自分の商品がネットオークションで転売された!

User image 1 匿名ユーザーさん 2015年06月20日 02時23分

 インターネット上のオークションで、自分で作成したビーズ・レシピを出品しておりました。条件として、転売・コピーの禁止と記載していました。
 ところが、先日、「あなたの作品が他のオークションで高値で出品されています」という情報を得ました。確認したところ、たしかに私の作品が転売されていました。他にもたくさんの方が転売、あるいはコピー作品を売っているようです。

 家計を支える主婦の方が買い手であることを考え、600円~1000円の低価格でお譲りしていたのに、その3倍ぐらいの値段で転売されています。注意したところ、「不要になったものを売ってなにが悪い!」と逆ギレされたこともあります。

 これからも商品を販売していきたいのですが、どのように対処したらよいでしょうか。


(30代:女性)

匿名弁護士

 著作者に無断でコピー商品を作成することは、著作権を侵害する行為として、差し止め、損害賠償の対象となります。このような行為が違法であるのは当然ですが、残念ながら日本では、まだまだ著作権に対する意識が低いのが現状です。


 そこで、単に「コピー禁止」と注意するだけではなく、「無断でコピー作品を作りまたは売却する行為をすれば、厳正な法的手段を取ります」というような文言を加えればどうでしょうか。


 次に、転売について考えてみます。

 そもそも、商品を販売する際に、「他に転売してはならない」との条件をつけることができるのでしょうか。「不要になった商品を売り払って何が悪い」という捨てぜりふは、なかなか説得力があるようにも思えます。

 しかし、売買契約において当事者間で条件をつけることは、私法の大原則である「契約自由の原則」により許されます(ただし、公序良俗に反するような条件は無効です)。


 したがって、「他に転売しない」との条件に反した相手方は、契約に違反したことになり、債務不履行責任(民法415条)を負います。あなたは相手に損害賠償を請求できることになります。


 しかし、そのような条件を知らないで転売された商品を買った人には、もはや責任を問うことはできません。そこで、第1次の転売がされないよう、しっかりガードしておく必要があります。


 特に高価な価格で転売している人何名かに、直接、あるいはサイト管理者に間に入ってもらう形で警告し、それが功を奏しないときは、内容証明郵便などで損害賠償を請求するのも効果があるかもしれません。

2015年06月20日 02時23分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

名誉感情の侵害(侮辱行為)は相手がハンドルネームであっても成立しますか?

著作権 2020年07月07日

ネット上でハンドルネームの相手を誹謗中傷した場合、相手が特定不可能なケースにおいては刑事の名誉毀損罪、侮辱罪が成立せず、民事においても名誉毀損損害賠償が認められないのは、裁判の判例から明らかだと思われますが、唯一民事での名誉感情侵害(...

教材の著作権侵害

著作権 2020年06月24日

猛省しております。 個人売買アプリにて教育教材(PDF)の紙コピーを売買してしまいました。 20000円での受講料の資料ですが、1名の方に6000円で販売してしまいました。 権利者の会社から連絡があった訳では無いですが、第三者コメント...

SNSにスクショを貼る事とテレビの無断での楽曲使用

著作権 2020年06月04日

2つほど気になることがあるので質問させていただきます。 ①テレビで放送された番組のスクショやYouTubeの動画のスクショをSNSに投稿するのは無断転載にはなりませんか? ②テレビ番組のBGMに許可なしでアーティストさんの曲を使用する...

オマージュ作品に使う楽曲の著作権とは

著作権 2020年06月03日

YouTubeを見ていた時に気になったことがあったので質問させていただきます。 ある人気歌手の曲のオマージュ作品を作って投稿してるクリエイターさんがいたのですが、人気歌手のファンの方から「事務所に許可を取ったのか」「著作権の侵害だ今す...

弁護士Q&Aを検索

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する