日本国籍を変更することはできる?

Legalus編集部さん 2016年03月29日

 日本国籍から外国国籍に国籍移動は可能でしょうか? また可能の場合、外国国籍から日本国籍に戻すことは可能でしょうか?もし、自分が債権や債務があった場合は、国籍移動はどの様に影響するのでしょうか?

 いずれにしても私はまだ未婚で実家に住民票があるので 独立して世帯の筆頭者になるべきでしょうね。


(30代:男性)

関連Q&A

日本国籍を取得するには?

帰化 2014年11月18日

私は外国に住んでいる外国籍の者なのです。母親が日本人なので日本の国籍を取得したいと思っています。 国籍を取得するための条件はなんですか? 宜しくお願いします。 (10代:女性)

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する

Legalus編集部

     結論としては、自分の意志で外国国籍を取得することは可能ですし、その後日本国籍へ戻すこともできます。

     ただしこの場合は、他国籍から日本国籍に変更する、つまり帰化の要件を満たすことが必要となります。以下で具体的に見ていきましょう。



     まずは日本国籍から外国国籍になることについて。日本における国籍法では、「自己の志望によって外国の国籍を取得したときは、日本の国籍を失う」ということが11条1項にて定められています。

     つまり、日本の国籍を持っている人であっても、自己で志願をすれば外国国籍の取得ができ、その際には日本国籍を喪失するということです。

     なお、無国籍になることは認められていません。



     ただし、外国国籍になる場合には多くの手続きが必要です。まずは法務局と市町村に国籍離脱の届け出を提出しなくてはなりません。

     また、外国国籍になったあと、その人は外国人と認識されます。そのため、日本に住み続ける場合は在留資格取得申請が必要です。

     さらに、外国国籍の取得については国ごとに要件が異なるため、それを満たす必要があります。



     次に、外国国籍から日本国籍になることについても見ていきましょう。

     基本的には、以下の要件をすべて満たし、法務大臣の許可を得ることで「帰化」による日本国籍取得は可能です。

     ちなみに、アメリカの場合は法律で定められた条件を満たすだけで帰化ができるのですが、日本においては条件を満たすだけでなく、法務大臣の決定が絶対的な条件となっており、それは法務大臣の裁量によって決められます。




    • 居住要件:帰化の申請をする時まで、引き続き5年以上日本に住んでいること

    • 能力要件:20歳以上で、かつ本国の法律によっても成人の年齢に達していること

    • 素行要件:素行について善良であること

    • 生計要件:自身、もしくは生計を共にする配偶者、その他親族の子孫、もしくは技能によって、生計を営むことができること

    • 国籍を持たない、もしくは日本の国籍取得により、現在の国籍を失うこと

    • 日本国憲法の施行以後、日本国憲法もしくはその基に成立する政府を暴力によって破壊することを企てる、もしくは主張する、またはこれを企て、もしくは主張する政党等、その他の団体の結成、もしくはこれに加入した過去がないこと



     なお、以上の要件をすべて満たさない場合であっても、親族に日本人がいる場合には要件の緩和が行われることがあります。

     今回のケースでは、日本国籍だった者が外国国籍を取得し、その後日本国籍を再度取得する、といった経緯がありますので、「居住要件」「能力要件」「生計要件」については不要になるかもしれません(国籍法8条3号)。



     まとめますと、ご相談者様の場合は日本に住んでいて、「居住要件」「能力要件」「生計要件」以外の要件を満たしており、法務大臣の許可が得られれば、日本国籍を再度取得することは可能です。世帯の筆頭者である必要は特にありません。

     なお、債権や債務があると生計要件が吟味される一要素となってしまう可能性もあるので注意しましょう。

2016年03月29日

帰化に強い弁護士

依頼者の一番の味方となり、ベストな解決を目指します。まずはお気軽にご相談ください。

【堺市】南海本線堺駅すぐ

身の回りの法律トラブルの解決に積極的に取り組んでおります

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する
ページ
トップへ