分 2019年05月27日

オーナー社長が昨年亡くなりました。その後従業員は私だけなのでそのまま引き継ぎ 一年が経ちました。が、株を取得していなかったので社長の親族から財産分与の話が上がりました。 もちろん会社継続は大前提ですから買い取りたいのですが金額が大きい...

弁護士Q&Aを検索

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する