迷惑メール、どうにかならない?

Legalus編集部さん 2014年01月07日

 出会い系の迷惑メールが沢山送られてきて困っています。アドレス拒否登録をしても(今迄に50回以上)向こうがアドレスを変え送ってきます。自分のアドレスは変えたくありません。迷惑メールを送ることに、法律上罰則などはないのでしょうか?


(不明:不明)

関連Q&A

未成年とのやり取りについて

出会い系サイト 2017年03月17日

先日、掲示板で知り合った16歳の女の子と援助交際のやり取りをしてしまいました。しかし興味本位でしたもので、実際に会ったりはしていません。しかし、勢いでメールアドレスの交換や、「いついつどこで何時に会う」など金額含めて細かいやりとりをし...

民事訴訟での証拠説明書:ダウンロードしたSNSの作成者と作成日の扱いについて 

出会い系サイト 2017年03月15日

婚活サイトで知り合った男性を相手に民事訴訟を検討しています(本人訴訟で)。 妻帯者にも拘らず独身として登録し、結婚を前提に交際していましたが、既婚ということが判明したからです。 交際過程で、金銭的な詐欺や傷害事件もありました。 そこで...

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する

Legalus編集部

     法律で定められた送信制限や表示義務に違反すると、事業者や送信者に刑事罰が科されたり、行政処分の対象になることもあります。


     出会い系サイトに勧誘する広告宣伝メール(いわゆる迷惑メール)を規制する主な法律として、「特定電子メールの送信適正化等に関する法律」があります。

     
    また、そのメールが虚偽・誇大広告をしていたり、ワンクリック詐欺などの悪徳商法をしている場合には、「特定商取引法」も問題になります。


     これらの法律により、広告宣伝メールの送信は、原則としてあらかじめ同意した者にしか送信できないとされています(オプトイン方式)。

     
    広告宣伝メールを送信するときに表示すべき事項なども定められており、この義務に違反すると、事業者や送信者に、刑事罰として懲役刑や罰金刑が科されたり、行政処分の対象になったりすることもあります。

     
    たとえば、送信アドレスなどの送信者情報を偽って広告宣伝メールを送信すると、送信者が1年以下の懲役または100万円以下の罰金に処されるだけでなく、法人も3000万円以下の罰金に処されます(特定電子メール法第34条1号37条1号)。また、行政から送信者に措置命令が下されることもあります(7条)。


     なお、迷惑メールの内容によっては、刑法その他の法律の規制対象にもなります。たとえば、わいせつ画像データを含む電子メールの送信は、刑法第175条わいせつ物頒布罪に問われることがあります。


     このような迷惑メールを受け取った場合の対処方法として、一般的には、アドレスを不必要に公開しないことや、数字や記号を使った複雑で長いメールアドレスを使うことが考えられます。

     
    ただ、ご相談の場合は、すでにアドレス拒否登録をしており、これ以上アドレスの変更をしたくないとのことなので、




    1. 携帯電話の事業者や、プロバイダー等の迷惑メール対策サービスを利用する

    2. 迷惑メール対策センター」に通報する(電話での相談も受け付けています)


     などの方法で対処しましょう。

2014年01月07日

出会い系サイトに強い弁護士

身の回りの法律トラブルの解決に積極的に取り組んでおります

【堺市】南海本線堺駅すぐ

【交通事故案件多数】【複数弁護士対応可】 栃木県北の頼れる弁護士

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する
ページ
トップへ