全く出会えない出会い系サイト、なんとかならない?

User image 1 Legalus編集部さん 2016年04月29日

 仕事柄、異性と出会う機会がありません。そこで、交際相手を探すため、ある出会い系サイトに会員登録しました。

 サイト経由でメールを相手に送るたびに、ポイント制で料金がかかります。個人情報を送るときはポイントをたくさん消費します。

 しかし、今まで全部、ドタキャンになったり、ポイントがなくなりそうになってくるとそれが相手に知れるのか、話を延ばしてきたりします。直接メルアド、TELを教えるのですが、サイトにしかメールがきません。もし、相手も本当に会いたいのであれば、サイトを抜け出して連絡くるはずだと思います。しかし、何だかんだと理由をつけて、メッセージをくれません。

 サイトは本当に正当に運営されているのでしょうか。気がつけば、すでに20万円くらい使っています。来月クレジット会社から請求がきます。何とかならないでしょうか。

(30代:男性)

関連Q&A

未成年とのやり取りについて

出会い系サイト 2017年03月17日

先日、掲示板で知り合った16歳の女の子と援助交際のやり取りをしてしまいました。しかし興味本位でしたもので、実際に会ったりはしていません。しかし、勢いでメールアドレスの交換や、「いついつどこで何時に会う」など金額含めて細かいやりとりをし...

民事訴訟での証拠説明書:ダウンロードしたSNSの作成者と作成日の扱いについて 

出会い系サイト 2017年03月15日

婚活サイトで知り合った男性を相手に民事訴訟を検討しています(本人訴訟で)。 妻帯者にも拘らず独身として登録し、結婚を前提に交際していましたが、既婚ということが判明したからです。 交際過程で、金銭的な詐欺や傷害事件もありました。 そこで...

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する

Legalus編集部

     出会い系サイトとは、男女がサイト上で個人的な情報を交換し、合意に達すれば現実にデートの機会を得るというシステムです。通常は男性側がサイト使用料を負担し、サイト経営者はそれにより利益を得ています。

     男性からの申し込みに応じる女性の方も本気で相手探しをしているのであれば、サイト利用にとどまる限り問題は起こらないわけです(サイト使用料の架空請求や、デートが成立して以後の、援助交際売春などは、また別の問題です)。

     しかし、サクラが参加していたり、サイト経営者自身が実体のない架空のキャラクターを作出し、会員にポイントを消費させるだけという悪質サイトも存在するようです。

     素人が手軽にサイトを開設できるためのシステムも売買され、キャラクター作成、返信用テンプレート作成などができるようになっているという話もあるようです。


     このような手段は、詐欺刑法246条)にあたる可能性があります。被害者が警察に被害届を出し、捜査が開始されれば、架空のデート話によって不正に使用料を得ていたという犯罪事実が立証できるかもしれません。

     しかし、現実には、捜査が必ず開始される保証はなく、開始されたとしても、法的解決を見るまでには相当の時間がかかるでしょう。

     また、サイト使用料の返還を求めることも、相手方の特定や被害の立証が難しく、現実には困難だと思われます。

2016年04月29日

出会い系サイトに強い弁護士

おひとりで悩まず、まずはお気軽にご相談ください。※面談相談のみお受けいたします。電話やメールのみでの法律相談・...

【初回相談無料】どなたでもお気軽にご相談ください。

お客様一人一人に会った解決方法をご提案します

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する
ページ
トップへ