生前に贈与を受けているのに、まだ欲しい?

Legalus編集部さん 2014年01月14日

 私は兄と2人兄弟で、母はとうの昔に亡くなっています。最近になって、父が亡くなるなり、父から生前贈与を受けた兄が亡くなりました。

 その嫁は、父の生前、兄が父から土地の贈与まで受けていたのに、子育てにもお金がかかるからといって、もっと欲しがります。

 例えば、生前贈与の額が私の取り分より多い場合、返却を求めることができますか。

(年齢不明:男性)

関連Q&A

いきなり示された信託譲渡契約書って何?

遺留分 2016年02月10日

ある独居老人が亡くなりました。その老人は生前付き合いのあった女性の紹介で弁護士さんに遺言の相談をしたそうです。 そして、その方の死後その弁護士が遺族に提示したのは信託譲渡契約書。遺産のあらかたが弁護士に信託譲渡されていたといいます。 ...

5年前に死んだ父の預金通帳が出てきた!相続人であれば引き出せる?

遺留分 2016年01月27日

5年前に死んだ父親の残金の有る信用金庫の通帳が出て来てきました。預金額は1万少々なんですが、相続人である私は受け取ることが出来ますか?受け取りには戸籍抄本か戸籍謄本のどちらが必要になりますか? (40代:女性)

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する

Legalus編集部

     結論から申しますと、お兄様への生前贈与があなたの遺留分を侵害するほどに至っている場合には、少なくとも、その侵害分を金銭で弁償してもらうことができます。

     以下、「遺留分」という言葉の意味も含めて、順を追ってご説明しましょう。(なお、お兄様はすでに亡くなっておられますが、お兄様の嫁や子は、お兄様の権利を主張することになりますので、お兄様が生きておられるものとしてご説明いたします。)

     まず、被相続人であるお父様が、生前にあなたのお兄様に多額の財産を贈与したとしても、一旦は、その贈与がなかったものとして、相続財産に組み込み(これを「持ち戻し」といいます)、それを法定相続分に従って分割し、その結果算出されたあなたのお兄様の相続分から贈与された財産の分を差し引いた分だけをお兄様が相続することになります(民法903条1項)。

     そして、お兄様が贈与を受けた財産の価額が、本来の相続分の価額と同じかこれを超える場合には、お兄様は相続分を受けることができなくなるのです(同条2項)。

     ただ、それでは、本来の相続分より多くの財産をあなたのお兄様に残そうとされたお父様の意向が無意味になりかねませんから、お父様が、上記のような「持ち戻し」をしないという意思表示を遺言等でなさっている場合には、生前の贈与が本来の相続分を超えていたとしても、なお、相続分を受けることができます(同条3項)。

     もっとも、お父様がそのような意思表示をなさっていたとしても、子供であるあなたには、なお奪うことができない遺留分というものがあります。

     お父様の子があなたとお兄様の場合、被相続財産の2分の1で、あなたの遺留分はその半分である、被相続財産の4分の1ということになります(民法1028条2号)。

     これを超えてお兄様に生前贈与された分については、あなたはお兄様に対して、減殺請求することになりますが、お兄様としては、あなたの遺留分が侵害された分を金銭で弁償すれば、目的物そのものを返還しなくてすみます(民法1041条1項)。

     したがって、冒頭のような結論となります。

2014年01月14日

遺留分に強い弁護士

【堺市】南海本線堺駅すぐ

【交通事故案件多数】【複数弁護士対応可】 栃木県北の頼れる弁護士

お客様一人一人に会った解決方法をご提案します

依頼者の一番の味方となり、ベストな解決を目指します。まずはお気軽にご相談ください。

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する
ページ
トップへ