相続人の私に黙って遺言書の執行は出来るの?

User image 1 匿名ユーザーさん 2014年01月14日 04時37分

 亡き父が兄にすべてを相続させる旨の公正証書遺言書を残し、兄が家や土地、預貯金、生命保険等全部独り占めしました。 一周忌のときなにも説明なく、後になって公正証書遺言書があることを知りました。私たちに遺言がある事等を知らせないで、生命保険や銀行のお金を独り占めできますか。

 兄弟なので、全部独り占めは 出来ないと思いますので、遺留分の請求をしたいと思います。



(60代:女性)

匿名弁護士

     公正証書遺言遺言執行人が付されている場合には、遺言執行人が単独で銀行預金を引き出せる場合があります。

     遺言執行者は、相続人を代理して遺言を執行する事を職務とします。つまり、遺言者本人の財産を遺言書の記載どおりに受遺者(遺言によって財産をもらう人)に分配します。具体的には、銀行預金を払い戻したり不動産の所有権移転手続を行ったりします。

     銀行によっては、遺言執行者が行う場合であっても相続人全員の印鑑証明の提出を求めるところもありますが、それを求めない銀行もあります。ですので、今回被相続人が預金をされていた銀行が遺言執行者による預金を引き出す場合に相続人全員の印鑑証明を求めない取り扱いをしていたことによって、相談者の与り知らないところで預金が引き出されたのでしょう。

     土地や建物の所有権の移転登記手続に関しては、受遺者であるお兄さんが単独で所有権移転登記をする事が可能です。



     次に、遺留分に関してですが、遺留分減殺請求権は、遺留分権利者が、相続の開始及び減殺すべき贈与または遺贈があったことを知った時から、1年間行使しないときは、時効によって消滅します(民法1042条前段)。この「減殺すべき贈与があったことを知った時」とは、贈与・遺贈があったことを知り、かつ、それが遺留分を侵害して減殺できるものであることを知った時をいいます(大判明治38年4月26日)。ですので、相談者の場合お兄さんにすべてを相続させる旨の遺言があった事を知ったときから1年以内に遺留分減殺請求をする必要があります。

     なお遺留分に関しては当サイトの「遺留分減殺請求の流れ」もご覧下さい。

2014年01月14日 04時37分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

本家に貢献していない長男の代襲相続人に遺留分をしはらうべきなのか

遺留分 2017年07月04日

数か月前母が他界しました。公証役場にて遺言書を作成していました。 内容が30年間本家に入り同居し、母を介護してきた長女に全て相続させるという 内容のものでした。 相続人は受遺者の長女を含め6人。兄弟は遺言の内容で納得したのですが、 3...

遺産相続で困っています。

遺留分 2017年07月01日

遺産相続で困っています。 祖父が亡くなりました。祖母は既に亡くなっているため、子供4人が相続します。4人のうち長男(私の父)が亡くなっているため、孫である私が父の分を相続することになりました。 そこに、遺言状が見つかりました。全財産を...

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する

投稿する

遺留分に強い弁護士

身の回りの法律トラブルの解決に積極的に取り組んでおります

当事務所は、『身近な弁護士』をモットーに、ご依頼者様の目線で親切・丁寧・迅速な対応を行い、リーズナブルなご費用...

ビジネス街にある駅近の法律会計事務所です。

【初回法律相談無料】一人で悩まずご相談ください。全力で向き合い解決に導きます。

おひとりで悩まず、まずはお気軽にご相談ください。※面談相談のみお受けいたします。電話やメールのみでの法律相談・...

一つ一つのご相談について、真摯な対応を心掛けております。

ページ
トップへ