生前に贈与を受けているのに、まだ欲しい?

User image 1 匿名ユーザーさん 2014年01月14日 05時01分

 私は兄と2人兄弟で、母はとうの昔に亡くなっています。最近になって、父が亡くなるなり、父から生前贈与を受けた兄が亡くなりました。

 その嫁は、父の生前、兄が父から土地の贈与まで受けていたのに、子育てにもお金がかかるからといって、もっと欲しがります。

 例えば、生前贈与の額が私の取り分より多い場合、返却を求めることができますか。

(年齢不明:男性)

匿名弁護士

     結論から申しますと、お兄様への生前贈与があなたの遺留分を侵害するほどに至っている場合には、少なくとも、その侵害分を金銭で弁償してもらうことができます。

     以下、「遺留分」という言葉の意味も含めて、順を追ってご説明しましょう。(なお、お兄様はすでに亡くなっておられますが、お兄様の嫁や子は、お兄様の権利を主張することになりますので、お兄様が生きておられるものとしてご説明いたします。)

     まず、被相続人であるお父様が、生前にあなたのお兄様に多額の財産を贈与したとしても、一旦は、その贈与がなかったものとして、相続財産に組み込み(これを「持ち戻し」といいます)、それを法定相続分に従って分割し、その結果算出されたあなたのお兄様の相続分から贈与された財産の分を差し引いた分だけをお兄様が相続することになります(民法903条1項)。

     そして、お兄様が贈与を受けた財産の価額が、本来の相続分の価額と同じかこれを超える場合には、お兄様は相続分を受けることができなくなるのです(同条2項)。

     ただ、それでは、本来の相続分より多くの財産をあなたのお兄様に残そうとされたお父様の意向が無意味になりかねませんから、お父様が、上記のような「持ち戻し」をしないという意思表示を遺言等でなさっている場合には、生前の贈与が本来の相続分を超えていたとしても、なお、相続分を受けることができます(同条3項)。

     もっとも、お父様がそのような意思表示をなさっていたとしても、子供であるあなたには、なお奪うことができない遺留分というものがあります。

     お父様の子があなたとお兄様の場合、被相続財産の2分の1で、あなたの遺留分はその半分である、被相続財産の4分の1ということになります(民法1028条2号)。

     これを超えてお兄様に生前贈与された分については、あなたはお兄様に対して、減殺請求することになりますが、お兄様としては、あなたの遺留分が侵害された分を金銭で弁償すれば、目的物そのものを返還しなくてすみます(民法1041条1項)。

     したがって、冒頭のような結論となります。

2014年01月14日 05時01分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

本家に貢献していない長男の代襲相続人に遺留分をしはらうべきなのか

遺留分 2017年07月04日

数か月前母が他界しました。公証役場にて遺言書を作成していました。 内容が30年間本家に入り同居し、母を介護してきた長女に全て相続させるという 内容のものでした。 相続人は受遺者の長女を含め6人。兄弟は遺言の内容で納得したのですが、 3...

遺産相続で困っています。

遺留分 2017年07月01日

遺産相続で困っています。 祖父が亡くなりました。祖母は既に亡くなっているため、子供4人が相続します。4人のうち長男(私の父)が亡くなっているため、孫である私が父の分を相続することになりました。 そこに、遺言状が見つかりました。全財産を...

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する

投稿する

遺留分に強い弁護士

企業法務から個人案件まで、いつでもどこでもあなたのパートナーでありたい

【堺市】南海本線堺駅すぐ

【初回相談無料】依頼者様の満足とご納得を最大の価値として全力でサポートいたします。

【秘密厳守】【初回相談30分無料】【夜間土日対応可】一人で悩まず相談してください。必ずあなたの力になります。

当事務所は、『身近な弁護士』をモットーに、ご依頼者様の目線で親切・丁寧・迅速な対応を行い、リーズナブルなご費用...

《初回相談無料》相続に特に力を入れています

ページ
トップへ