仮処分の解除について

User image 1 shiさん 2017年04月24日 19時53分

2015年8月に当時88歳の祖父から相続時精算課税制度を使って6000万ほどのアパートを贈与しました。(代襲相続ではなく 相続人はみんな存命です)
翌年2016年10月に89歳でその祖父がなくりました。
そして、存命中の祖父の子供3人(私の実の父を含む)から遺留分減殺請求をおこされ、私が祖父から贈与されたアパートも仮処分で差し押さえられました。

このまま裁判になり、私が勝ち、伯父達に遺留分を支払わないという事は、まず不可能でしょう。私としては、遺留分を現金で支払いたいと思っているのですが、私が遺留分を現金で支払うので仮処分を解除してくれと言えば、それは認められるものでしょうか?(伯父達から見たら、仮処分を解除したら、私がその不動産を売って逃げるのではないか…そんな懸念があると思いますので、仮処分は解除したくないと思います。)私としても、仮処分が解除されたら、この家を担保に金を借りる計画があるので、仮処分をおこされ、この家を担保に金を借りれない状態を煩わしく思っています

遺留分をおこした祖父の三人の子供のうち、私の父とは和解したので、仮処分を解除したいのですが、まだ提訴もされていないこの段階で仮処分を解除したら、担保金は私の口座に振り込まれるのでしょうか?なぜこういう事をきくかというと、仮処分も遺留分も私の父の兄達が、父から実印を預かって弁護士に頼んで勝手にやっているので、仮処分の解除のしかたも分からずにいます 無論、これ以上伯父達に自由にさせないように、父の実印は変えました。

①上記見解を前提にすれば、相手方との間で、遺留分支払と引き換えに、仮差押を取り下げに関する内容での和解を目指す必要があります。
 裁判上の和解の場合は、通常は、仮差押の取下げ及び保証(金)の取消に関する合意を条項に居れます。
 判決になった場合には、遺留分支払後もなお相手方が仮差押の取下げを行なわない場合、保全の必要性消滅による保全取消申立てが必要となる可能性があります。

②和解の場合に保証(金)取消の条項があれば、原則として相手方に返還されます。あくまで相手方が預託した保証金が相手方に返還されるということです。
 もし、和解条項で仮差押の取下げについて定めていない場合、保全の必要性消滅による保全取消の申立てを行なう必要がありますが、まずは和解した相手方との間で、仮差押取下げに関する話し合いを行なった方がよいでしょう。

2017年04月24日 20時12分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

前妻と子どもに遺産をなるべく渡さず、現在の嫁に多く遺産を残すにはどうしたらいいですか

遺留分 2019年06月10日

再婚をした場合。私が死んだあと、前妻と間に子どもがいる場合、どうしてもその子には遺産がわたってしまうのですよね。財産はまだローンのある家と今後もらえる退職金が財産です。再婚した場合、どうすれば、家の名義を新しい奥さんにすることができま...

遺産分割はできないが、自分の資産から贈与すると言われた。ただし、その後の兄との縁を切る誓約書もかわすことになったが、他に方法はないのか?

遺留分 2019年04月28日

母が数年前になくなり、父も先日亡くなりました。 そのことより私達兄弟3人に遺産相続が発生することになりました。 遺産分割協議書を作成するに当たり、 (父の意思は不明です)母が生前に書いた遺書(自筆で私達充ての手紙です)が出てきて、全て...

相続 遺留分を有しない者(兄弟姉妹や孫を含む)に財産の多くを取得させたとき

遺留分 2018年07月12日

被相続人は母です。相続人は、私(長女)と妹(次女)です。 母は、私の子供(孫の3人)に8年前に自社の債権を生前贈与(暦年贈与)しました。 また4年前に母の住んでいる家と土地と、もうひとつ私の会社に貸している母の土地を (親族会社に事業...

お金の使い込み

遺留分 2018年02月05日

4月に多額の借金を残し実父が亡くなりました。 母は痴呆症で1人で生活するのも難しく、施設に入所することにしました。借金返済もあり実家を売却することになりましたが、 1、一旦、実家を母名義にしないといけないとのこと。母は痴呆症で理解出来...

弁護士Q&Aを検索

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する