ブログに中傷記事を書くとどのような罪になる?

User image 1 匿名ユーザーさん 2014年01月07日 04時08分

子供が友達のブログにあることないことをかかれ、中傷記事をかかれました。

アップされて何日かたって、たまたま見つけたので消去を依頼したら、消去してくれましたが、本人はひどく傷つきしばらく学校にも行けなくなりました。

この場合はどのような罪になりますか?



(40代:女性)

匿名弁護士

     ブログによる中傷記事は、(1)名誉毀損罪刑法230条1項)、(2)侮辱罪刑法231条)に該当し得ます。



    (1)名誉毀損罪は、「公然と」「事実を摘示し」て「人の名誉を毀損した」場合に成立します。

     「公然と」とは、不特定又は多数の人が直接に認識できる状態をいいます。

     「事実を摘示して」とは人の社会的評価を害するような事実を示した場合をいい、ここにいう事実には真実、嘘、公知、非公知の事実すべてを含みます。例えば「愛人がいる」「賄賂をもらった」などの事実を示した場合です。
     「人の名誉を毀損した」とは人の社会的評価を害するおそれのある状態を生じさせたことをいいます。



     (2)次に侮辱罪ですが、「公然と」「人を侮辱し」て人の社会的評価を害するおそれのある状態を生じさせる点は名誉毀損罪と同じです。違いは「事実を摘示しな」いことです。例えば「あいつはアホだ」「臆病だ」などの評価で社会的評価を害する場合をいいます。



     今回のブログでの中傷は、不特定多数の人が容易にブログを閲覧できるので「公然と」といえます。記事の内容が分からないので断定はできませんが、しばらくお子さんが学校にも行けないほど傷つく中傷記事が書き込まれているので、「事実を摘示」あるいは「摘示しな」いでお子さんの社会的評価を害した可能性が高いといえるでしょう。



     したがって、(1)名誉毀損罪、(2)侮辱罪の両方又はどちらかが成立するでしょう。

     なお、中傷した者を処罰したい場合には、犯人を知った日から6ヶ月以内に告訴する必要があります(刑事訴訟法235条)。(1)(2)の罪ともに親告罪刑法232条1項)で、告訴がなければ起訴できず処罰できないからです。

2014年01月07日 04時08分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

ネット上の書き込みで名誉棄損で訴えると言われました。。

名誉毀損 2017年07月14日

ネット上の書き込みで、誹謗中傷と感じたので 「名誉毀損」で訴える構えがあるといわれました。 言葉に棘を感じた、喧嘩を売ってるように受け取れた、と言われてるのと 私が書いた日記(相手に向けて書いたのでもなければ、相手の名前すら文面には出...

twitterで個人情報を流されてしまいました

名誉毀損 2017年02月13日

平成28年の11月〜12月にかけて仲が悪くなった友人にフルネーム、生年月日と共に性的嗜好をtwitter上で晒されているのを発見しました。 しかもこの事を他の人にも話すといった事も書いてありました。 秘密にしていた内容なので他の人に知...

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する

投稿する

名誉毀損に強い弁護士

当事務所は、『身近な弁護士』をモットーに、ご依頼者様の目線で親切・丁寧・迅速な対応を行い、リーズナブルなご費用...

身の回りの法律トラブルの解決に積極的に取り組んでおります

お客様一人一人にあった解決方法をご提案します

【電話でのご相談も可能です】些細な悩みでもまずはご相談ください。女性視点でお話を伺います。

ページ
トップへ