遺留分減殺請求の時効はいつ?

User image 1 Legalus編集部さん 2014年01月13日

 先日父の一周忌があり、その時に初めて聞かされたのですが、土地は平成9年と10年に妹と妹の夫に1/2ずつ生前贈与されていました。

 遺留分減殺請求をしようと思っていますが、消滅時効(民法1042条)は大丈夫でしょうか。


(50代:男性)

関連Q&A

仮処分の解除について

遺留分 2017年04月24日

2015年8月に当時88歳の祖父から相続時精算課税制度を使って6000万ほどのアパートを贈与しました。(代襲相続ではなく 相続人はみんな存命です) 翌年2016年10月に89歳でその祖父がなくりました。 そして、存命中の祖父の子供3人...

後妻(義母)が亡くなった時の遺産相続について

遺留分 2017年03月15日

私は一人っ子で他に兄弟・姉妹がおりません。 実母は30年も前に病死しました。 3年後に父が再婚しました。 その後、父も3年前に亡くなり、現在は後妻である義母と暮らしております。 父が亡くなった後は、遺言書を書いてなかったので、国の法律...

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する

Legalus編集部

     民法1042条は、「減殺の請求権は、遺留分権利者が、相続の開始及び減殺すべき贈与・・・があったことを知った時から一年間行使しないときは、時効によって消滅する」と規定しています。

     すなわち、遺留分減殺請求権は(1)相続の開始を知った時から一年間行使せず、かつ(2)減殺すべき贈与を知った時から一年間行使しないときに、時効によって消滅します。



     まず、(1)相続の開始を知った時とは、「相続は、死亡によって開始する」(民法882条)ので、被相続人であるお父さんが死亡したのを知った時です。



     では、(2)減殺すべき贈与を知った時とはいつでしょうか。

     判例は古くから(大判明38・4・26)、減殺すべき贈与を知った時とは、遺留分権利者が単に減殺の対象とされている贈与のあったことを知るだけでは足りず、贈与が遺留分を侵害し、減殺することが出来るということまで知る必要があるとしています。



     今回のケースでは、そもそもお父さんの一周忌に至るまで、減殺の対象とされている贈与があったことすらあなたは知りません。したがって、その贈与によりあなたの遺留分を侵害し、減殺することが出来ることも一周忌までは知らなかったといえます。よって、減殺すべき贈与を知った時はお父さんの一周忌時といえるでしょう。


     以上から、お父さんの一周忌から一年間が経過していない限り、遺留分減殺請求権は時効により消滅しておらず、あなたは遺留分権利者として遺留分減殺請求できます。

2014年01月13日

遺留分に強い弁護士

お客様の状況に応じた解決策をご提案致します。

ビジネス街にある駅近の法律会計事務所です。

気軽に、いつでもご相談ください。

解決内容を納得していただけるようなご説明と打ち合わせを心がけています

まずは、お気軽にお問い合わせください。事務所に駐車場もあります。

【堺市】南海本線堺駅すぐ

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する
ページ
トップへ