次男だけに相続させることは可能か(遺留分の放棄)

User image 1 匿名ユーザーさん 2014年01月13日 22時41分

 私には、5人の息子がおり、家業を継いでいる次男に、私の財産を全て相続させたいと思っています。ところが、三男と四男の息子の嫁が、私の意向をかぎつけて、弁護士に相談しているようです。三男らには、結婚時に住宅購入費用を出しており、これ以上、出してあげる必要はないと考えています。
 次男への相続が妨害されないか心配です。

(60代:男性)

匿名弁護士

     法律上、相続人には「遺留分」という最低限度の取り分が相続財産の中で確保されています。(遺留分については「遺留分減殺請求の流れ」を参照)

     あなたの場合、息子様(及びご健在の場合は、奥様にも)には、相続財産の2分の1についての遺留分がございます。例えば、相続財産が1億円の場合は、5千万円を法定相続割合で分割した額について、遺留分がそれぞれの相続人にあることになります。
     ですから、この遺留分を無視した遺言を作成されると、遺留分を請求されるおそれがあります(遺留分減殺請求)。

     ただし、遺留分については、家庭裁判所の許可を得て、あらかじめ推定相続人に放棄させることが可能です(民法1043条)。
     その場合、次の点が考慮されて、許可されます。


    1. 放棄が本人の自由意思にもとづくものであるか

    2. 放棄の理由に合理性と必要性があるか

    3. 代償措置がとられたか(あなたの場合は、住宅購入費用の拠出)

     相続開始後の「争続」を避けるためには、生前にできる限りの手続をとっておくべきでしょう。

     なお、遺留分の放棄は相続開始後の「相続放棄」(民法915条)と混同されがちなので注意してください。

2014年01月13日 22時41分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

本家に貢献していない長男の代襲相続人に遺留分をしはらうべきなのか

遺留分 2017年07月04日

数か月前母が他界しました。公証役場にて遺言書を作成していました。 内容が30年間本家に入り同居し、母を介護してきた長女に全て相続させるという 内容のものでした。 相続人は受遺者の長女を含め6人。兄弟は遺言の内容で納得したのですが、 3...

遺産相続で困っています。

遺留分 2017年07月01日

遺産相続で困っています。 祖父が亡くなりました。祖母は既に亡くなっているため、子供4人が相続します。4人のうち長男(私の父)が亡くなっているため、孫である私が父の分を相続することになりました。 そこに、遺言状が見つかりました。全財産を...

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する

投稿する

遺留分に強い弁護士

【秘密厳守】【初回相談30分無料】【夜間土日対応可】一人で悩まず相談してください。必ずあなたの力になります。

身の回りの法律トラブルの解決に積極的に取り組んでおります

《初回相談無料》お客さまの身近なパートナーとして、徹底サポートいたします。

【堺市】南海本線堺駅すぐ

【初回法律相談無料】一人で悩まずご相談ください。全力で向き合い解決に導きます。

お客様一人一人にあった解決方法をご提案します

ページ
トップへ