写真の著作権と輸入代行の商品価格

Legalus編集部さん 2015年06月20日

 私は「○○」という輸入代行のオンラインショップを開いていますが、日本で独占的にその商品の卸売りをしているA社から、私のオンラインショップが(1)写真の無断転載をしている事、(2)商品の価格が安すぎること、から違法であり、すぐにショップを閉めるか、もし営業を続けるので有れば、この会社が提示するとおりに内容を変更して欲しいとの連絡がありました。

 確かに、写真の無断転載はしておりましたが、商品の価格は他のオンラインショップの相場程度の価格であり、安すぎるということは無いと思います。A社の言う通りにしなければならないのでしょうか。


(40代:女性)

関連Q&A

写真付カレンダーを写真に撮って一般公開は、法律違反?

著作権 2016年06月17日

僕は、巨人ファンで、毎年巨人のカレンダーを購入しています。選手の写真付です。 このカレンダーを写真に撮って一般公開するのは、法律違反でしょうか? (40代:男性)

海外のサーバーに違法アップロードされると摘発できない?

著作権 2016年06月11日

自分の著作物が海外のサーバーに違法にアップロードされていることがわかりました。警察に相談に行ったところ、海外のサーバーを経由してたら日本の法律じゃ手をだせないと言われました。どうして被害者より加害者の国の法律が優先されるのですか? (...

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する

Legalus編集部

     まず、あなたが(1)写真の無断転載をしている点につきましては、著作権侵害にあたるので、損害賠償(民法709条)や侵害行為の差し止め請求(著作権法第112条1項)などの民事措置や刑事罰(同法第119条)が科されることがあります。なぜならば、写真は著作物にあたるので(同法第2条1項1号参照)、著作権者の承諾なくして私的使用目的以外のコピーをしてはならないからです。

    ですから、あなたは今すぐに、無断転載している写真をオンラインショップのページ上から削除するべきです



     次に、(2)商品の価格が安すぎるとの点につきましては、あなたが原価を大幅に下回るような不当に安い価格で販売しているといった極端な場合を除いては、法律上特に問題は無く、A社の主張に従う必要はありません。

     なぜならば、多くの業者が正当な方法で価格競争をすることこそが一般消費者の利益になるので、国家としては自由競争を促進させることを保護する立場にあるからです。却って、いわゆる輸入総代理店が、商品価格を維持するために輸入代行等の並行輸入を妨害することは、独占禁止法上、不公正な取引方法のうちでも不当な取引妨害(一般指定第15項)、拘束条件付取引(同第13項)の問題として規制されています。

2015年06月20日

著作権に強い弁護士

身の回りの法律トラブルの解決に積極的に取り組んでおります

「相談に行ってよかった」 お客様にそう思ってもらえるよう、お客様のお話を丁寧に聞き、的確なアドバイスが出来るよ...

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する
ページ
トップへ