©がなければ、著作権放棄?

Legalus編集部さん 2015年06月20日

 よくインターネットを見ていると、著作権表示として、c(Cマーク)が表示されています。書籍でもよくみかけます。
 自分が作成したレポートを配布したいのですが、「著作権は○○にあります」という注意書きだけでは、保護されないのでしょうか?

(年齢不詳)

関連Q&A

写真付カレンダーを写真に撮って一般公開は、法律違反?

著作権 2016年06月17日

僕は、巨人ファンで、毎年巨人のカレンダーを購入しています。選手の写真付です。 このカレンダーを写真に撮って一般公開するのは、法律違反でしょうか? (40代:男性)

海外のサーバーに違法アップロードされると摘発できない?

著作権 2016年06月11日

自分の著作物が海外のサーバーに違法にアップロードされていることがわかりました。警察に相談に行ったところ、海外のサーバーを経由してたら日本の法律じゃ手をだせないと言われました。どうして被害者より加害者の国の法律が優先されるのですか? (...

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する

Legalus編集部

     日本の著作権は1886年のベルヌ条約(日本は1899年に加入)のもとに、著作者の権利の保護には、著作権の表示などの方式は必要でないとしています(無方式主義)。
     したがって、Cマークどころか、「著作権は○○にあります」という表示さえいらないということになります。


     では、Cマークはいったい何のためにあるのでしょうか。
     1952年の万国著作権条約(日本は1956年に加入)により、Cマーク、著作者、発行年さえ著作物に表示すれば、方式主義(著作権の保護には、著作権表示などの方式が必要である)の国においても無法式主義の国と同様に著作物として保護されることとなりました。



     現在、方式主義を採用する国はほとんどなく、実際の必要性は失われている状況です。
     Cマークは著作権を強くアピールするために用いられているといってもよいでしょう。

2015年06月20日

著作権に強い弁護士

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する
ページ
トップへ