次男だけに相続させることは可能か(遺留分の放棄)

Legalus編集部さん 2014年01月13日

 私には、5人の息子がおり、家業を継いでいる次男に、私の財産を全て相続させたいと思っています。ところが、三男と四男の息子の嫁が、私の意向をかぎつけて、弁護士に相談しているようです。三男らには、結婚時に住宅購入費用を出しており、これ以上、出してあげる必要はないと考えています。
 次男への相続が妨害されないか心配です。

(60代:男性)

関連Q&A

いきなり示された信託譲渡契約書って何?

遺留分 2016年02月10日

ある独居老人が亡くなりました。その老人は生前付き合いのあった女性の紹介で弁護士さんに遺言の相談をしたそうです。 そして、その方の死後その弁護士が遺族に提示したのは信託譲渡契約書。遺産のあらかたが弁護士に信託譲渡されていたといいます。 ...

5年前に死んだ父の預金通帳が出てきた!相続人であれば引き出せる?

遺留分 2016年01月27日

5年前に死んだ父親の残金の有る信用金庫の通帳が出て来てきました。預金額は1万少々なんですが、相続人である私は受け取ることが出来ますか?受け取りには戸籍抄本か戸籍謄本のどちらが必要になりますか? (40代:女性)

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する

Legalus編集部

     法律上、相続人には「遺留分」という最低限度の取り分が相続財産の中で確保されています。(遺留分については「遺留分減殺請求の流れ」を参照)

     あなたの場合、息子様(及びご健在の場合は、奥様にも)には、相続財産の2分の1についての遺留分がございます。例えば、相続財産が1億円の場合は、5千万円を法定相続割合で分割した額について、遺留分がそれぞれの相続人にあることになります。
     ですから、この遺留分を無視した遺言を作成されると、遺留分を請求されるおそれがあります(遺留分減殺請求)。

     ただし、遺留分については、家庭裁判所の許可を得て、あらかじめ推定相続人に放棄させることが可能です(民法1043条)。
     その場合、次の点が考慮されて、許可されます。


    1. 放棄が本人の自由意思にもとづくものであるか

    2. 放棄の理由に合理性と必要性があるか

    3. 代償措置がとられたか(あなたの場合は、住宅購入費用の拠出)

     相続開始後の「争続」を避けるためには、生前にできる限りの手続をとっておくべきでしょう。

     なお、遺留分の放棄は相続開始後の「相続放棄」(民法915条)と混同されがちなので注意してください。

2014年01月13日

遺留分に強い弁護士

【交通事故案件多数】【複数弁護士対応可】 栃木県北の頼れる弁護士

お客様一人一人に会った解決方法をご提案します

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する
ページ
トップへ