遺留分減殺請求の流れ

User image 1 匿名ユーザーさん 2014年01月13日 22時47分

 私の妻は兄2人、姉1人の四人兄姉で、父が先日に亡くなりました。
 どうやら、長兄が亡父から全財産につき生前贈与を受けているようです。遺留分という言葉を聞いたことがありますが、この場合長兄に対して請求することは可能でしょうか。可能であれば請求の流れはどのようになるのでしょうか。

(50代:男性)

匿名弁護士

 遺留分というのは、相続財産のうち、被相続人が一定の相続人に遺留しておいてやらなければならない財産部分のことです。これは、本来自由である遺言による財産の分配について、遺族の生活の保障の観点から、修正を加えたものです。

 遺留分権利者となるのは兄弟姉妹以外の相続人、つまり、被相続人の子、直系尊属、配偶者です。そして、遺留分の割合は、直系尊属のみが相続人であるときは、被相続人の財産の3分の1、その他の場合は、被相続人の財産の2分の1となっています(民法1028条)。
 したがって、あなたのケースでは、お父さんの相続財産の2分の1が遺留分ということになります。

 もっとも、あなたのケースのように、被相続人の生存中に財産を贈与してしまった場合、遺留分の制度が骨抜きになってしまいます。そこで、民法は相続開始前の1年間にした贈与についても、遺留分算定の基礎となる財産に算入することにし、それ以前のものについても、当事者双方が遺留分権利者に損害を与えることを知ってなした場合には、算入することとしています(民法1030条)。
 たとえば、被相続人が死亡したとき、財産が200万円あり、半年前に長男に対して600万円の生前贈与があったとすると、遺留分算定の基礎となるべき財産は、800万円となり、相続人の遺留分は、その2分の1である400万円となります。そして、遺留分権利者が複数いる場合、全体の遺留分の率に、遺留分権利者各々の法定相続分の率を乗じたものが個々の遺留分権利者の遺留分となります(民法1044条900条)。
 よって、あなたのケースでは、個々の遺留分権利者の遺留分は100万円ということになります(すでに母親が亡くなっている場合)。そして、実際に受けた相続の金額は、50万円ですから、遺留分との差額である50万円について生前贈与の600万円から取り戻すことができます(これを「遺留分の減殺(げんさい)」といいます)。

 前置きが長くなりましたが、遺留分の減殺を請求するためには、特別な手続は必要ありません。また、遺留分権利者が各自で請求することができます。
 したがって、各遺留分権利者が遺留分を減殺するという意思表示を行えば効力が生じるわけですが、この意思表示は法律上、大きな意味を持つ意思表示ですから、配達証明付きの内容証明郵便で行ったほうがよいでしょう。
 内容としては、被相続人誰某の死亡によって発生した相続に関し、相手方がこれこれの贈与を受けたこと、その贈与は遺留分権利者である自分の遺留分をこれこれの限度で侵害するものであること、よって当該贈与につき減殺を請求するということが明確に記載されている必要があります。

 遺留分減殺請求を受けた者は、その対象となった物を返還するか、減殺を受けるべき限度において価額を弁償することになります(民法1041条)。また、目的物が第三者に処分されてしまった場合であっても、受贈者は価額を弁償することになります(民法1040条)。

2014年01月13日 22時47分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

本家に貢献していない長男の代襲相続人に遺留分をしはらうべきなのか

遺留分 2017年07月04日

数か月前母が他界しました。公証役場にて遺言書を作成していました。 内容が30年間本家に入り同居し、母を介護してきた長女に全て相続させるという 内容のものでした。 相続人は受遺者の長女を含め6人。兄弟は遺言の内容で納得したのですが、 3...

遺産相続で困っています。

遺留分 2017年07月01日

遺産相続で困っています。 祖父が亡くなりました。祖母は既に亡くなっているため、子供4人が相続します。4人のうち長男(私の父)が亡くなっているため、孫である私が父の分を相続することになりました。 そこに、遺言状が見つかりました。全財産を...

仮処分の解除について

遺留分 2017年04月24日

2015年8月に当時88歳の祖父から相続時精算課税制度を使って6000万ほどのアパートを贈与しました。(代襲相続ではなく 相続人はみんな存命です) 翌年2016年10月に89歳でその祖父がなくりました。 そして、存命中の祖父の子供3人...

後妻(義母)が亡くなった時の遺産相続について

遺留分 2017年03月15日

私は一人っ子で他に兄弟・姉妹がおりません。 実母は30年も前に病死しました。 3年後に父が再婚しました。 その後、父も3年前に亡くなり、現在は後妻である義母と暮らしております。 父が亡くなった後は、遺言書を書いてなかったので、国の法律...

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する

遺留分に強い弁護士

【桜木町から徒歩5分】弁護士ランキング上位。口コミでのご依頼も多数。弁護士費用もわかりやすく、リーズナブルにご...

【相談料無料】【土日祝・平日夜間も対応可】【アクセス抜群】

【初回相談無料】依頼者様の満足とご納得を最大の価値として全力でサポートいたします。

【初回相談無料】どなたでもお気軽にご相談ください。

【秘密厳守】【初回相談30分無料】【夜間土日対応可】一人で悩まず相談してください。必ずあなたの力になります。

【四谷三丁目駅徒歩3分】数々の実績がある弁護士歴40年の弁護士が、真心を持って寄り添い、貴方の「幸せ」に少しで...

ページ
トップへ