特撮ヒーローのコスプレをしても許される?

Legalus編集部さん 2015年06月24日

 特撮ヒーローのキャラクターを自作して、それを着て街を歩いたら著作権の侵害になりますか?



(20代:女性)

関連Q&A

写真付カレンダーを写真に撮って一般公開は、法律違反?

著作権 2016年06月17日

僕は、巨人ファンで、毎年巨人のカレンダーを購入しています。選手の写真付です。 このカレンダーを写真に撮って一般公開するのは、法律違反でしょうか? (40代:男性)

海外のサーバーに違法アップロードされると摘発できない?

著作権 2016年06月11日

自分の著作物が海外のサーバーに違法にアップロードされていることがわかりました。警察に相談に行ったところ、海外のサーバーを経由してたら日本の法律じゃ手をだせないと言われました。どうして被害者より加害者の国の法律が優先されるのですか? (...

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する

Legalus編集部

     キャラクターの衣装によっては、著作権の侵害となる場合があります。



     特撮ヒーローのキャラクターは、アニメや漫画の一部として表現されていることから、「著作物」の一部として著作権法上保護されています。

     キャラクターそのものではなく、キャラクターの衣装であっても、それ自体が特徴的で、創作性のある表現といえる場合は、著作権法上の保護の対象とされるでしょう。

     あなたが自作しようとしている特撮ヒーローのキャラクターの衣装がどのような衣装であるのか、ご相談のメールからは明らかではありません。しかし、一般的な洋服とはかけ離れた特異な衣装であり、それ自体が創作性のある表現といえる場合は、その特撮ヒーローのキャラクターの衣装も、著作権法上の保護の対象とされるでしょう。



     そのような衣装を真似して、コスプレをするために衣装を自作する行為は、著作権者のもつ複製権(著作権法21条)または翻案権の侵害(同法27条)となりえます。

     家の中でコスプレを着て楽しむなど、個人で楽しむためだけにコスプレの衣装を自作するのであれば、著作物の「私的使用」なので、自由に複製することができます(同法30条)。

     しかし、家の中にとどまらず、それを着て街を出歩き、多数人の前で自作の衣装を披露する行為は、厳密には私的使用の範囲内とはいえず、複製権や翻案権の侵害となるでしょう。自作の衣装を披露するだけでなく、それを着て特撮ヒーローのキャラクターを演じ、お金を稼いだりすると、上演権(同法22条)の侵害となる可能性もあります。また、自作の衣装を他人に販売したりすることも、私的使用の範囲内とはいえないので許されません。

     そのため、このような行為をする場合は、著作権者の利用許諾を得ることが必要です。

     著作権者の許諾を得ないで著作物を複製したりして、著作権者の権利を侵害した場合、著作権者からの告訴があると、10年以下の懲役もしくは1000万円以下の罰金という罰則が科されることがあります(119条1項、123条2項)。

     また、民事上の責任追及として、著作権者から、コスプレを着ないよう請求されたり(差止請求権、112条1項)、損害賠償を請求されたりする可能性もあります(民法709条)。



     なお、以上は著作権法の問題ですが、自作の衣装をビジネスとして販売するために製作すると、商標法や不正競争防止法違反となることもあるので、注意してください

2015年06月24日

著作権に強い弁護士

身の回りの法律トラブルの解決に積極的に取り組んでおります

依頼者の一番の味方となり、ベストな解決を目指します。まずはお気軽にご相談ください。

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する
ページ
トップへ