無断でブログの日記を転載すると著作権法違反?

User image 1 匿名ユーザーさん 2015年06月20日 01時48分

著作者本人の承諾なしに、ブログで書かれた日記をコピーし、ホームページに転載した場合、法律違反になりますか?


(30代:男性)

匿名弁護士

 このような場合、著作権法に違反するおそれがあります。



 まず、ブログでの日記も著作権法で保護されるのでしょうか。

著作権法は、「著作物」を対象として保護しています。そして、「著作物」は(1)「思想又は感情を創作的に」(2)「表現したもので」(3)「文芸、学術、美術又は音楽の範囲に属するもの」(著作権法2条1号)と定義されています。




  1. 「思想又は感情を創作的に」についてですが、これは、人の考えや気持ちについて何らかの個性が表れていることです。

  2. 「表現したもの」とは、頭の中にあるアイデアなど内心の領域にとどまっているものでなく、外部に表示されているものを意味します。

  3. 「文芸、学術、美術又は音楽の範囲に属するもの」とは、このいずれかの範囲に拘泥されず、文化の範囲に属しているものであれば良いとされます。


 今回のケースでは、日記の内容が不明なので断定できませんが、通常日記には考えや気持ちについて個性が表れているでしょう。また、ブログで外部に表示されています。さらに、文化の範囲に属しているものともいえます(10条1項1号参照)。したがって、ブログでの日記は「著作物」として著作権法で保護されます。



 では、コピー及びホームページへの転載は、著作者の権利を侵害するのでしょうか。

著作者は「著作物」について2種類の権利を有しています。

一つは、著作財産権です。これは、著作者の財産的権利を保護するための権利です。例えば、複製権21条:無断でのコピーを禁じる権利)、公衆送信権23条:無断で公衆に送信されない権利)、譲渡権26条の2:無断で公衆に提供されない権利)などがあります。

 もう一つは、著作者人格権です。著作者の著作物に対する思いなどの人格的、精神的な利益を保護するための権利です。公表権18条:承諾無く公表することを禁止できる権利)、氏名表示権19条:氏名を表示するのかしないのか、するとして実名か変名かを決める権利)などがあります。

 今回のケースでは、無断でのコピーにより著作財産権としての「複製権」(21条)を侵害しています。著作者名を表記せずに転載すれば、著作人格権としての「氏名表示権」(19条)も侵害します。

 したがって、著作者本人の承諾なしにブログの日記をコピー・転載する行為は著作権法違反となるでしょう



 なお、違反行為に対しては、刑事上の責任として罰則(5年以下の懲役、500万円以下の罰金)が科されるおそれがあります(119条)。民事上の責任としても、差止請求112条)、損害賠償請求民法709条)、不当利得返還請求民法703704条)を受ける可能性があります。

2015年06月20日 01時48分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

ある画像を批判するために内容を裏返した画像を作成するのは著作権侵害にあたるか?

著作権 2017年08月31日

批判・風刺目的の画像作成における著作権侵害についてお尋ねします。 ある会社が「イラスト・文字で特定の主張を表現した画像」を作成・販売しています。 販売している画像は20枚程度あります。 それらを批判する目的で「主張の内容を裏返しにした...

ゲームソフトの私的利用の為の複製 (私的複製)について

著作権 2016年12月25日

今回、伺いたいのはゲームソフトの私的利用の為の複製についてです。 1.友人から借りたゲームソフトをコピーする。 例)友人から借りたゲームをレトロフリーク(※1)にコピー(インストール)する。 メーカーの使用許諾には、「本製品でプレイす...

写真付カレンダーを写真に撮って一般公開は、法律違反?

著作権 2016年06月17日

僕は、巨人ファンで、毎年巨人のカレンダーを購入しています。選手の写真付です。 このカレンダーを写真に撮って一般公開するのは、法律違反でしょうか? (40代:男性)

海外のサーバーに違法アップロードされると摘発できない?

著作権 2016年06月11日

自分の著作物が海外のサーバーに違法にアップロードされていることがわかりました。警察に相談に行ったところ、海外のサーバーを経由してたら日本の法律じゃ手をだせないと言われました。どうして被害者より加害者の国の法律が優先されるのですか? (...

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する

投稿する

著作権に強い弁護士

【初回相談無料】依頼者様の満足とご納得を最大の価値として全力でサポートいたします。

【電話でのご相談も可能です】些細な悩みでもまずはご相談ください。女性視点でお話を伺います。

【初回相談無料】【夜間・土日祝の相談可】ひとつひとつのご相談にきめ細かく丁寧にご対応します。

【初回相談無料】裁判官出身の弁護士が,ご依頼者様のため,全力で弁護させていただきます。

ページ
トップへ