スナックで客にカラオケを提供すると著作権料を支払わなければならないの?

User image 1 匿名ユーザーさん 2015年06月24日 00時52分

 カラオケをリースで借りてスナックを経営しています。リース料金とは別にJASRACから著作権料を請求されていますが、支払う義務があるのでしょうか?



(50代:男性)

匿名弁護士

 著作権者は、演奏権を有しています(著作権法22条)。カラオケで歌を歌うということは、楽曲を演奏するということになるので、演奏権を有する著作権者の許可が必要となります。通常は、許可を得る代わりに使用料を支払うことになります。

 そして、楽曲の著作権についてはJASRACが一括して管理しているので、楽曲を演奏する場合などはJASRACに著作権使用料を支払う必要があります。



 もっとも、カラオケについては、演奏している(歌っている)のが店ではなく客であるので、店が演奏権の使用料を支払う必要があるのかについて考える必要があります。



 かつて、カラオケスナック店において客に有料でカラオケ機器を利用させていた店の経営者に対し、日本音楽著作権協会(JASRAC)が演奏権(著作権)侵害に基づく損害賠償等を請求するという事件がありました。

 この事件では、店はカラオケを演奏していないにもかかわらず、演奏権を侵害しているのはおかしいのではないかが争点となりました(実際に演奏しているのは客であり、演奏権を侵害しているのは客であるというのが店側のおよその主張です)。



 この事件で最高裁は、店側はカラオケ機器を設置して客に利用させることにより利益を得ている上、カラオケテープの提供や客に対する勧誘行為などを継続的に行っていることから、客だけでなく店も著作物の利用主体と認定すべきであると判断し、被告である店の経営者に対して損害賠償を命じる判決を下しました(最判昭和63年3月15日判決、クラブキャッツアイ事件)。



 この判例は、実際の利用者とは言い難い者を、「著作権法上の規律の観点」を根拠として、(1)管理(支配)性および(2)営業上の利益という二つの要素に着目して規範的に利用行為の主体と評価したのです(いわゆる「カラオケ法理」)。



 したがって、判例による限り、相談者もJASRACに著作権使用料を支払う必要があります。

 JASRACは客席面積(宴会場面積)により3つに区分し、それぞれ該当する区分の月額使用料を支払うというシステムを採用しているようです。

 詳しくは、「スナックなど飲食店でのカラオケ、楽器演奏(JASRAC)」を参照してください。

2015年06月24日 00時52分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

名誉感情の侵害(侮辱行為)は相手がハンドルネームであっても成立しますか?

著作権 2020年07月07日

ネット上でハンドルネームの相手を誹謗中傷した場合、相手が特定不可能なケースにおいては刑事の名誉毀損罪、侮辱罪が成立せず、民事においても名誉毀損損害賠償が認められないのは、裁判の判例から明らかだと思われますが、唯一民事での名誉感情侵害(...

教材の著作権侵害

著作権 2020年06月24日

猛省しております。 個人売買アプリにて教育教材(PDF)の紙コピーを売買してしまいました。 20000円での受講料の資料ですが、1名の方に6000円で販売してしまいました。 権利者の会社から連絡があった訳では無いですが、第三者コメント...

SNSにスクショを貼る事とテレビの無断での楽曲使用

著作権 2020年06月04日

2つほど気になることがあるので質問させていただきます。 ①テレビで放送された番組のスクショやYouTubeの動画のスクショをSNSに投稿するのは無断転載にはなりませんか? ②テレビ番組のBGMに許可なしでアーティストさんの曲を使用する...

オマージュ作品に使う楽曲の著作権とは

著作権 2020年06月03日

YouTubeを見ていた時に気になったことがあったので質問させていただきます。 ある人気歌手の曲のオマージュ作品を作って投稿してるクリエイターさんがいたのですが、人気歌手のファンの方から「事務所に許可を取ったのか」「著作権の侵害だ今す...

弁護士Q&Aを検索

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する