遺留分減殺請求の時効はいつ?

User image 1 匿名ユーザーさん 2014年01月13日 23時36分

 先日父の一周忌があり、その時に初めて聞かされたのですが、土地は平成9年と10年に妹と妹の夫に1/2ずつ生前贈与されていました。

 遺留分減殺請求をしようと思っていますが、消滅時効(民法1042条)は大丈夫でしょうか。


(50代:男性)

匿名弁護士

 民法1042条は、「減殺の請求権は、遺留分権利者が、相続の開始及び減殺すべき贈与・・・があったことを知った時から一年間行使しないときは、時効によって消滅する」と規定しています。

 すなわち、遺留分減殺請求権は(1)相続の開始を知った時から一年間行使せず、かつ(2)減殺すべき贈与を知った時から一年間行使しないときに、時効によって消滅します。



 まず、(1)相続の開始を知った時とは、「相続は、死亡によって開始する」(民法882条)ので、被相続人であるお父さんが死亡したのを知った時です。



 では、(2)減殺すべき贈与を知った時とはいつでしょうか。

 判例は古くから(大判明38・4・26)、減殺すべき贈与を知った時とは、遺留分権利者が単に減殺の対象とされている贈与のあったことを知るだけでは足りず、贈与が遺留分を侵害し、減殺することが出来るということまで知る必要があるとしています。



 今回のケースでは、そもそもお父さんの一周忌に至るまで、減殺の対象とされている贈与があったことすらあなたは知りません。したがって、その贈与によりあなたの遺留分を侵害し、減殺することが出来ることも一周忌までは知らなかったといえます。よって、減殺すべき贈与を知った時はお父さんの一周忌時といえるでしょう。


 以上から、お父さんの一周忌から一年間が経過していない限り、遺留分減殺請求権は時効により消滅しておらず、あなたは遺留分権利者として遺留分減殺請求できます。

2014年01月13日 23時36分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

前妻と子どもに遺産をなるべく渡さず、現在の嫁に多く遺産を残すにはどうしたらいいですか

遺留分 2019年06月10日

再婚をした場合。私が死んだあと、前妻と間に子どもがいる場合、どうしてもその子には遺産がわたってしまうのですよね。財産はまだローンのある家と今後もらえる退職金が財産です。再婚した場合、どうすれば、家の名義を新しい奥さんにすることができま...

遺産分割はできないが、自分の資産から贈与すると言われた。ただし、その後の兄との縁を切る誓約書もかわすことになったが、他に方法はないのか?

遺留分 2019年04月28日

母が数年前になくなり、父も先日亡くなりました。 そのことより私達兄弟3人に遺産相続が発生することになりました。 遺産分割協議書を作成するに当たり、 (父の意思は不明です)母が生前に書いた遺書(自筆で私達充ての手紙です)が出てきて、全て...

相続 遺留分を有しない者(兄弟姉妹や孫を含む)に財産の多くを取得させたとき

遺留分 2018年07月12日

被相続人は母です。相続人は、私(長女)と妹(次女)です。 母は、私の子供(孫の3人)に8年前に自社の債権を生前贈与(暦年贈与)しました。 また4年前に母の住んでいる家と土地と、もうひとつ私の会社に貸している母の土地を (親族会社に事業...

お金の使い込み

遺留分 2018年02月05日

4月に多額の借金を残し実父が亡くなりました。 母は痴呆症で1人で生活するのも難しく、施設に入所することにしました。借金返済もあり実家を売却することになりましたが、 1、一旦、実家を母名義にしないといけないとのこと。母は痴呆症で理解出来...

弁護士Q&Aを検索

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する