ハンドルネームで名誉棄損は成立するの?

Legalus編集部さん 2015年01月08日

 携帯ゲームの中のメールを使いある人のことを第三者に話したところ、名指しなので名誉毀損で訴えるって言われているのですが...名指しって言われても本名じゃなくてハンドルネームでのことでした。

 ハンドルネームを使っての名誉棄損は成立するのでしょうか?



(不詳:女性)

関連Q&A

デマを流された

名誉毀損 2016年12月20日

私は10月に友達Aとネットでトラブルがありました。 まず、私の友達Aがネットで男を漁ってるという内容を、その友達Aと塾が一緒だった子に聞きました。また、私自身も、A本人から、ネットで知り合ったとは言わないまでも、話したこともないしネッ...

ツイッター上での悪口は犯罪になりますか?

名誉毀損 2016年01月20日

ツイッターで、悪口を言ってしまいました。悪口の内容としては、ブスだのと言ってしまいました。その方に警察にいくと言われて、訴える、また個人情報もつきとめてやると言われました。相手に悪口をスクショされましたが現在は消しました。また本人には...

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する

Legalus編集部

     ハンドルネームで他人を誹謗中傷した場合に、そのハンドルネームを使用している人が特定できないにもかかわらず名誉棄損の成立を認めた例は、実際の事件ではありません。

     ハンドルネームやその他の情報から個人が特定できる場合には、名誉棄損罪が成立するとした裁判例はあります(東京地判平成9年5月26日、同事件の控訴審である東京高判平成13年9月5日参照)。



     したがって、メールをした相手が、相談者が誰のことを話しているのか判別できる場合(つまり、ネット上でハンドルネームAを名乗っている人が、実はBさんであると特定できた場合)には名誉棄損が成立する可能性がありますが、全く個人が特定できない場合には名誉棄損は成立しません。



     なお、今回の相談は不特定多数の者が閲覧することができる掲示板(電子会議室)でのことではなく、比較的に閲覧するものが限られる携帯ゲームのメール機能を使用してのことですが、判例では摘示の直接の相手方が特定の少人数であっても、そのものを通じて不特定多数人へと伝播する場合、公然といえるとして名誉棄損の成立が認められています。

2015年01月08日

名誉毀損に強い弁護士

「相談に行ってよかった」 お客様にそう思ってもらえるよう、お客様のお話を丁寧に聞き、的確なアドバイスが出来るよ...

法律問題のご相談をお受けします。まずはご連絡下さい。

丁寧な説明を心がけています。

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する
ページ
トップへ