次男だけに相続させることは可能か(遺留分の放棄)

User image 1 Legalus編集部さん 2014年01月13日

 私には、5人の息子がおり、家業を継いでいる次男に、私の財産を全て相続させたいと思っています。ところが、三男と四男の息子の嫁が、私の意向をかぎつけて、弁護士に相談しているようです。三男らには、結婚時に住宅購入費用を出しており、これ以上、出してあげる必要はないと考えています。
 次男への相続が妨害されないか心配です。

(60代:男性)

関連Q&A

仮処分の解除について

遺留分 2017年04月24日

2015年8月に当時88歳の祖父から相続時精算課税制度を使って6000万ほどのアパートを贈与しました。(代襲相続ではなく 相続人はみんな存命です) 翌年2016年10月に89歳でその祖父がなくりました。 そして、存命中の祖父の子供3人...

後妻(義母)が亡くなった時の遺産相続について

遺留分 2017年03月15日

私は一人っ子で他に兄弟・姉妹がおりません。 実母は30年も前に病死しました。 3年後に父が再婚しました。 その後、父も3年前に亡くなり、現在は後妻である義母と暮らしております。 父が亡くなった後は、遺言書を書いてなかったので、国の法律...

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する

Legalus編集部

     法律上、相続人には「遺留分」という最低限度の取り分が相続財産の中で確保されています。(遺留分については「遺留分減殺請求の流れ」を参照)

     あなたの場合、息子様(及びご健在の場合は、奥様にも)には、相続財産の2分の1についての遺留分がございます。例えば、相続財産が1億円の場合は、5千万円を法定相続割合で分割した額について、遺留分がそれぞれの相続人にあることになります。
     ですから、この遺留分を無視した遺言を作成されると、遺留分を請求されるおそれがあります(遺留分減殺請求)。

     ただし、遺留分については、家庭裁判所の許可を得て、あらかじめ推定相続人に放棄させることが可能です(民法1043条)。
     その場合、次の点が考慮されて、許可されます。


    1. 放棄が本人の自由意思にもとづくものであるか

    2. 放棄の理由に合理性と必要性があるか

    3. 代償措置がとられたか(あなたの場合は、住宅購入費用の拠出)

     相続開始後の「争続」を避けるためには、生前にできる限りの手続をとっておくべきでしょう。

     なお、遺留分の放棄は相続開始後の「相続放棄」(民法915条)と混同されがちなので注意してください。

2014年01月13日

遺留分に強い弁護士

おひとりで悩まず、まずはお気軽にご相談ください。※面談相談のみお受けいたします。電話やメールのみでの法律相談・...

解決内容を納得していただけるようなご説明と打ち合わせを心がけています

ビジネス街にある駅近の法律会計事務所です。

お客様一人一人に会った解決方法をご提案します

お客様の状況に応じた解決策をご提案致します。

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する
ページ
トップへ