ゲーム内のアイテムを3Dプリントで再現して同人グッズを作成することは、「素材の複製・複写・トレース」にあたりますか?

User image 1 lu_332ef86eさん 2018年08月02日 08時04分

3Dプリンターで造形をしております。同人グッズについての質問です。
ネットやイベントでの販売を前提として活動しているのですが、著作権に触れるかどうかが気になっています。

とあるゲーム内に登場したキャクターが身につけているアクセサリーや武器などのアイテムを3Dプリンターで再現しています。
そのゲームは公式に二次創作についてのガイドラインがあり、
------------------------------------
3.禁止事項

・素材を複製・複写・トレース等で利用するような二次創作に当たり得ない行為
------------------------------------
とあります。

この一文は、公式のイラストをそのまま流用してグッズにする等、たびたび色々な作品で問題となっている部分だと思いますが
ゲーム内に登場したアイテムを、3Dプリンターによって立体で作成するのは、この
「素材を複製・複写・トレース等で利用するような二次創作に当たり得ない行為」にあたるのでしょうか?

ゲーム内のアイテムのイラストを眺め、「立体に起こしたらここに段差があるはず」「見えないけど裏側はこうなっているはず」と、自分で補完して
オリジナルの立体データを起こしており、輪郭をなぞるトレース作業などもしていません。
題材は、ドラえもんでいうとタケコプターのようなその作品独特な特徴的なものを選んでいるわけではなく、キャラがつけているシンプルな腕輪だったり、
ネックレスだったり、ゲームのファンでなければ普通のアクセサリーのデザインに見えます。

ですが、そこまで特徴的なデザインではないとはいえ、ゲーム内でのアイテムに似せるよう意識しているのは確かです。
この場合、イラストのアイテムのデザイン権を侵害していることになるのでしょうか?
作品内に出ているすべてのデザインの著作権は作品のものであるというのは理解していますが、
ただの丸い石のネックレスや、飾りのない指輪など、他の漫画やアニメによくありそうなアイテムも、作品中に登場している以上はすべてNGということになるのか、
そこが分かりません。

キャラと同じものを身につけて楽しみたいので、なるべく似せたものを作りたい反面
3Dプリンターを使えば、なまじリアルに再現できてしまうために余計に悩んでいます。

まとめますと、以下の2点です。

(1)イラストから読み取れる情報で立体のオリジナルデータを作成し、3Dプリンターで再現することは
「素材の複製・複写・トレース」にあたるのか。

(2)作品に登場しているデザインはすべて、どんなにシンプルでよくありそうなデザインであっても、
あらゆるアイテムに著作権があるものなのか。

よろしくお願いいたします。

匿名弁護士

(1)3D化することも著作権の複製権・翻案権侵害に当たり得ます。
平面のものを立体化することも著作権侵害に当たる、とした裁判例もあります。
一部補完しているとしても、元の著作物がわかるようなものであれば翻案権侵害になるでしょう。
家庭内で使うなら私的利用として許されますが、販売するとなるとやはり侵害になりそうです。

(2)ありふれたデザインであればそもそも著作物にあたらない場合があります。
特に市販のものなど実用的なもので特に美観に訴えるものでなければ著作物にならない可能性が高いです。
ただ、キャラクターが身につけているものと同じもの、ということになると、それなりにデザインされて特徴がある場合も考えられます。
その場合は著作権侵害に当たり得ます。

なお、元ネタとなったゲーム名やキャラクター名を全面に出して売り出せば、商標権侵害や不正競争防止法違反などになり得ます。
ただしもちろん権利者の許可があれば問題ありません。

2018年08月02日 11時05分
お礼メッセージ

わかりやすく簡潔にお答えいただきありがとうございました!
平面から立体への判例も非常に参考になりました。

どうせ作るのなら原作通りのリアルなものが欲しいと、似せることをメインに考えていましたが
やはりそのままを再現するのは問題があるのですね。
お答えを見て、確かに同人の二次創作グッズにはそのものズバリではなく、なんとなく色や形を似せて「イメージして作った」とぼやかしているものが多い理由もわかった気がしました。
リアルに再現したものはあくまで自分用として楽しみ、もし販売するとしたら完全オリジナルデザインのものを検討していきたいと思います。

個人で3Dプリントを楽しむようになり、ずっと扱いに悩んでいた問題だったのでとてもスッキリしました。
ありがとうございました。

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

名誉感情の侵害(侮辱行為)は相手がハンドルネームであっても成立しますか?

著作権 2020年07月07日

ネット上でハンドルネームの相手を誹謗中傷した場合、相手が特定不可能なケースにおいては刑事の名誉毀損罪、侮辱罪が成立せず、民事においても名誉毀損損害賠償が認められないのは、裁判の判例から明らかだと思われますが、唯一民事での名誉感情侵害(...

教材の著作権侵害

著作権 2020年06月24日

猛省しております。 個人売買アプリにて教育教材(PDF)の紙コピーを売買してしまいました。 20000円での受講料の資料ですが、1名の方に6000円で販売してしまいました。 権利者の会社から連絡があった訳では無いですが、第三者コメント...

SNSにスクショを貼る事とテレビの無断での楽曲使用

著作権 2020年06月04日

2つほど気になることがあるので質問させていただきます。 ①テレビで放送された番組のスクショやYouTubeの動画のスクショをSNSに投稿するのは無断転載にはなりませんか? ②テレビ番組のBGMに許可なしでアーティストさんの曲を使用する...

オマージュ作品に使う楽曲の著作権とは

著作権 2020年06月03日

YouTubeを見ていた時に気になったことがあったので質問させていただきます。 ある人気歌手の曲のオマージュ作品を作って投稿してるクリエイターさんがいたのですが、人気歌手のファンの方から「事務所に許可を取ったのか」「著作権の侵害だ今す...

弁護士Q&Aを検索

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する