高齢の父に、女が急接近!財産を守りたい!

Legalus編集部さん 2014年10月22日

 父は耳が遠く、眼もあまり見えません。そのうえ歩けなくなりました。

 そこへ、元気だった頃の知り合いの飲み屋の女が、急に父に近づいてきました。いまでは、父は娘の私より女のいうことのほうを聞いております。

 父は、頭はしっかりしていますので(50代:女性)

関連Q&A

いきなり示された信託譲渡契約書って何?

遺留分 2016年02月10日

ある独居老人が亡くなりました。その老人は生前付き合いのあった女性の紹介で弁護士さんに遺言の相談をしたそうです。 そして、その方の死後その弁護士が遺族に提示したのは信託譲渡契約書。遺産のあらかたが弁護士に信託譲渡されていたといいます。 ...

5年前に死んだ父の預金通帳が出てきた!相続人であれば引き出せる?

遺留分 2016年01月27日

5年前に死んだ父親の残金の有る信用金庫の通帳が出て来てきました。預金額は1万少々なんですが、相続人である私は受け取ることが出来ますか?受け取りには戸籍抄本か戸籍謄本のどちらが必要になりますか? (40代:女性)

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する

Legalus編集部

     判断能力に欠けるところがないならば、自らの財産をどのように処分するかはご本人の自由です。体にだけ障害のある若い男性が、交際している財産目当ての女性のいいなりに自分の財産を処分しそうであっても、家族が法律的な手段で解決できないのと同じです。

     あなたとしては、お父様が女性の都合のよいように財産を使われるのではないかと心配だと思いますが、だまされたりしたわけではない限り、お父様が判断した財産の処分を否定することは出来ません。

     また、お父様が婚姻できる状態の場合(お母様が亡くなられているなど)は、相続の関係から女性との婚姻も心配なさっているのではないかと思います。高齢者の婚姻をめぐる相続人間のトラブルはよくあります。お父様が納得してくださるのであれば、遺言で相続分の指定をしてもらうとよいでしょう。

     もっとも、配偶者には遺留分という相続財産に対する一定の取分がありますので、女性の相続分をゼロとする遺言の内容であったとしても、配偶者となった女性からの遺留分の請求には応じざるをえません。

2014年10月22日

遺留分に強い弁護士

お客様一人一人に会った解決方法をご提案します

【堺市】南海本線堺駅すぐ

【交通事故案件多数】【複数弁護士対応可】 栃木県北の頼れる弁護士

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する
ページ
トップへ